【テーマ:夏の思い出】大学3年の夏といえば…? | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2017年 10月 15日 【テーマ:夏の思い出】大学3年の夏といえば…?

こんにちは!担任助手の渡辺です!

 

夏休みに教習所に通って、ついに明日免許が取れそうです!頑張ります!

夏は教習所に通ったのも思い出のひとつですが、

特にお伝えしたい私の「夏の思い出」はインターンシップに参加したことです!

 

私はこの夏に、3つの企業のインターンシップに参加しましたが、

その中でも特に印象的だった某ショッピングモールのインターンシップについて紹介しますね。

 

その前に、そもそも「インターンシップって何…?」と思っている人、いますよね。

インターンシップは日本語だと就業体験。

つまり、自分の興味のある仕事がどのようなものか

実際に体験したり、企業の方にお話を聴いたりする機会です!

中学生のときに地域のスーパーやペットショップなどに職業体験に行った人いませんか?

その大学生バージョンだと思ってもらえれば、わかりやすいはず!笑

大学3年の夏から行く人が多いです!

 

インターンシップと聞いて、色々な印象を受ける人がいるかと思いますが、

私はけっこう「楽しそう!行ってみたい!」と思うタイプでした。

というのも、インターンシップでやることって自分の興味のあることなので、

とてもワクワクするんですよね!

 

では、どんなことをやったか紹介していきます!

企業によってインターンシップの期間はそれぞれですが、私が参加したものは3日間でした。

 

~1日目:知る~

□空間づくりを知るフィールドワーク

@某ショッピングモール(きっとみんなも行ったことあります)

□現場で働く企業の方との座談会

 

グループに分かれて、モールを歩き回ったあと、

「良い点、悪い点、改善点」についてアイディアを出し合い、

他グループ、企業の方に向けて簡単に発表しました。

「よく行くショッピングモールでは、実はそんな風に考えられていたんだ!」

という発見がたくさんありました!

 

~2・3日目:体験する~

□開発体感ワーク

□プレゼンテーション

 

新しいショッピングモールの開発計画をグループごとに考えました!

正直、2日目が1番きつかったです…(笑)

なぜなら、開発計画とひとことで言っても、考える要素は盛りだくさん!

立地の選定と調査に始まり、モールのコンセプト、形状、

店舗の配置、フロア計画、模型の作成などなど。

 

これらを1日前に会ったばかりのグループのメンバーと意見を出し合い、

1つの方向にまとめていくという作業はなかなか大変…。笑

でも、アイディアがまとまると、モールが完成したときの達成感(実際には完成しませんが…笑)や

アイディアが形になるワクワク感を味わうことができて楽しかったです!

 

インターンシップを通して、たくさんの社会人に会ったり、

同じようにこれから就活を迎える他大学の人に会ったりして、

たくさんの刺激を受けました。

そして何よりも、インターンシップは自分自身の強みや弱みを見つめ直し、

多くの気づきを得る場となりました!

 

大学3年になり、就活が近づいてきて感じるのは

「もっと早くから自分と自分の将来を現実的に考えることが必要だった」ということ。

自分の将来を考えるのに早すぎることなんてないし、

早くから真剣に考えておけば、考えた分だけ、

自分のやりたいことが深く、明確になります。

これから大学受験を迎えるみんなには、ぜひたくさん将来のことを考えてほしいですね!

一緒に頑張りましょう!

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼△▽▲

さーて、明日のブロガーは…??!

柏校一のお祭り男

私立文系だけど数学もできる

好きなことは漫画を読むこと

3特徴です!

分かったかな?ふふふ!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼△▽▲