【一年間の大学生活を振り返って】大室春喜編 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 2月 23日 【一年間の大学生活を振り返って】大室春喜編

こんにちは!昨日は久しぶりに雪が降りましたね。

ほんとに寒い日は嫌ですね。

もうすでに春が待ち遠しいです…。

 

さて、今日は

1年間大学生活を振り返って

というテーマなんですが、いろいろありすぎて何を書けばいいのかぶっちゃけよくわかりません(笑)。

 

「大学生活」と言っているので、大学の授業について少し話しましょうかね。

 

大学2年生として過ごしたこの一年間は、

とにかく新鮮でした。

 

「え?大学2年目なんでしょ?今更“新鮮”って、お前一年間何してたの?」と思う方もいるかもしれませんが、まあ落ち着いて話を聞いて下さい。

 

僕が通う大学は少し特殊で、1年時は“学部”というものに所属せず、数学、物理学、化学、生命科学などの理工系教養科目や語学、社会学、人文科学などの一般教養科目を幅広く学ぶ、という形をとっています。

それもほぼ全てが必修科目なので、いまいち自分が思っていたほど、いわゆる“大学生らしい”勉強はできていませんでした。

 

しかし、2年生になって建築学系に所属すると、途端に授業が建築系の専門科目ばかりになりました。

一年生の時には建築的な勉強は一切していなかった自分にとって、大学の授業そのものが新鮮なものになりました。

 

また、建築学系では学科内のつながりが強く、同期はもちろんのこと、先輩方との交流も増えました。

実際に先輩の作品の模型作成のお手伝いをやったりもしました。

 

 

他にも、大学二年になって新鮮に感じたことはたくさんありましたが、この辺で割愛します。

 

皆さんがこれから進む大学はどのような制度を取っているかはわかりませんが、毎年毎年新しいことにチャレンジして新鮮な気持ちで日々を過ごすことが出来たらいいですね!!

 

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

さーて、明日のブロガーは…?

 

かっこいい方の理科大生担任助手

です!

 

分かったかな?ふっふっふっ!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼