【2017合格体験記】 部活と受験勉強を両立させて千葉大学に合格! | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2017年 3月 28日 【2017合格体験記】 部活と受験勉強を両立させて千葉大学に合格!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は3年生の4月まで東葛飾高校吹奏楽部の部長として活動していました。全体での活動時間以外にも毎日朝練に行ったり、本番が近くなると昼休みも部活後も遅くまで残って練習するような2年間でした。その結果、2年生の春まではテスト前を除くと学校の授業以外での学習時間はほぼゼロという状態。授業にはついていけたものの、さすがに大学受験に不安を感じ始め東進に入ることにしました。東進に入って一番良かったと思うことは、引退まで常に部活を最優先にしながらも勉強習慣を身につけていけたことです。自宅が学校や塾から遠いので、自分なりの時間の使い方を考え習慣化していきました。通学時間の中でも、歩いているときはリスニング、乗り換えを待つときは英単語、電車に乗っているときは日本史の一問一答などというように、やることを分けて効率よく時間を使うようにしていきました。また、自宅に帰ると気持ちが緩んでしまうため、できるだけ校舎に来るようにしていました。私は声に出しながら勉強するタイプだったので、授業の合間には音読室をよく利用しました。3年生に入ってから受験勉強で特に意識したことは、自分の取り組む分量を決めてそれを何度も繰り返すということです。主要な科目は東進のテキストを使って何度も復習しました。一回で完璧にするというよりは、同じことを繰り返す度により深くしみ込ませていくような意識で取り組んでいきました。英語の基礎に不安のあった時期は、印刷された高速基礎マスターの問題を毎日解いて完璧に覚えられるようにしました。センターの点数を底上げしたい時期にはかなり有効だったと思います。私は目指していた小学校教員養成課程に進学できることになったので、四年間で多くのことを学びたくさんの経験を積んで、五年後には教員としての新しいスタートを切れるよう頑張っていきたいと思います。

映像授業を最大限活用して志望校合格!キミも先輩に続け!