模試に向けた勉強法【宇佐美友幸子編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 6月 2日 模試に向けた勉強法【宇佐美友幸子編】

こんにちは!宇佐美です!

今日は、タイトルにもあるように模試に向けた勉強方法についてお話しします。

一例にすぎないので、こうゆうふうにやっていた人もいるんだなぁ、程度に考えてくれたらいいと思います。

 

【模試の勉強法】

・数学

 数学で最も重要なのは、”時間配分”です。
 
 60分全てを使う計算だと、大門の配点×0.6(分)をすれば、だいたいの時間配分がわかります。
 
 数学が得意な人は、大門の配点×0.5(分)をすれば、10分余る時間配分がわかります。
 余った10分で、後回しにした設問を考えなおすことができます。
 この時間配分で解き終えられるようになると、高得点に近づくと思います。

 私は、模試2週間前くらいから、大門ごとに時間をはかって解く練習をしていました。
 

・英語
 
 英語で重要なのは、”読むスピード”と”選択肢から正答を選ぶ力”です。
 
 まず読むスピードは、普段の英語の勉強で行う音読で上げることができます。
 リスニングの音声で読まれる音声の速度を目標に音読してみてください。
 ただ音読するだけではなく、読みながら頭の中で内容が理解できるようになることが大切です。

 次に、選択肢から正答を選ぶには、本文にはっきりした解答の根拠を見つけることが必要です。
 下線を引くなどすると、解いている時にも選択肢で迷うことが減るし、復習する時に「どうして自分がこの選択肢を選んだのか 」がはっきりわかります。

 

 

いろいろな人の勉強方法を聞いて、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です!
模試まで残り2週間程度ですが、みなさん頑張ってください!!

 

 

<各種ご案内>