理工学部生の本気!【宏晃編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 2月 11日 理工学部生の本気!【宏晃編】

こんにちは

理工学部ってめっちゃ幅が広いから今回は宏晃が通っている機械工学について簡単に紹介しようと思います。

機械工学って何かっていうと、簡単にいうと機械をいかにして安全に効率よく動かすのかを学ぶ学問です。

大学1、2年で学ぶのは主に4力学って言って、機械力学、材料力学、流体力学、熱力学です。

一つずつ説明していくと

 

機械力学は機械の振動について学ぶ学問なんだけど 例えば洗濯機とか揺れてるよね。

機械には固有に危険速度というパラメータがあって振動がその角速度になると揺れが大きくなっちゃって危ない。

だからあらかじめその角速度にならないように設計しようって感じで機械力学は応用されてるんだね。

 

次に、材料力学。何か作るときは絶対に金属などの材料が必要だよね。

そういった材料には固有に強度などを表すパラメータにヤング率やポアソン比などがあって、どういう負荷をかけたらどれだけ変形するのかとかが計算で求まるんだ。

 

次に、流体力学。実は飛行機が飛ぶ原理は流体力学に由来するんだ。

流体力学では、空気や水などの流体が物体にどのように力を与えているのか、流体がどんな風に振る舞うのかを扱う学問だ。

 

最後に、熱力学。これは高校物理にも出てくるよね。

主な応用例は、エンジンやエアコン、ヒーター。

熱がどのようにして仕事に変換されるのかなど勉強します。

 

以上がめっちゃ簡単に説明した4力学です。

他にもたくさんの違う種類の勉強もしています。

今はまだ座学がメインだけどこれから待っている研究が楽しみです。

 

機械力学について興味を持った人がいればぜひ聞きに来てください!

 

2月18日18:00〜

に奥山と宏晃がみんなに向けて発表するんだけど、奥山の発表内容は前のブログから確認できるから見てくれ!

で宏晃の発表内容はというと

「目指せ!パイロットへの道・どうなる?これからの航空業界

っていうテーマで主に憧れの職業、パイロットのなり方について話していこうかと思ってます。

機械工学についてじゃねーのかよって突っ込まれてるのを感じています

もし機械工について知りたいって人がいたら発表の後に話すよ!

という事で

将来パイロットになりたいって考えてる人やそっち方面に興味がある人は参加して見てね!

 

プロフェッショナル 特別編 出てこい!未来のリーダー達

【奥山、宏晃編】

18日(日)18:00からです!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

≪イベントのご案内≫