頑張れ受験生!応援メッセージ(高橋諒成編) | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2017年 12月 29日 頑張れ受験生!応援メッセージ(高橋諒成編)

こんにちは!高橋です。2017年もあとわずかですね。

 

そういえば

 

先日、都内で外国人に電車の乗り換えを尋ねられたんですけど、とっさに英語が出てこなくて説明するのに時間がかかってしまいました。

 

入試の会話問題ではおなじみの場面なんですけど、不意打ちで来られるとちょっとビビりますよね(汗)

 

正直、英語で質問されてスマートにさらっと答えられなかったのは悔しかったです。

 

やっぱり、普段から英語環境に自分から積極的にかかわらなければ力はおちてしまいますね。

こういう悔しい体験をしたので英語へのモチベーションがさらに高まりました。

 

英語は言葉です。言葉は触れれば触れるほど上達するものなんです。皆さんもたくさんの英語に触れましょう!

 

 

 

 

では、そろそろ本題へ

 

 

「頑張れ受験生!応援メッセージ」

 

ということで、書かせていただきます。

 

本番直前期ってみなさん、どういう気持ちですか?

 

僕はとても不安で気持ち的にしんどかったです。

 

1年浪人してたのもあって、「ここの大学落ちたらどうしよう」とか「2浪したらどうしよう」とか考えてめちゃめちゃ追い込まれていました。

 

けれども、受験生はこの不安とうまく付き合いながら勉強していかなければなりません。

 

じゃあどうすればいいの?

 

 

僕がこの時期に不安を抱えながらも最後までやり抜いてこられたのは、

 

 

感謝

 

の気持ちを最も強く持っていたからです。

 

予備校に通わせてくれている

時には共に悩み、共に喜び、支えてくれた担任、担任助手の方々

高校卒業後もたまに食事に誘って、力強く応援してくれる友達

 

 

そうやって支えてくれた人々に対して報いたいと思いました。

 

第一志望合格の報告をすることが一番の恩返しだと思いました。

 

模試で、大失敗をしたことがある僕にとっては最後まで自信を持って受験に挑むことはなかなかできませんでした。

 

だからこそ

 

感謝という気持ちを不安な気持ち以上に持つことで、残りの期間もがむしゃらに頑張ることができたし第一志望にも合格できたのだと思います。

不安な気持ちも押し殺す必要はないんです。

 

 

ひとが絶大な力を発揮できる瞬間

 

それはひとのために何かをしたいと思うこと

 

余裕が無くなってしまっている人、どうしようもなく不安な人

 

誰でもいいので「第一志望合格を報告したいなと思える人」の存在を考えてみてください。

 

きっと、自分の心を鼓舞することにもつながるのではないでしょうか。

 

残りの期間、絶対に諦めないでください。

 

本当に最後の最後までなにがあるかわかりません。

 

不撓不屈感謝の精神

 

を持って、なにがなんでも合格を勝ち取ってやりましょう!!!

 

 

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて明日のブロガーは…??

 

ブルガリアの首都っぽい大学

名前が○○○草という花っぽい

メガネっぽい

 

の3特徴です!

分かったかな?ふふふ!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

≪各種お申し込みはこちらから!≫