1年間大学生活を振り返って(宮林編) | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 2月 27日 1年間大学生活を振り返って(宮林編)

こんにちは!!
熱い男宮林です。
祐子さんには野球部だと思われてたいたようですが、半分当たりです。
実は中学校まで僕は野球少年でした。
中学時代は髪型も3年間ずっと坊主でした。
髪型をよく変えるのはその時の反動でしょう笑

さて、今回のテーマは「一年間の大学生活を振り返って」です。というわけで真面目に書いていきます。
こんなこと言ったら「えっ?お前今までの記事はテキトーに書いてたのかよ」ってツッコミをされちゃうかもしれないな笑
普段は真面目98%ふざけ2%くらいのつもりです笑
今回は真面目100%でいきます!!
まず、この1年を100点満点で表すなら65点くらいです。

決して悪くは無いのだけどどこか中途半端な一年間でした。

反省点を挙げるとまずは勉強。年間を通してモチベーションが不安定でした。

特に僕は語学で苦労しました。僕は第二外国語で中国語を選択しているのですが、中国語はとても難しいです。

英語よりも難しいです。特に発音が!!きっと、英語で苦労している人にとって第二外国語はもっと厳しいものになると思います。

第二外国語はほとんどの学部で必修科目になっています。

新大学生の皆さん。受験を乗り越えたのだから今度はこの新しい壁を乗り越えてやりましょう!!目指せトリリンガル!!
うーん。良かった点を挙げるならば、人脈が広がったことかな。
授業やサークル、ボランティア活動を通じてたくさんの友達ができました。
早稲田の学生は個性的で自分の考えをしっかりと持てている人が多い印象です。

今の環境はなにかに打ち込むのにはうってつけですね。

高校時代に一生懸命勉強して本当に良かったなと思います。

さて、僕が後輩たちに声を大にして言いたいことは大学は高校よりも放任主義だということ。
勉強するもしないも学生の自由。教授もあまりガミガミ言ってきません。

サークルやボランティア活動も別に強制ではないです。とにかく自由度が高い。

そんな環境だからこそ、自分のやりたいことを見つけることが大事です。

あっ、もちろん、学生の本分は勉強であることを忘れずにね!!

バイトやサークルだけに打ち込むのは本末転倒ですよ。そこは履き違えて欲しくないですね。
長くなりましたが、僕はこの1年間でなりたい姿が見えてきました。

それは「インテリマッチョ」です。

なぜ「インテリマッチョ」になりたいかというと、それは今の僕の対極に位置する姿だからです。

勉強面では英語を中心に社会でも通用する教養を身につけ、身体はタンクトップの似合うような引き締まった状態を目指して鍛えようと思います。

教養がなく、だらしない身体をしている人より「インテリマッチョ」の方がかっこいいですよね。

自分に自信が持てるような生き方をしたいです。
 勉強と筋トレは似てます。正しい理論で努力を重ねれば、成果はやがて現れます。

僕はやがて「インテリマッチョ」ブームが来ると時代を先読みして最近努力を始めました。

生徒の皆さんも一緒にがんばりましょう!!

目標を定めると何事もモチベーションが向上すると思います。新しい目標を見つけたい生徒はぜひ僕に話しかけてくださいね!!

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて明日のブロガーは…??

内海さんと肩を並べるかっこよさ

クール

デカい

分かったかな?ふっふっふっ!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

≪イベントのご案内≫