ベストを尽くすって… | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2013年 9月 3日 ベストを尽くすって…

こんにちは!東進ハイスクール柏校の永野です!!

 

いよいよ、夏休みも終わって、学校が始まりましたね!(*´∀`)

ちゃんと宿題は終わらせましたか?笑

 

私はいつも最後まで宿題をためといて、一気にやってたから大変だったな…( ̄▽ ̄)

 

そんなことは、さておき…

こないだテレビを見ていたら、懐かしのオリンピック感動シーン的なものが放送されていました。

川合俊一と水泳で金メダルを取った岩崎恭子、オグシオで有名な潮田玲子と3人が、オリンピックの時を振り返ったり、印象に残ったシーンを語るような感じの番組です。

ていうか、川合俊一もアスリートだったんですよね!笑

バラエティーばっか出てるから忘れてました(´∀`)

 

で、

潮田玲子さんの記憶に残っているぐっときたシーンの時に、マラソンの有森祐子さんのゴールシーンが出てきたんです。

有森さんは、1992年のバルセロナオリンピックで銀メダル、1996年のアトランタオリンピックで銅メダルをとったすごい人です。

といっても、私はこの番組を見て初めて知りました!

 

アトランタオリンピックの時…

前回のオリンピックで銀をとった有森さんは、日本中からメダルを取るだろうと期待されていただろうし、その期待に応えなくては…、メダルを取らなきゃ…など、いろんなプレッシャーがあったと思います。

しかし、そんな中、最後まで粘りのある走りを見せて、みごと、銅メダルを取りました!!

 

そして、ゴールしたあと、インタビューで有森さんは…

「メダルの色は、銅かもしれませんけれども、終わってから、なんでもっと頑張れなかったのかと思うレースはしたくなかったし、今回はそう思っていないし、初めて自分で自分をほめたいと思います。」

と答えたんです!!

 

このシーンについて潮田さんは、「小さい頃に見ていた時は、ただ嬉しいんだろうなというような単純なことしかかんがえられなかったけど、自分がオリンピック選手になってみて、その大変さを知ったからこそ、本当に最後まで努力したからあの言葉が出たんだと、今になってわかった!と言っていました。(※ 正確には覚えてはいないのですがだいたいこんなニュアンスでした)

 

これを見ていて、私も心がジーンってなりました!

最後の最後までベストを尽くしてやりきったからこそ、こんな満足した、深いコメントができるんですね!!

なかなか、悔いを残さずにやり切ることって難しいです!ていうか、ほとんどできないですよね!辛いと、つい、手を抜いてしまいがちです。でも、有森さんは全力を出し切りました!!その精神力は、本当にすごいものですよね!

 

そんな、有森さんに負けないくらい、私たちも、自分がやらなければならないことに全力を尽くして後悔しないようにしていかなくては行けませんね!(^-^)/

 

自分で自分を褒められる人間になれるように頑張っていきましょう!!