今日は何の日?冷戦終了の日! | 東進ハイスクール柏校|千葉県

校舎からのお知らせ

2012年 12月 3日 今日は何の日?冷戦終了の日!

米ソの冷戦は1945年のヤルタ会談からその対立が始まり、1989年のマルタ会談をもって終結しました。

この1989年12月2日、地中海上のマルタ島においてアメリカ大統領ジョージ=ブッシュ(父)と、ソヴィエト連邦最高指導者ミハイル=ゴルバチョフのあいだで会談が行われました。翌12月3日に両首脳が「冷戦の終結」を宣言し44年の冷戦にピリオドをうったのです。

そこにはソビエト連邦の最高指導者ミハエル=ゴルバチョフの存在が。ゴルバチョフは新しい世界へパンドラの箱を開けました。 1986年、ゴルバチョフは「ペレストロイカ」をかかげました。ロシア語でペレは「再び」、ストロイカは「建設」を意味します。しかし直後、チェルノブイリの原発事故が。 ゴルバチョフはこの人類史上にのこる悲惨で愚かしい事故をきっかけに秘密主義をあらため、報道・言論・集会の自由化をすすめる、いわゆる「グラスノスチ」をかかげました。 グラスノスチは「情報公開」と訳したらいいでしょう。さらにゴルバチョフは冷戦体制を終わらせる意志を明確にするため、アフガニスタンからも手を引くのでした。1988年5月15日、ソ連はアフガニスタンから撤退完了を宣言します。

この時点ですでにフィクションと化してしまった冷戦体制ではありましたが、1989年、ついに名実ともに終焉することになりました。1989年3月26日、ゴルバチョフは複数候補者制選挙を実施しました。これは共産党の「一党独裁」に弔鐘を告げた、ソ連史上初の自由選挙です。
そしてこの年、東ヨーロッパにおける共産党政権はドミノのように崩壊していきました。

集え、次の時代を切り開くリーダーたち!東進から出でよ!本物との出会いは君の人生を変える!?感動と驚愕の冬期特別招待講習はこちらから⇒http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/