共通テストを終えて【吉野将司編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2021年 1月 22日 共通テストを終えて【吉野将司編】

お久しぶりです吉野将司です!!

 

 

最近めちゃくちゃ寒いですね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

僕はというと、最近「靴下カイロ」にハマってしまいました。

足先ってすごく冷えやすいのに、手とかと比べて外で温めるのけっこう難しいんですよね。

だからこれ、超便利なんです。かゆいとこに手が届くような感覚。

 

ちなみに最近は風呂上がりにモコモコの靴下を履くようにしています。これはどうでもいい情報ですね。

 

 

首や手足の指先など、冷えやすいところを重点的に温めると効率よく防寒できますよ!

 

本格的に受験が始まりましたが、この寒さはまだまだ続きます。

体調管理には本当に気を付けてくださいね。

 

 

 

今回のテーマは『共通テストを終えて』です。

 

まずは受験生の皆さん、共通テスト本当にお疲れ様でした!!

これが受験本番の雰囲気・緊張です。やっぱり模試のそれとは全然違ったんじゃないかな。

この経験ができたことはとても大きいです。

 

そのうえで、自己採点の結果が満足のいくものだった人もいれば、はたまた芳しくなかった人もいると思います。

そのどちらにも声を大にして言いたいことがあります。

「過ぎたことを振り返らない!先のことだけ考えろ!!」

 

酷なことを言いますが、二次私大の試験は刻一刻と迫ってきています。

あなたが油断したり落ち込んだりしているその時間もライバルはめきめき力をつけています。

 

得点を踏まえて現状の分析(共通テスト利用入試の判定、国立一次の傾斜配点など)の確認を済ませたら、

潔く次の試験の勉強へとシフトチェンジしましょう!

 

 

 

ここで僕の昔話を少し。

僕は一日目の文系科目は結構うまくいって合計9割くらいの点数が取れたのですが、二日目の理系科目で大コケしてしまいました。

一橋の傾斜配点的に100点近く取らなければいけない理科基礎で緊張からもったいないミスを連発し、

数ⅠAでは問題の傾向が変わったことに動揺し途中の計算ミスに気付かず焦ってしまい時間内に全く解き切ることができず、

それを引きずってしまった結果数ⅡBもズタボロになってしまい、

結果数学はどちらも50点台という不甲斐ない結果に終わってしまいました。

2日目の科目は直前の冬休みにめちゃくちゃ頑張って演習していたこともあって、悔しくて悔しくて泣きながら自己採点をしたことを覚えています。

そこで僕は、「早稲田にはどうしても行きたい」という強い思いを持つようになり、

次の日から死に物狂いで過去問を解きまくりました。

その結果、今に至ります。

 

 

 

つまり、ここからの一日一日は本当に貴重なのです。これからの頑張りが結果に大きく影響してきます。

最後の最後まで、応援しています!!

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽▲▽

明日のブロガーは…

 

受験期ずっと一緒に勉強してた

GMも一緒だった

 

あの人!!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼