出願校について【鈴木雷人編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 10月 15日 出願校について【鈴木雷人編】

みなさんこんにちは!担任助手の鈴木です!

寒くなってきたということでそのことについてふれる人が多いですね!(ぜひ過去のブログ見てみてね!)

前回の敬太郎くんが健康について書いてくれていたので、ぜひそのことについて皆さんに紹介をしたいのですが

その健康方法はずばり!

冬も家では半袖で過ごす!

季節感のない人のイラスト(男性)

これなんで健康かというと、猪又さんがブログで紹介をしていたようにコタツで冷たいアイスを食べるのっておいしいですよね。

自分の健康法は逆に寒いなか半袖っていうのがいいんですよね!

これって「暑い時に熱いものがいいんですよ」理論の逆の「寒い時に冷たいものがいいんですよ理論」ですよね。

自分でも何を言っているかわからなくなってきたので皆さん自分が過ごしやすい格好で過ごしてくださいね。

早速ですが今回のテーマについてです!

今回のテーマなんですが

「出願校について」

です!!

皆さんも今出願校を決めていたりする最中だと思いますが、自分の受験生時代の出願校の選び方が少しでも参考になればと思います。

まずみなさんの志望と合うかわからないのですが、自分は私立の理系志望でその中でも薬学部の薬学科志望でした。

私立を受験する人は感じているかもしれませんが、私立の受験は大体の日程が密集しています。

さらに自分の場合は滑り止めを受験したとしても、その大学の合否が発表されるのは第一志望の受験が終わった後という感じでした。

 

なので自分が出願校について特に後悔をしていて皆さんに伝えたいことは

「自分で安心できる大学を一つ出願する。」

ということです。自分は薬学部に行くならこの大学以上という一定のラインを決めていましたがそれは

大学を全然知らずに決めたラインでした。

なので模試でA判定を出していた大学は出願をしませんでしたが、いざ受験が連日続くと、もしかして自分は今のところどこにも受かってはいないのではないかと不安を感じたりもします。

貴重な受験前の時間をそのことに対する後悔をする時間で使ってしまったのは今思うととてももったいなかったのでHRなどでも話はされていますが

自分の挑戦校、安全校などしっかりとカテゴライズをして出願をしていきましょう。

当たり前だよと思うかもしれませんが、自分が大学でやりたいことや大学に求めることしっかりと分析をして出願していきましょう。

もちろん大学受験は出願だけでもたくさんの労力とお金がかかるのでご両親と相談をしながら、自分の精神的にも受験をしやすい計画を立てていけたらいいと思います!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽▲▽

明日のブロガーは

 

「〇んまみーつけた」

 

「見つかっちゃった(裏声)」

(怒られそう・・・)

のあのひとです!

明日も見てね!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼