卒業生へのメッセージ【上森透哉編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2021年 3月 29日 卒業生へのメッセージ【上森透哉編】

おはようございます!

担任助手の上森透哉です。

まずはお祝いの言葉を述べさせて頂きたと思います。

ご卒業される皆さん、おめでとうございます!!!!

皆さんは高校をついに卒業することができた今どんな気持ちですか?

そうですよね、嬉しいですよね。わかります。

私も去年そういう気持ちでした。

その気持ち、実は我々担任助手も同じです。

1年間、いや3年間勉強を今まで頑張ってきた皆さんの姿を間近で見れて卒業を近くで祝えて今シーズンで一番ぐらいに私は嬉しいです。

これから皆さんは大学に進学したりもう一年勉強したり各自がそれぞれの道に進んで行くことになると思います。

きっとその道は易しい人もいれば険しい道を辿っていく人もいると思います。

私たちの代は想像だにしないような生活が待っていました。

自分の経験を踏まえて今年一年の大学生活を振り返ってみると、正直な気持ちをいえばとても辛かったです。

大学の講義を生で教室で受けれると思っていたにもかかわらずそれは叶わずほぼ1年間PCの画面とずーっとにらめっこの状態が続いていました。

大学生活に待っているのは楽しいことだらけだと思っているかもしれませんが予想もしないことは起こり得る時代になってきています。

でも、しかし、だとしても、

一つ確実に言えることがあります。

「人生なるようになる。」

これです。(自分でもびっくりするくらい逆説の接続詞が出てしまいました。)

この言葉で伝えたいことは2つです。

①自分の影響を及ぼす事ができる範囲は思っているほど広くはない

②あまり背負いこむことはない

ということです。

前者はその言葉通りです。

コロナウイルスを経て実感した人も多いとは思いますが、そんなに私たちにパワーはありません。

これは環境等についてはもちろんのこと、人間関係等についても同じようなことが言えます。

私もそうでしたが、結構ここについては勘違いをしてしまう人が多いように感じます。それが自分にかかるストレスを増やしてしまいかねない。

だからこそ、リラックスしてある程度の諦観の念をもつことが大切です。

そうすることができれば心に余裕ができて生活が楽しくなると思います。

そうしていけばおのずと自分が背負い込みすぎることはなくなっていくはずです。

 

思い通りにいかないことがこれからは自分にかかる責任の増加に伴って増えていくとおもいますが、このことを押さえておけば人生

「なるようになる」はずです。

 

いろいろなことはあるとは思いますが、しっかり自分を持って振り回されることなく勉強する人は勉強を大学に進学する人は大学生活を思いっきり楽しみましょう!

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

明日のブロガーは

 

 

尊敬している同じ高校の先輩です。

めちゃイケメン…?

わかるかな?

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼