卒業生へのメッセージ【大室春喜編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2021年 3月 7日 卒業生へのメッセージ【大室春喜編】

 

こんにちは。大室です。

昨日の和田さんのメッセージはすごく心にひびきましたね。

彼のバイタリティとか熱い想いがひしひしと伝わってきました。

それに対して僕のメッセージがどこまで伝わるかわかりませんが、読んでくれるとありがたいです。

 


 

大学の先生から聞いて心に残っているお話をします。

「あなたの時間の使い方は、消費になっていますか?投資になっていますか?」

どういう意味でしょうか。

 

まず、①消費 と ②投資 の違いについて簡単に説明します。

①「消費」をネットで調べてみると次のように書いてあります。

消費(しょうひ、consumption)とは、欲求を満たすために財・サービス(商品)を消耗することを指す。

つまり、一時的な目的や欲求のためで、その後に残らないようなお金や時間の使い方のことをいいます。

 

対して、②「投資」をネットで調べてみると、

利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。

ポイントは、「将来を見込んで」というところですね。長期的な視点で未来のためにお金や時間を使うこと、それが投資です。

 


 

さて、卒業生の皆さんは10代の貴重な時間の大半を「受験勉強」というものに費やしてきました。

受験は一発勝負なので、望んだ結果になった人も、思い通りにならずに悔しい思いをした人もいたと思います。

ただ、結果はどうであれ、目標のためにひたすら頑張った経験は今後必ず活きてきます。

いろんなことを我慢して費やした、あの膨大な時間は決して無駄になったのではありません。

皆さんの未来にきっと良い影響をもたらすはずです。

つまり、皆さんは「受験勉強」を通してたくさんの時間を、将来・未来の自分のために投資していたわけです。

 

東進を卒業される皆さんは、これからそれぞれの道に進んで、いろんな時間を過ごすのだと思います。

ぜひ頭の片隅にさっきの言葉を入れておいて、ふとした瞬間に考えてみてください。

 

今この時間は自分にとって消費になってるかな?投資になってるかな?

 

ここで絶対に気を付けて欲しいのは次の2点です。

時間を消費するのは悪いことではない。大切なのはバランス。

消費しているか投資しているかは自分の解釈による。人に押しつけられるものではない。

 

この思考があれば、きっと有意義な時間を過ごせるはずです。

卒業生の皆さんの幸せな将来を願っています。

 


 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

法政の首領(ドン)

 

お楽しみに!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼