卒業生へのメッセージ【山口晋平編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2021年 3月 16日 卒業生へのメッセージ【山口晋平編】

 

 

皆さんこんにちは!!

担任助手の山口晋平です!

昨日織原さんのブログにも書かれていましたが、14日、東進ハイスクール柏校の卒業式が行われました!

自分の代の卒業式からもう一年かーと思いつつ、久しぶりに会った皆さんの表情がとても清々しいものに見えました。

卒業式ムービーも楽しんでくれてたらうれしいです!!

ちなみに僕より織原さんの方が変わっています!!(昨日書かれたので反論)

 

さて、今回のテーマが

「卒業生へのメッセージ」

ということで、皆さんへのメッセージを書かせてもらいたいと思います!!

 

僕が皆さんに伝えたいことは

「やるかやらないか、それだけ」

ということです。

校舎に掲示する受験生への応援メッセージにもこのことを書いていたと思うのですが覚えているでしょうか?

このブログを見てくれている高1,2生は校舎で見てみてください!!

 

さてこの言葉はあたかも自分で考えました感を出していましたが、じつは高校生の時部活の顧問に言われた言葉です。

僕の母校の柏南高校はテニスコートにナイター設備があって、冬場でもう真っ暗なのに夜七時過ぎまで練習といったことが多々ありました。

正直きつくてその練習が勝ちにつながっているのか疑問に思うことも多かったです。

皆さん経験したことがあるかもしれませんが、何か大事な試合やコンテスト、試験などそれらが近づいてくると緊張するものだと思います。少なくとも僕はめちゃくちゃする方です。ある日大会の直前に練習試合をしたのですが緊張していた僕に顧問が

「やるかやらないか、それだけ」といった趣旨の話をしてくださいました。それを聞いてから当たり前のことではあるんですけど、「試合に勝ちたいから練習をしている」という事に気づかされました。今まできつい、無意味だと思っていた練習にも意味を見出せるようになり、より一層頑張れたような気がしています。

これは自分の受験勉強にも通じるところがあったんじゃないかと今振り返ってみると思います。

ここまで長々と自分の高校生の時のお話をしてしまいましたが、この春から大学へ進学する人、もう少し勉強を頑張る人、それぞれ自分でいろんな選択を積み重ねてきて今の自分があるんだと思います。

これから先の人生も選択の連続だと思うので、やりたいことを見つけてやるって決めたらやり切ってみてください。

卒業生の皆さんがこれから大活躍するのを願ってます!!

 

 

最後に、ここまでの話とあんまり関係いないんですけど、嫌なことがあって落ち込んだりするとき、ありますよね。

僕も19年しか生きていないですが嫌なことは今までたくさんありました。嫌なことがあった時の対処法として

「ま、こないだまで楽しかったからそろそろ嫌なことがあってもいい頃か」

と思うのがとてもいいです。あたりまえだけど生きてれば楽しいことも嫌なこともあります。だから嫌なことがあってもより楽しくなるように生活してみてください。絶対楽しくなれます。頑張ってください!!

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

明日のブロガーは

 

しゃれおつ

おされ

                         イケてるメガネが似合う

 

柏南の先輩!!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼