出願校決定について【内村恵実編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 11月 1日 出願校決定について【内村恵実編】

 

担任助手4年の内村です!

 

日に日に寒くなってきましたね・・・

 

私の自宅周辺では、ハロウィンが終わったと同時に

街路樹のイルミネーションが始まり、

冬だなあと実感しています・・・

 

今日のテーマは、出願校決定

 

ということで、

出願校決定に関する私の受験生時代の失敗例について書こうと思います。

 

秋から第一志望の過去問を解き始めるも全然解けず、

この時期の私は不安でいっぱいでした。

 

その影響からか、8月のセンター模試に比べ10月の全国統一高校生テストでは成績が下がり

益々不安に。

 

 

「もうどこでもいいから合格がほしい」

そんなことを考えて、出願校を決めました。

 

 

中学の頃から、ずっとマスコミ関係のお仕事に就くのが夢で

その為に社会学部に行きたいと思っていましたが

 

受験した社会学部は、

第一志望の早稲田大学社会科学部と

今通っている日本女子大学人間社会学部だけでした。

 

他にも何校も受けましたが、不安から目先の合格だけしか考えられず、

社会学部よりも倍率の低い学部ばかりを選んで併願校を決めてしまいました。

 

 

その結果、併願校の過去問を解いていても

どうしてもここに合格したい!と強い気持ちを持って解くことができず

思うように対策できないまま本番を迎えてしまいました。

 

 

今は、学びたかった勉強ができて

日本女子大学に入って良かったなと思っていますが、

 

受験直後は、

目先の合格だけを考えずに挑戦すればよかった

後悔したこともありました。

 

 

全国統一高校生テストも終わり、

不安を感じている受験生も多くいると思いますが、

もう一度、

 

どうしてこの大学を第一志望にしたのか

将来、何をやりたいのか

 

を思い出して、出願校を決めてほしいと思います。

 

 

寒くなってきますが、

体調管理をしっかりして受験勉強頑張りましょう!!

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

明日のブロガーは

 

東葛

早稲田

サッカー

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼