受験生応援メッセージ【井上陽斗編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2022年 1月 7日 受験生応援メッセージ【井上陽斗編】

こんにちは!井上陽斗です!

 

昨日の島田さんの紹介の通り、高校生のときは柏南のサッカー部でキャプテンを務めていました。

小中高と所属するチーム全てでキャプテンやってるので、

なんかそういう感じの人間なんでしょうね

そんな柏南のサッカー部で先日、お正月恒例のOB戦がありました。

同期はもちろん、10コ上の先輩方もたくさん参加されたので、

普段会うことのできない人たちとも交流することができ、

改めて人とのつながりや人が集まれる場があることの大切さを感じることができました。

シンプルに良いこと書いてますね

あとはやっぱりいつやってもサッカーは最高です。

サッカーしているときの自分が、自分の1番好きな自分です。

だから、日常にサッカーがあった頃の自分は本当に幸せだったなと、日常にサッカーがなくなってから強く感じます。

当たり前の大切さには失ってから気づくというやつですね

みなさんも当たり前に在る環境や家族や友人などの存在をぜひ大切にしてください。

 

 

今回のテーマは「受験生応援メッセージ」

ということで、

伝えたいことがたくさんあるのに前置き長くなってしまってすみません。

この先も長いですが読んでいただければと思います。

 

まず、当然のことですが、受験には残酷なことに受かる人と落ちる人がいます。

それこそサッカーなどのスポーツと同じように勝ち負けがあるわけです。

勝ち負けという表現はあまり良くないのかもしれないけど、

それでも勝ち負けがあるからこそ、勝つために受験生のみなさんはここまで必死になって勉強をしてきたはずです。

だから、不安な気持ちは山ほどあると思うけど

勝つことに執着しよう

完全に精神論ですが、受かりたい。勝ちたい。という想いが強い人ほど合格を手繰り寄せると僕は勝手に思ってます。

ありったけの想いを込めて全力でぶつかりましょう。

 

そして、以前の一色さんのブログにもありましたが、

試験の合否はこれまでの努力で決まるのではなく

試験会場でのそのときの行動によって決まります。

そのときの自分が答案用紙に何を書くか、どこにマークをするかで点数は変わるのでそりゃそうですよね。

だからこそ「今」できる最大限のことを全力でやる。

良くも悪くも過去と未来を創るのは「今」のみなさんの行動です。

会場までの電車が遅延しようとも

試験前にトイレ激混みで勉強の時間が潰れようとも

いざ試験が始まったら緊張しすぎて全く英語の長文が頭に入ってこなくても

前の席の人の貧乏ゆすりが信じられないくらいひどくても

どんな状況に自分がいようとも、そこにいる自分が今できるベストを尽くすことでしか良い結果は望めません

とにかく「今」だけにフォーカスして試験に臨みましょう

 

あとはもう、どれだけ楽しめるかです

人生の大一番といっても過言じゃないのが大学入試なので、不安や緊張に押しつぶされそうになるかもしれないけど、

そんな大一番でネガティブな感情が溢れ出しそうなそんな時こそ、

楽しむことを心がけましょう。

不安や緊張で張り裂けそうな自分を

「自分がここまで緊張する瞬間って、人生でなかなかないよな」

と客観的に見つめてあげて、

そんな自分を楽しんでください。

「いいね~緊張してるね~。いいじゃんいいじゃん!」

って感じでちょっと気持ち悪いくらいに緊張の奴を利用してやって自分を奮い立たせましょう

もうマスクしててもわかるくらいニヤけちゃうほどに自分にワクワクしましょう

 

 

要するに、

勝ちたいという想いを誰よりも強く持って、

「今」だけに集中して、

思いっきり楽しむこと。

これができればきっと大丈夫

 

柏校のみんなの成功を心から祈ってます。

がんばろう!!!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

 

実は同じ大学

高速マスター基礎力養成講座における伝説を残した

エンタメ性に溢れるあの人です

 

 
お楽しみに!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼