受験生応援メッセージ【西中村陸希編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2022年 1月 12日 受験生応援メッセージ【西中村陸希編】

どうも皆さんおはこんばんにちは、担任助手の西中村です。

先日、成人式が無事執り行われ、オトナ帝国の一員となりました。無敵です。

私は成人式実行委員を務め、本番まで約半年、予測が困難な情勢の中式を成功させるために沢山話し合いを重ねてきました。

本番では、「本日は令和4年度〇〇市成人式にご参加いただきまして~」なんていうアナウンスも経験できちゃいました。

同じ市の別の学校の人たちと力を合わせてひとつのものを作り上げる、という貴重な体験ができたので、これを見ている皆さんも少し先の話し手にはなるかもしれませんが、興味があったら立候補してみるといいかもしれません。

 

さて、本日のテーマは「受験生応援メッセージ」です。

いよいよ勝負の刻が近づいてきましたね。皆さん、準備はできていますか?

思えば、皆さんの代は高校生活の大半を行動に制限がある中で過ごしてきましたね。

やりたいように部活動ができない、楽しみにしていた行事ができない、やりたいと思っていたことがとにかく制限されている…

それでも勉強はしなければいけない、受験は待ってくれないから。

 

そんなもどかしい現実を受け入れて皆はここまで頑張ってきた。緊張しているのも、まだまだ時間が欲しいと思うのも、皆が頑張っていた証拠。まだ布団から出たくない朝、ほんとは遊びたかった夏休み、浮かれ気分の世間を尻目に1日中校舎に居続けた年末年始、いろんなものを犠牲にして、ここまでがむしゃらにやってきたからこそ。相応の努力、我慢、犠牲の上で皆はこの場に立っています。

なかなか簡単に決断できることじゃないと思います。本当にすごいことだと自信を持ってください。

僕が愛読している漫画のセリフを借りて言うなれば、

みんな最後まで逃げずにやり切りやがった、マヌケなほど大真面目で、バカがつくほど負けず嫌いで、クソがつくほどかっこいい

そんな皆を陰ながらサポートすることができてとても誇らしいです。

 

僕がこのブログを通して伝えたいことは2つあります。

 

1つめは、誰のためでもなく自分のために最後まで戦ってくること。これは昨年の受験生にも送った言葉です。皆さん1人ひとり、大学受験に思いを懸けているのではと思います。たくさん応援してくれた友達や先生のため、学費の支援や身の回りの世話をしてくれ最大限のサポートをしてくれた親のため、などなど。もちろん、自分1人で戦ってきた道のりではありません。実際私もたくさんの人の支えがあってこそ、受験期を乗り切り今に至っていると考えています。日々感謝の気持ちを持つことは大事ですが、試験本番問題を解くのは君たち、大学に行くのも君たち、その後の人生を切り拓いていくのも結局は君たちです。

人生は素晴らしい物語であり、その主役は君たち一人ひとりです。一生に一度の大学受験、主役である皆さんが誰よりも気持ちを強く持って、目立って、結果を出してきてください。最後まで戦い抜きましょう。

試験がすべて終わってからでも感謝を伝えるには遅くありません。最高の結果を手土産にして感謝を伝えられるように、残り1~2ヶ月は、自分のために毎日最大限の惜しみない努力をしよう。

 

2つめは、常に何か起こるかもしれない、と思って準備をしておくこと。何事もなく済むに越したことはないですが、なにぶん大学受験の経験のない人がほとんどだと思います。経験がないからこそのミス、緊張や焦りからくる普段なら絶対にしないミス、あるかもしれません。また、自分たちでは避けようのない事態もないとは言い切れません。私がセンター試験を受けた日は朝から雪が降っていました。電車が止まるかもしれないから時間に余裕をもって家を出よう、寒いだろうから防寒をしっかりしよう、雪道を歩いて靴下が濡れると冷えるしいやな気持ちになるから替えの靴下をもっていこう、と私はありとあらゆることに対する準備をしました。これくらい大げさでいいと思います。結果何もなかったらそれでいいと思います。そういうの苦手だなという人は自覚をもって過ごしてください!

 

話は少し変わりますが、私は今年担任助手2年目になります。昨年から校舎にいた人、何なら私が受験生のときから校舎で努力していた人も中にはいますよね。接する機会が多かった人もいるかとは思いますが、所詮は皆さんが過ごしてしてきた18年間のうちの直近1~2年しか関われていません。そんな少しの期間しか関われていない私ですが、その分関われた濃く有意義な期間にしたいという思いがとても強いです。

 

人生のターニングポイントになりうるこの大学受験を戦うみんなの伴走者として、私にできることは、

 

なるべくたくさん校舎に足を運んで、全力で頑張るみんなを同じかそれ以上の熱量で全力でサポートすること

 

だと考えています。

 

校舎に行けば、いつも頑張っている姿を見ることができて、受付ではいつも通りのあいさつや時には世間話やら積もり積もった話もできて、努力を積み重ねる姿から私自身パワーをもらえています。おかげでいろいろなことを頑張れています。

だから、みんなのためなら多少の時間は惜しくありません。

 

こう思っている担任助手は私だけではないと思います。

担任助手は全員、みんなが大好きで、成功を願っています。

最後の最後までみんなのことを応援し続けています。

今は校舎に来るのが難しいですが、私たちは校舎からエールを送っています。伝わっていると嬉しいです。

 

何はともあれ、開幕戦である共通テストが近づいています。あくまで開幕です。気持ちを切らすことなく最後まで全力で。

 

君たちの今までは、この一瞬のために。

 

掴もう、すべてが報われるために。

 

一生残る、一瞬のために。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

 

偉大な先輩であります

この方の大人っぽさと落ち着きが欲しいので

僕の何かと交換してください

 

わかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼