夏前にやるべきこと【西中村陸希編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 6月 22日 夏前にやるべきこと【西中村陸希編】

どうも皆さんおはこんばんにちは、担任助手の西中村です。夏を確かに感じる暑さになってきていますね。

昨日の鈴木担任助手の紹介を見たでしょうか?完全に考えることを放棄しています。3年目の関係ともなるとさすがにネタが尽きてしまうんでしょうか、、

 

実は僕、明日から大学のゼミのフィールドスタディという実習で沖縄県に行ってきます!

現地では米軍基地や海上自衛隊、航空自衛隊に赴き意見交換をしたり、平和祈念公園に行ったりします。

お土産話を楽しみにしていてください。

 

さて、今日のテーマは「夏前までにやるべきこと」ということで、

あと約1か月後に夏休みがやってきます。夏休みの40日間、長いようでとっても短いです。過去2年間、受験生を送り出してきましたが、夏休みの頑張りが2月の勝敗を分けますし、あとから振り返ってみると「もっと夏休みに頑張れたな」と言っている卒業生が多いです。

 

そんな夏休みを前に皆さんに身につけてほしいのは、

「学習のルーティンを作る」ことです。

毎週のチームミーティングで勉強の予定を立てていると思います。それをもう少しレベルを上げて、30分単位のスケジュールに落とし込んで計画してみてください。やることはたくさんあるので、どれほどの時間間隔で学習を行っていく必要があるのか、というところが見えてきます。そして毎日同じ時間に同じことを行う、ということを意識してください。

例えば僕の場合、

朝8時に登校、午前中は過去問演習とその復習、昼をはさんで3限に受講、それが終わったら世界史、5限に受講、帰る前の30分は高速基礎マスター

のような形で毎日スケジュールを固定していました。こうすることで日々の学習のリズムが体に染みつきますよね。

加えて、毎日毎日どう勉強しようと頭を悩ませて予定を考えるもったいない時間を勉強する時間に置き換えることが出来ます。、というかこの考え方が一番大事です。勉強時間を最大化するための工夫をしてください。

 

夏休みにいきなりこれをやれというのは酷な気もするので、夏休み前の土日を使って練習してみてください。夏休みの疑似練習を行うには土日しかありません。ぜひ残りの休日を大事にしてください。

勉強の計画建てに困ったら担任助手を頼ってください。応援しています。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは、、、

苗字を漢字で書くと直線6本で構成される

小2でも読み書きが出来そうな1年生担任助手です!

 

分かるかな?

(ちなみに西中村も小2でコンプリートできる漢字です。)

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼