大学生のリアルな夏休み【藤本理英編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2021年 8月 20日 大学生のリアルな夏休み【藤本理英編】

こんにちは、担任助手の藤本です!

 

今回のテーマは「夏休みの過ごし方」
実は8月の頭まで授業があったので、まだそこまでガッツリと夏休みには突入していないのですが、現在大学1年生の私の夏休み(の予定)をご紹介します。

 

これまでのブログでは研究室について書かれていましたね。
私も研究室に所属していますが、他の方と比べると結構ゆるゆるとしたところにいます。
いわゆる「コアタイム」というものが存在せず、各々が自由なタイミングで研究を進めて、毎週のゼミで進捗を報告するというようなイメージなので、毎日通ったりはしていません。
現地で実験や観察をする必要がある化学系や生物系の研究とは違って、情報系の研究の場合は家からリモートで出来るものもたくさんあります。
(もちろん大学の機材やサーバーを使用しないといけない場合もあります!)
ですので、最後に研究室に行ったのは春頃だったかな…という感じなんです(笑)
10月に自分の研究について発表する機会があるので、コツコツやり始めないといけない時期になってきました。頑張ります。

 


あんまり研究してなさそうなのに、じゃあ一体なにをしているのかと言うと、一番大きいのは就職活動かなと思います。
本格的に就活をするのは来年になるのですが、今はそのための準備としてインターン(お仕事体験みたいなもの)や説明会に参加しています。
最近ようやく課題が落ち着いたので、そろそろインターンで必要な技術の勉強を始めないとな〜といったところです。

 


さて、ここから先は希望です。

 

上に書いた長めのインターンが終わったら資格の勉強をしたいです。
過去に自分の専門に関係のある資格の勉強をしたりした時期もあったのですが、最近は全然ちがう分野の資格をとってみたいな〜と考えています。

 

あと本も読みたいですね。
国語が本当に苦手で、「文章を読む・書く」というのが下手なんです。
ブログを読んでたら伝わってしまいそうですね(笑)

 

割と気分屋なのでコロコロ変わりそうですが、現状はそんな感じです。

 

 


4月から8月まで過ごしてみて、正直なところ学部生時代より院生になってからの方が自分の時間が増えたなあと感じています。
大学3年生までは日々課題に追われながらバタバタと過ごして、大学4年生は院試と卒論に追われて、気づいたら卒業してしまいました。


今年の夏こそは、のびのびと自分の将来のために時間を使っていきたいです。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

この歳で元担当がいるってすごいし

この歳で元担当生徒がいるのもすごい

偉大な柏校のレジェンドです

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼