大学生活で一番楽しいこと【金澤怜生編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2021年 12月 11日 大学生活で一番楽しいこと【金澤怜生編】

こんにちは、東進ハイスクール柏校担任助手の金澤怜生です!

今年もあと3週間もないぐらいですね。はやい!

私自身、10・11月と本当に堕落した生活を送っていました。1日12時間ぐらい寝てたと思います。

なので、今年最後の1か月くらいは真面目に生きようと思っています。

そのために目標を決めました。

突然ですが、発表したいと思います。

 

                   1、規則正しい生活を送る
                   2、映画や読書を通して教養を深める
                   3、スマホの使い過ぎはやめる

 

自分で書いていて悲しくなりました。

小学生の夏休みじゃないんだから。

まあ基本が大事ということでしっかりやっていきたいと思います。

 

 

さて、今回のテーマが「大学生活で一番楽しいこと」です!

大学生活は本当に楽しいです!

この4年間すべて楽しかったです!

中でも私にとって一番楽しかったことはやはり留学かなと思います。

現在通っている法政大学の国際文化学部では、大学2年生の秋学期に全員が必ず留学に行きます。

私はスペインのバルセロナに5か月間留学に行きました。

色々なことがありましたが、本当に行って良かったと思うし、

これから行きたいと思ってる人には全力で応援したいと思っています。

 

以下に留学に行ってよかったことを書き連ねたいと思います。

長いので興味のない方はここで終わることをおすすめします。

 

 

 

 

では、さっそく参ります。

まず、その国の言葉が話せるようになりました!

スペインの母国語はスペイン語です。

大学に入学してから勉強を始めましたが、

向こうに住んで1か月くらいで日常会話は問題なくできるようになりました。

 

次に、色々な場所に旅行に行けました!

スペインは、バルセロナは観光しつくしましたし、

他にもマドリードやセゴビア、バレンシア、グラナダ、サラゴサに行きました。

フランスはパリとディズニー。パリではルーヴル美術館で『サモトラケのニケ』や『モナリザ』など教科書で見たことあるやつをたくさん見ました。ミーハーなので。

イタリアはローマとフィレンツェとヴェネツィア。バチカン市国も行きました。

あとは、チェコとオーストリアのクリスマスマーケットに行ったり、ポルトガルやオランダにも行きました。

ヨーロッパ内は格安で様々なところに行けて本当によかったです。

 

あと、世界史の勉強が活きました。

受験期に世界史の文化史をたくさん勉強しました!

いつか実物をみたいなと思っていましたが、実際に美術館で本物を見ることができてうれしかったです。

 

あとは趣味であるサッカーに没頭できました。

夢でもあったカンプノウでの試合観戦。

街中はサッカー観戦ができるバルであふれていて、常にサッカーと隣り合わせの生活でした。

実際に私自身も地元の人たちとプレーすることもできてこれ以上ない環境でした。

 

さらに、将来やりたいことも見つけることができました。

留学中にサグラダファミリアやエッフェル塔などの壮大な建物の数々を見て、自信や勇気をもらいました。

自分も人々に元気を与えられるような建物づくりに携わる仕事に就きたいと思いました。

そう思い、建物づくりを軸に就職活動を進めていき、建設業界の会社に入社することになりました。

 

このように本当に楽しいことばかりだったし、1番の思い出です。

これからの人生でたくさんの出来事があると思いますが、

この経験は大学生活でしかできなかった経験なのかなと思います。

 

このブログを読んで少しでも留学に興味を持ってくれる人が増えればうれしいです!

 

本当に大学生活は自由で楽しいです。

しかし、あっという間だったなとも感じています。

高校生のみんなには、何か一つでもやりたいことや目標を決めてほしいなと思います。

それが勉強のモチベーションにもつながると思います!!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

 

氷上の格闘家

部活動お疲れ様です。

これからも頑張ってください!応援してます!

 

お楽しみに!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼