始まりました!・・・え、何がって?あれあれ。 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2013年 11月 7日 始まりました!・・・え、何がって?あれあれ。

こんにちはー。東進ハイスクール柏校の秋元です。

めっきり寒くなりましたねー朝起きるのが嫌になってきたこの頃です。はい。タイトルで始まったあれ。

↓これのことです。無料招待講習。しかも今年はフルラインナップ!林先生、安河内先生などお馴染みの先生ももちろんいるよ。

 

 

 

 

 

 

 

この間は全国統一テストお疲れ様でした。出来はどうだったかな?

この模試で飛躍的に成績が伸びている人がかなりいて僕は嬉しいです(*゚▽゚*)

僕が受験生の頃は全学年一斉に受ける模試なんてなかったからみんなの代はちょっと羨ましいな。

今日は模試のあとの大事なポイントを教えるよ。せっかく受けた模試だから受けっぱなしじゃもったいない!

さぁちょっと確認してみよう。

1.自己採点

大学入試において自己採点は出願大学に関わってくる最も重要なポイント!なぜならセンター試験のテスト結果がいつわかるか知ってる?実は受験が終わって大学に入ってからの5月末。だから、先輩たちもみんなセンター試験は自分で採点してその結果で国立をどこに出願するのか、センター利用の私大は合格ラインを超えているかどうかを判断しているのです。自分がマークした答えを問題用紙にチェックしておき、解答を見ながら自採点をすることは、受験では基本中の基本なんだ。

2.分析

自分の得点を知って喜んだり凹んだり。いやいやそんなことは学校のテストでもできるよ!模試を受ける価値の真骨頂はここから。

どこができていて、どこができていないか。今何をやるべきなのか。これがわかるといつもの勉強がぐーーんと効率良くなるんだ。「あぁ、二次関数忘れちゃってたなぁ」「わからない単語ばっかりだったから長文に時間がかかっちゃんたんだな」「理科はまだ学校で全範囲が終わっていないから本腰入れるのはもう少し先だな。」みたいな。この分析が大事なんです!!!!!やらなきゃとは思っているんだけど何からやったらいいのか。。。と思っている君、まずは自分で考えてみよう。自分のことはやっぱり自分が一番分かっているんです。苦手だと思っていることも自分がわかっているんです。

3.対策

 さぁどこかで来ていないかを確認したら、もちろん次はそれの対策だ!そして、みんなはこう考える。単語やろう」「去年の数学の問題集解きなおそう」といって部屋の押入れから去年の教科書や高校入学時に買ってもらった問題集などを取り出して1日1ページやる。でも、期限も目標もないからやっていても伸びているのかわからないし、そもそも苦手だから点数取れていない分野なのに自分で問題集やってわかるはずもなくいつの間にかやらない日が増えておわっていくー・・・。そんな経験あるよね(´д`;) ??

これは、間違いなく間違い!

正しい勉強は、

正しい順番で覚えて「○月までに△△を終わらせて、○月のセンター試験同様のマーク式模試で○○点取る!」といった期限と目標を持たなければ絶対に続かない。じゃぁ、いつまでとか何で決めるのか。そう、今でしょ!て、違う違う。目標はそれぞれ違うから~と言いたいところだけど1、2年生には実は共通の目標があるんです。何かって?

『行きたい大学別の合格者の同時期の得点』が目標!!

要するに、早稲田大学法学部志望であれば、そこに合格した先輩が今の自分と同じ時期にとっていた点数が目標点となるのだ。そして、今からの目標ならば間違いなくセンター試験本番の1年前、高校2年生の1月の時点での先輩の得点だ!それよりも高ければもっと上の志望校を目指せるかもしれないし(早稲田の法より上ってないけどねw)科目を増やす余裕があるかもしれない。(国立にするってことね)

まずは先輩の得点を知ろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって、先輩との得点を目標にして模試を受験し、分析した結果、できていないところを確認してしっかりと補っていく。

この繰り返しで、どんどん効果的に学習できて成績はぐんぐん伸びていきますよ!

さ、これを見てくれた人。すぐに行動しよう!まずは分析から。

もし、分析などができないという人がいたら、遠慮なく東進にきてください。僕が一緒に今の課題を考えますよ。

個別面談希望こちら

対策を希望こちら

慎先生の公開授業参加希望者こちら