新課程で差をつけろ! | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2013年 11月 13日 新課程で差をつけろ!

今の高校2年生の皆さんは、新課程入試を経験する第1期生なんですよね。 高校3年生の先輩たちよりも、教科書の内容が少し多くなって、また理科の基礎科目の選択なんかで頭を悩ませてる人も多いんじゃないのかな? 初めてのことって、いつでも少し不安ですよね。だけど、どうせだったらポジティブに考えて、受験を楽しんだほうが自ら求めて頑張れるよね?

『すご~い、歴史的な瞬間に立ち会うことが出来る貴重な機会だ!今まで誰も経験したことのない入試を迎えようとしているのだ~!』

ってね。少し大げさなくらいがテンション上がりません?

だけど、新しい入試ってことは、今までと少し勉強の仕方も変わってくる可能性があります。

たとえば、『過去問』! 🙄

数学や理科で、新しく加わった単元がどんな風に出題されるのか、今までだったら『過去問を見てみよう~!』だったけど、初めてだからわからないのだ(叫)。ま、誰もわからないから、仕方ないって言ってしまえばそれまでよ。誰もわからないからこそ、いかに情報を手に入れていくかが、差をつけるポイントだよ!

【差がつくポイント①】

ななんと、大学入試センターが、数学と理科の試作問題を発表したぞ!問題全部ではなくて、新課程の部分だけの問題例になっているよ。初めての試験を受ける受験生に対して、『こんな問題を出題しようと思うから、ちゃんと対策を立てて勉強しておいてね』っていう、大学入試センターの人たちからの有り難いメッセージっ!しっかりと受け止めて、これからの勉強に活かしていこう!

たとえばこんな問題・・・箱ひげ?

ここから大学入試センターの数学・理科の試作問題が見られるよ!チェキラ☆

http://www.dnc.ac.jp/modules/center_exam/content0593.html

【差がつくポイント②】

新しく追加された単元は過去問がないからこそ、『模試の受験が重要!』。 模擬試験は、受験のプロが、沢山の入試問題を分析して作り上げた、まさに『入試の予想問題』なんです。 東進のセンター本番レベル模試は、新課程対応している模擬試験だから、早めに受験をして問題を解いておくことで、試験本番の練習が出来てしまうのだ! 東進模試はHP上で復習ツールも公開しているから、しっかり活用することで得点力大幅↑間違いなし。リスニングの音声なんかも聞けるから、模試を使ってちゃんと復習が出来るんだ!

こんな感じ↓

 

【差がつくポイント③】

模試を復習してみて、自分に何をするべきかを考えてみよう!もしもどこから手をつけていいか分からなかったら、最寄の東進ハイスクールに相談してくれれば、新課程入試のこと、学習スケジュールのこと、志望校のこと、色々な相談に乗ってもらえるはずだよ。その上で学習課題が明確になったら、無料で冬期講習が受講できる『冬期特別招待講習』を活用するのも一つの手だ!映像授業だから、忙しい高校生でも自分の好きな時間に予約を入れることが出来る!冬期招待講習を受講して、この冬ワンランク上の大学を目指せるようなろう!

↓あの先生の授業もあるよ

冬期特別招待講習を受講した先輩たちの体験談も載っている!冬期特別招待講習を詳しくしりたい人はこちらも見てね。

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

さあ、新課程1期生の皆さん!一緒に楽しみながら受験勉強を始めよう!