春休みの過ごし方【藤原侑大編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 3月 10日 春休みの過ごし方【藤原侑大編】

こんにちは!

担任助手の藤原です。

昨日の久保村さんのヒントが

 

背が高くていかつい

 

なんてヒントでしたが、

背が高いはいいとしても、いかつい...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかつい????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ってしまいました。

 

 

僕はいかついなんて思っていませんし、みなさんも思っていませんよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに高校生のときから目つきが悪いだの、いつも怒ってるみたい、常に不機嫌そうだの散々言われてきましたが、

 

 

 

 

 

 

そういうこと言ってくるから腹立つんだよ

 

 

 

 

 

と思っていました。

 

(あ、別に久保村さんに腹は立ってないですよ!むしろ、優しいとか運動神経がいいとかいいとこ書いてもらってありがたいです)

 

 

全然いかつくもないし、怒ってもいないし、不機嫌でもないからみんな気軽に声かけてね!!

 

 

しょーもない前置きは置いといて、本題に入ります。

 

 

今回のテーマは

 

 

 

 

 

 

春休みの過ごし方

 

 

 

 

 

 

みなさんは春休みをどのようにとらえているでしょうか?

 

高3になったら遊べなくなるから今のうちにいっぱい遊んでおこう😊

受験までまだ時間あるから大丈夫だね😊

 

なんて思っていないですよね?

 

春休みは実はめちゃくちゃ大事です!

 

高3の夏くらいからはもう過去問などの演習に入らなくてはいけません。(もっと早くできるに越したことはないです)

そうすると、受験で使う科目を遅くとも7月くらいまでには一通り基礎を埋めて演習ができるという状態にもっていかなくてはいけません。

 

でも、みなさん4月から学校が始まりますよね? 

部活をやっている人は大会などが入ってきますよね?

当然勉強時間は削られると思います。

 

 

じゃあ、どうする??

 

 

 

そう、春休みに本気で、超本気で勉強に向かわなくてはいけません。

 

実際、僕は春休みの大切さを受験生時代に経験しました。

 

春休みに僕はほぼ毎日部活がありました。(大会が近づき部活も力が入ってきますよね)

当時の僕は部活で疲れると平気で家に帰っていました。

家に帰ってからやろう!!(絶対できないだろうと心のどこかで思っていた)

 

結局疲れているので寝てしまったり、気力がでなかったりで春休みの勉強時間はほんとに少なかったと思います。

 

その結果として4月の模試では前回の模試から点数が大幅down。

 

その時、春休みつらくても頑張れなかったことほんとに後悔しました。

 

今回のテーマの、春休みの過ごし方から話が少しそれてしまいましたね

 

では僕がいいと思う春休みの過ごし方はずばり...

 

 

 

 

 

 

 

毎日校舎にきて勉強する!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ですね。

 

 

 

校舎に来れば、

切磋琢磨できる仲間がいます。

励ましてくれたり、アドバイスをくれる担任の先生、担任助手がいます。

 

少し折れそうになってもみんなを後押ししてくれる存在があります。

 

だからこそなるべく校舎にきて勉強に励みましょう!

 

ただ、今はコロナウイルスが流行っているので無理にとは言いません。

 

校舎に来れなくても自宅受講を利用するなどして、毎日勉強する、という習慣をこの春休みでしっかり身に付けてほしいです。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

さて明日のブロガーは

眼鏡をかけた

まじでやさしい

あの先輩です

わかるかな?

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△