東京理科大学ってどんなところ?【大園航陽編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 9月 26日 東京理科大学ってどんなところ?【大園航陽編】

こんにちは。担任助手の大園航陽です。

夏休みがあっという間に終わり、学校が始まってしまいました、

大学2年後期、頑張ります。

本題は理科大がどんなところかというところです。

 

まず、理科大では、学部が、理学部第一部、理学部第二部、

工学部、創域理工学部、先進工学部、

薬学部、経営学部と7つもの学部に分かれています。

 

それぞれの学部が

東京都新宿区神楽坂、東京都葛飾区、千葉県野田市、北海道長万部と4キャンパスに分かれます。

僕が通っているのは野田キャンパスです。

施設が大きく、都会の忙しなさがなく雰囲気が穏やかで、

勉強に集中できるいいキャンパスのように思えます。

 

課題が多いとか、テストが大変だとか、留年率が高いだとか、聞いたことがある人はいると思います。

実際僕が通っていて思うのは、理系の大学はどこも大変さに大差はないと思います。

授業をしっかりきき、課題をきっちりだし、テスト勉強をテスト前にある程度頑張れば

問題ないと思います!

 

部活やサークル活動も盛んです。

自分は所属していませんがなかなか規模の大きいもので楽しそうです!

 

恋愛はー、、、かもです。笑笑

 

進学就職については、進学は、学部や、学科によっては異なりますが、理系大学ということもあって、大学院に進学する人がかなり多いです。東京工業大や、東大の院に進む人も少なくないです。

就職は就職率が高く、卒業生たちはみんなが知っている大手メーカーなどにも就職しています。

 

結論、勉強も、部活サークルもしっかり頑張れるのがいいところだと思います!

大学が大変、なだけじゃないところが伝わってくれてたらうれしいです。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

次回のブロガーは、、

生徒にファンがいるって聞いたことがある

ひと

です

お楽しみに~

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

共通テスト対応模試・全国統一高校生テスト

全国統一中学生テスト