東進ハイスクール柏校で勉強をはじめる上で知っておきたい3つのこと[杉崎] | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 3月 31日 東進ハイスクール柏校で勉強をはじめる上で知っておきたい3つのこと[杉崎]

 

東進ハイスクール柏校で勉強をはじめる上で知っておきたい3つのこと

  どうも、今日で柏校を去ります、杉崎です。
最後の最後にここに登場することになりました。
最後に柏校にメッセージをとお願いされましたが、
メッセージなんて恐れ多いので、これから柏校で勉強しようかなって人や、
まだまだ柏校のことを知りませんって人にだらだらと文章を書きたいと思います。

 

①部活も行事も全力で応援

柏駅周辺の高校に通っている学生の優先事項は

部活、行事>>>>>>>>>>>>>>受験、

という人が多いイメージがあります。
※あくまでイメージです。

本気で行事に取り組む人よりは本気ではありませんでしたが、

僕自身も比較的行事ごとは好きでした。

高校3年生の文化祭の時なんかは、受験勉強しなければならないのに、

1日目の終わりに友達の家に泊まって、温泉行って、夜通し話して、

2日目の文化祭に死ぬほど眠い中参加したのを覚えています。

こんなことしなければ、受験はもっとうまく順調にいっていたのかな。

柏校のスタッフにはこんな行事を頑張っていたり、部活を頑張ってきた人たちがたくさんいます。

そのため、受験勉強と部活や学校行事を両立して合格を勝ち取った経験から、

生徒たちを全力でサポートすることができます。
こんなに部活や学校行事を考慮してくれる予備校は他にはないのではないでしょうか。

受験勉強はやらなければいけないけど、部活も学校行事も全力で取り組みたい!

そんな考えを持っている高校生は一度柏校に足を運んでみることをお勧めします。

 

②生徒のことが最優先

当たり前のことですよね。何言っているんだって感じかもしれませんが、
生徒>>>>>>>>>>>>>自分
的な感じですかね。
どういうことかというと、どんな時も生徒のことを一番に考えているってことですね。
気持ち悪い。(嘘)

どんなにテスト勉強で忙しくても、どんなにかわいい子とデートをしていても、
生徒の一大事ならば、すぐに校舎に向かいます。
たまにしつこくてうざいときもあるかもしれませんが、
愛情が大きすぎるがゆえなので許してあげてください。
こんなに勉強している高校生を応援して、大切にしてくれるスタッフがいる校舎、
なんていい校舎なんだ。
ぜひぜひ、そんな校舎で一度勉強してみてください。
この良さがわかると思います。

 

③大学合格で終わらない


おそらく、多くの高校生は志望校合格!のために予備校に通うと思います。

もちろん東進ハイスクール柏校の生徒もみなさんのイメージしている通り、

志望校合格に向けて日々勉強しているのですが、

東進ハイスクール柏校では勉強以外に、大学に入学した先の未来をよく考えてもらうことがあります。

簡単に言うと自分が将来どんなことをやりたいのか

大学入ったらどうするのといったところまで、指導してくれるんです。

高校生の皆さんからすると、

「いや、受験勉強させて」

ってなりますよね。もちろんその気持ちわかります!

ですが、実際受験生として生活していく上で、将来を考えておくことはとても大切なんです。

どうしてかと言うと、一番は勉強する上での、モチベーションに大きく関わってきますね。

毎日うまくいくとは限りません。

時にはやる気を失うし、受験当日まで勉強し続けるのが無理になってしまう人も中にはいます。(本当に)

そんな時、諦めてしまう人と、うまく気持ちを保ち続けられる人の違いは一つで、

何で大学に行きたいのかが決まっている、つまり、将来何がやりたくて大学に行きたいかが決まっていることなんですね。

本当にこれが決まっている人は最後まで頑張れます。(本当です、六年間見てきました)

そして、将来が考えられている人は、大学生活をとても充実したものにできるでしょう。

充実の意味合いは人それぞれあると思いますが、

この文章を読んで、将来のことを考えてみようかなと思った人は、

おそらく僕の意図した充実を実現できると思います。

「そんな将来のことなんて考えられないよ!」

って人、安心してください。考えられますよ!

東進ハイスクール柏校のスタッフたちが全力でみなさんの未来を、将来を一緒に悩んで考えてくれます。

なので、ぜひ、校舎に来た時には、勉強はもちろんですが、将来のこと考えてみてください。

きっと、良い結果と素晴らしい未来が待っていると思います。

 

つらつら、だらだら、と書いてきましたが、こんな感じで終わりたいと思います。
柏校で勉強すると決めたみんなのことを影ながら応援しております。

辛くなったら、テレビ見てください。

では。