模試の勉強法【廣瀬慧人編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 6月 14日 模試の勉強法【廣瀬慧人編】

 

 

 

 

こんにちは!

担任助手の廣瀬慧人です!

 

担任助手になってこれが2回目のブログなんですけど

生徒時代は毎日ブログを見ていた人間なので

もちろん今も毎日見てるんですけど

書く側になるのは不思議な気持ちですよね。

 

 

まじで毎日見てしまうくらいみんな面白いこと書いてるこのブログなんですけど

柏校ブログ評論家の廣瀬としては

やはり、圧倒的一位は島田さんのブログですね。

 

面白いですよね。ほんとに。

 

ユーモアとセンスにあふれる文章

そこに唐突にぶち込んでくる熱い文章

ほんとに絶品ですね。

 

 

これはもはや

ただの「ブログ」ではなく「作品」というべき代物

「島田さん」ではなく「島田先生」と呼ぶべき

 

 

そんな島田先生も今年で大学4年生

4年目の集大成となる今年の作品に期待ですね!!!

 

 

すみません、途中から自分でもよくわからなくなりました。

とりあえずみんなブログ見てね。

 

 

 

 

本題の模試の勉強法についてですが

 

僕が受験生時代に模試前にやっていたことを2つ話します。

 

 

1つ目は明確な目標を定めることです。

 

志望校合格に必要な点数から今の時期に取るべき点数と

現時点での自分の実力を考え

教科ごとにきちんと目標を定めます。

 

そして模試成績が返却されたときに

志望校と自分の差はどの程度なのかを考え

今後の勉強の指標にしていきましょう。

 

 

 

2つ目は試験本番の戦略を立てることです。

 

 

具体的には

どの問題に何分使うか、どの順番で解くか、など

 

 

まだ6月なのですべての科目のすべての分野が完璧な人はいないと思います

ですが、現時点で持てるすべての実力出し切れる戦略を立てて、実行することは

試験本番にも生きてくる事だと思います。

試験本番までに自分にもっともあった解き方のスタイルを確立していってほしいです。

 

 

 

 

とりあえず言いたいことは

「頭」を使って模試を受けてほしい

ということです。

 

思考停止して何の準備もしないままに受ける模試ほど無駄なことはないです。ほんとに。

 

毎月ある模試をただ惰性で受け、成績の細かい分析もせずに

点数だけを見て一喜一憂を繰り返す。

 

そんなの勉強しているふりです。時間の無駄。

そうこうしている間に受験はやってきます。

ほんとにあっという間に。

 

 

今の自分の努力を半年後結実させられるように

ぜひ模試を有効活用していきましょう!!!

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

理系

 

頼れる4年生の先輩

 

 

伝われ~~


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼