模試の勉強法【村上凌編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 6月 11日 模試の勉強法【村上凌編】

 

 

こんにちは〜担任助手の村上です。

 

現在の時刻は6:09です。

このブログを投稿する時間は7時です。

果たして間に合うのでしょうか。

 

僕はこの自粛期間で早起きを身に付けました。

だいたい平均5時くらいに起きてそろそろ溜まりつつある課題やレポートをこなしています。

現役受験生の時も早起きを意識して勉強していましたが

ここまで徹底して実行することができてなかったです。

 

さて、なんで急にこんな話をしたのかというと

朝の時間を有効に使うことをみなさんに強くオススメしたいからです。

 

朝起きてすぐの頭の状態は1日の中で

1番リフレッシュされていて集中しやすいという話を聞いたことがあると思いますが

実践してみるとこれが本当にそうなのです。(語彙力ないですね)

 

日中や夜に考えるのが辛いと思うような問題や膨大な文章が

朝にはガンガン頭に入ってきます。

 

でもわかります。

そんなことわかっているけど、起きられないから困るんですよね。

僕も起きるのは本当に苦手でした。

できれば永遠に寝ていたいです。

 

ここで僕が実践している朝早く起きるための方法を教えます。

 

それは、、

 

1、夜早く寝る

2、起きたい時間を強く意識する

3、目が覚めた瞬間飛び起きる

4、陽の光を全身に浴びまくる

5、水を飲む

 

これだけでスッキリしてその後の作業に集中することができます。

 

まあ個人差があると思うので自分にあった時間や起き方で勉強するのが1番ですが

一定期間試してみるのを強くオススメします!

 

 

あと20分。

 

 

本題ですが、模試の勉強法ですね。

 

人によって模試の勉強法というかどう自分に活かすかっていろいろあると思うんですけど

自分のなかで模試には日々の勉強のモチベーションとしての意義がありました。

 

成果がでる自信がなくて模試を嫌だと思っている人はまだ全然勉強量が足りないと思います。

 

自信がある人は本番の練習である模試で点数をとるために

日々何をすべきか考えて勉強しています。

 

担任助手に言われたことだけをなんとなくやっていませんか?

 

勉強した分だけ点数は伸びるし、伸びなければなければ勉強の仕方が間違っている。

 

まあ目的は入試本番にあるので長期的にみて伸びる勉強をしているなら別ですが

全ての科目がそうだと言い切れる人はいないと思うので

基本的には上に当てはまると思います。

 

当たり前ですがこれをしっかり意識していて

本気で志望校に合格したいと思っていれば

自然と勉強の量・質は上がってくると思います。

 

あと、点数が良ければ担任助手に褒められたり友だちにすげーと思われたりして嬉しいですしね。

 

全国統一高校生テストまであと10日。

目標点数に届くよう頭を使って本気でがんばりましょう!

 

 

間に合った。。

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

僕の唯一の船橋方面仲間

最近電車で帰ること少なくてごめんね!

 

お楽しみに!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼