模試の勉強法【織原あすか編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 6月 17日 模試の勉強法【織原あすか編】

 

こんにちは、織原です!

 

 

去年もこの時期に同じような前置きを書いた気がしますが、

今年も同じ話をします。

 

私はこの梅雨の時期が大好きです。

みなさんは、梅雨の始まりの時期に降る雨と終わりの時期に降る雨、

それぞれに呼び名があることを知っていますか?

 

実は、梅雨を表す言葉には本当に素敵な響きのものがたくさんあります。

 

ここでそれぞれの言葉の意味を説明すると長くなってしまうので、

もし興味がある人がいたら調べてみてください。

 

それで少しでも梅雨が好きになった人がいたら、梅雨好きとしてとても嬉しいです!

 

・・・

 

 

本題に入ります!

 

 

今回のテーマ

「模試の勉強法」

 

 

私が模試前にやっていたことは主に2つあります。

 

①苦手な範囲を明確にする

②センター過去問全科目1年分を1日で解く

 

まず①について。

これは模試前に関わらず日ごろ意識していましたが、苦手な範囲を明確にして

試験直前にその部分の確認ができるような状態にしていました。

 

具体的に説明すると、

テキストに自分がその問題(または単語の意味など)を何回間違えたのか瞬時にわかるよう色分けして付箋を貼り、

試験直前の休み時間に間違えた回数の多い部分から見返す、ということをしていました。

 

ただこのやり方は、何も考えず貼るだけだとただ時間がかかるだけで効率的ではないので、

間違えた回数が3回以上のものから付箋を貼る、など効率を考えてやることをおすすめします。

 

 

次に②について。

②は現役の時吉川さんにアドバイスを頂いて実際にやっていたことです。

 

模試の一週間前の土曜日くらいに、できるだけセンター試験当日の時間割に合わせてセンター過去問を解く

ということをしていました。

 

これは、試験当日の疲労感とか緊張感に慣れるためにやっていました。

その成果が出たのかはわかりませんが、

私はセンター試験当日あまり緊張せず、疲労感もそこまで感じずにリラックスして解けたような気がします。

もしよかったら実践してみてください。

 

・・・

 

私が模試前にやっていたのはざっくりとこんな感じです。

あとは模試後に意識していたこと、

リラックスするためにしていたことなども知りたい人がいたら

校舎でぜひ声をかけてください。

参考になるかはわかりませんが!

 

 

それでは今回はここら辺で。

また次回お会いしましょう~。

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

私が個人的にとても尊敬する

キャンパスが同じで親近感のある

あの先輩です!!✨

 

わからなかった人は上にさかのぼってみてくださいね。


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼