科目別夏休みに頑張ったこと 国語ver. | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 7月 14日 科目別夏休みに頑張ったこと 国語ver.

 

一色です。

最近、東進生が受付に物理や化学の質問をしにくるたびに自分が文系であることを申し訳なく思います。その代わりといってはなんですが数学1A2Bの質問は大歓迎なのでお気軽にお声がけください。数3も多少はできます。

あと物理のおすすめの参考書教えてください。易しめのやつで。

 

さて、夏休みの国語の勉強について話したいと思います。

受験生は、腰を据えて国立2次・私大の過去問に取り組むのがよいでしょう。やはりまとまった時間が取れる日というのは貴重ですからね。

僕は夏休み開始直後あたりに東大型の問題を扱う講座を集中的に受けていて、いくつもの問題を解いては復習し、を繰り返し、毎日へとへとになっていました。学校があったらまず学校で疲れてしまいますが、学校がなければ「勉強し続けて疲れる」という時間を過ごすことができます。これは貴重なことです。

ここからは若干「夏休み」の話からはそれますが、過去問を解くときの注意点を。間違えた後に解説を読むとなんだかわかったような気がしてきますが、たいていの受験生は解説に書いてあるようなことを入試本番で頭の中に再現することはできません。つまり、分かったような気がしてくるだけでは無駄です。国語、特に現代文は「文章の読み方」とか「頭の使い方」といった、抽象的でぼんやりしたものを取り扱いますが、だからといって復習までぼんやりさせていては本末転倒です。「なぜ間違えたか」を考えるのは当たり前ですが、「なぜ解説が言っているようなことを自分では考えられなかったのか」を突き詰めて考えてみるのも大事なことです。

 

さて、受験生ではない場合はどうでしょう。受験生ではないみなさんは、まだあまり国語の学習が進んでいないという人も多いのではないでしょうか。

学校があるうちは「学校が終わってから、優先順位の高い英語の勉強をしていたらそれだけで一日が終わってしまった」みたいなこともあるかもしれませんが、夏休みはいろいろな科目を腰を据えて新しい勉強に取り組むためのまとまった時間があります。今まで国語を敬遠していた人も、国語の勉強を始めてみるとよいです。突然難しい読解問題を解かなくても、まずは古文の単語帳を開いてみるとか、そういうものでもいいのです。

国語に限らず、今まで後回しになっていた科目に腰を据えて取り組めるのは夏休みくらいのものです。学校が始まればまた、忙しい中でいつの間にか優先順位の低い科目のことは忘れてしまいますからね。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

次回は僕が東進生だったころ担当だったあの人です。

さぞかし楽しいブログになるのでしょうね!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼