覚えたことをわすれないためには……? | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2013年 1月 28日 覚えたことをわすれないためには……?

こんにちは!東進ハイスクール柏校の石井です。

今回は記憶術についての話にしようと思います。

 有名な話で知っている人も多いかと思いますが、人の記憶には短期記憶と長期記憶というものがあります。これらの違いはあることを憶えてからそれを忘れてしまうまでの時間です。って文字通りですね……(´・ω・`)

・短期記憶――数秒~数十秒

・長期記憶――長期(=数週間~数十年 or それ以上)

せっかく勉強したことでも短期記憶のままでは1分とたたずに忘れてしまいます。

そんなのもったいない!

長期記憶の持続時間は細かい種類によっては様々ですが、 長ければ何十年と続くものすらあります。

すなわち、長期記憶を手にしたあなたはもう勝ち組です!!もう怖いものなしです!!

では、どうすれば記憶を長期記憶にできるのでしょうか?

ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

方法としてはいろいろありますが、今回はその内のひとつを紹介したいと思います。下のグラフをご覧下さい。

ジャジャーン( ̄^ ̄)/

これはある一種類のものを9つ連続して1回見せて記憶してもらい、それぞれの順番での正解率を示したグラフです。

例えば画面に3秒間ずつ、「L」→「B」→「G」→「R」→「K」→「F」→「Z」→「S」→「Q」という順番で表示していって、全部見終わったら暗唱してもらうということをやってもらいます。

「グラフなんか見ると頭痛くなっちゃうよ~(TωT) 」 って人も、読むの止めたりしないで下さいね~\(^ ^)/

難しいこととかは1つもないです!実はとても簡単なことが読み取れます。

①最初の方に見せられたものは憶えやすい!

②最後の方に見せられたものも憶えやすい!

そんだけ!!(・ω・) 簡単でしょ?

①を「初頭効果」

を「親近性効果」といいます。

 さっきの長期記憶と短期記憶の話と関連付けて考えてみると……

①は長期記憶になって忘れにくい!

②は短期記憶のままなので時間がたてば忘れてしまう……

(細かい説明は長くなるので省きますね……気になる人は石井まで!)

 

一気に結論!!

ある一通りのことを憶えようとするときは、一番憶えたいものは最初に記憶するようにしましょう!!

単語の暗記のときなどに役立てて下さいね!!

これはある意味「コツ」みたいなものですが、本来は勉強したことを長期記憶にするには「反復」と「継続」が最も重要です!そこは変わりませんし近道なんてありません。あるのは効率と努力の量の差だけでしょう!!

と、いうことでそういった「コツ」を知りたいという人がいましたら是非柏校石井まで!!

では、また来週!