頑張れ受験生!【酒谷橋蔵編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 12月 31日 頑張れ受験生!【酒谷橋蔵編】

 

 

こんにちは!!

今年最後のブログを務めます、法政大学経営学部3年の酒谷橋蔵です。

知らない人のために軽く自己紹介をすると、卒業高校は柏南高校でサッカー部に所属していました!

家で猫を二匹飼っているので写真見たい人いたら声かけてください!笑

 

早速、本題に入ります。

ちょっと書きたい事まとまらなくて、

うまく書けなかったのですが、頑張って書いたので読んでください。笑

 

 

 

 

僕は今でも鮮明に覚えている日があります。

 

それは大学に合格した日です。

 

泣いて喜んでくれた母親

東進に電話した時に出てくれた担任助手の方の喜んでいた声

すべて鮮明に覚えています。

 

受験生の時は、受験は一人で戦っているものだと思っていました。

模試の結果が上がらない、過去問の点数がとれない。

全部自分の戦いで周りの人は関係ない

そう思っていました。

 

しかし大学受験を終えて自分がここまでこれたのは本当に周りの支えがあったからだと気付きました。

 

毎日朝早くから弁当を作ってくれて、

時には車で送ってくれたり、

帰ったらおいしいご飯が待っていて、

当たり前のように予備校に入れてもらって。

 

担任助手の皆さんや担任の先生にも

些細な相談や勉強の相談に乗ってもらったり

急に呼び出してもすぐ東進に来てくれて

大学の話聞かせてくれたり、一緒に悩んでくれたり。

 

学校の友達やグループミーティングの仲間と

過去問の傾向を共有しあったり、

ちょっと寄り道して帰ったり、なんとなく公園で語り合ったり。

 

こんなにたくさんの人に支えられてきました。

みんなにも支えてくれている人たちがいます。

 

その人たちはきっとみんなが頑張っているのを知っているから

大学に合格しても、しなくても「よく頑張ったね、お疲れさま」と言ってくれるでしょう。

 

みんなはそれでいいのでしょうか。

周りのみんなにできる最大の恩返しはなんでしょうか?

それは間違いなく「合格」の二文字です。

 

そのためにやるべきことは一つです。

一生懸命頑張ること。

試験の前日の夜、おそらくこれまでの受験生活を振り返ることでしょう。

 

そんな時、自信につながるのは

「俺は頑張った」

といえるかどうかだと思います。

共通テストまで残り2週間ちょっととなりました。

 

一分一秒も後悔してはいけません。

勉強の不安は勉強でしか消えません

不安な気持ちがあるなら勉強してください。

 

本気で頑張るみんなを担任・担任助手一同心より応援しています。

 

明日なら届く世界も変わるはず。

諦めずに全力で、一緒に合格を掴み取りましょう

ちなみに明日なら届く世界も変わるはずはman with a missionのyour wayって曲なので興味がある人は聞いてみてください。

僕が受験生の時に聞いていた曲です!

長くなりましたが最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽▲▽

明日のブロガーは…

 

受験期同じグループミーティング

彼も僕を支えてくれた仲間のうちの一人です(多分)

あけましておめでとうございます。

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼