高校生への挑戦状2013 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2013年 4月 4日 高校生への挑戦状2013

こんにちは。

担任助手の柏木です。

 新年度が幕を開け、高校生の皆さんはもちろん、そうでない人も、いよいよ新生活がスタートしますね!

この春新しく高校生になる人はもちろんですが、学年が上がる人も、新しく後輩が入ってきたり、受験生になったりと、やはり変化のある季節だと思います。

 そんな季節ということもあって、

この高校生への挑戦状も、一新しようと思います。

 突然ですが、今、自分には夢があります。

でもこれは、去年(大学2年)見つけられたものでした。

自分は高校生時代、別の夢(今思えば仮のものでした)があって、それに向けてとりあえず勉強し、第一志望の大学に合格しました。しかし、入学当初は、新しい環境での新しい学びへの希望に満ち溢れていたものでしたが、大学2年生になって、忙しい中勉強に”追われる”ようになってみて、自分がモチベーションをもって、努力できていないことに気付きました。そして、ではなぜ頑張れないのかと考えたとき、自分が本当にやりたかったことはこれではないんだと気付いたのです。

甘い考えで大学受験をした後悔に苛まれました。しかし一方で、自分の本当にやりたかったことに出会えた・思い起こせたことは、本当に良かったと思いました。そしてその後、時間をかけて色々と考え、徐々に自分の夢の輪郭がはっきりしてきています。

私はこの夢を追います。

ただ、当然ながらこの夢は、そう簡単に実現するような小さなものではありません。1年半後という、第一のタイムリミットまでにやらなければならないことが、まずたくさんあります。しかしながら、「夢の大きさ、志の高さが、その人の人生の天井を決める。」という言葉を励みにして、努力していきたいと思います。

 高校生への挑戦状2013は、この夢に向かって努力する私の人生から、あなたの人生への挑戦状です。

こんなもの、10年も経ってみないと、そもそも私の夢が叶ったかどうかがわかりませんから、その意味を問われかねないものなのかもしれません。

しかし、私はあなたに挑戦したい。この挑戦を受けて、自分の将来について本気で考えて欲しいから。本気で考えずに選んだ将来は、必ず後悔があります。これは自分の経験から伝えたいことです。

 これから、この高校生への挑戦状2013では、私から、高校生の皆さんに、問いを投げかけていきたいと思っています。そしてそれを、自戒ともしていきたいと思っています。例として、「第一の問」を投げかけて、今回のブログを閉じようと思います。じきに私の夢も語りたいと思います。

 第一の問

夢、即ち努力の原動力を見つけられているか?

 夢はありますか?その夢は本当にやりたいことですか?本気で考えた夢ですか?妥協していませんか?自分に言い訳していませんか?

叶わない夢はありません。全ては努力次第です。

わたしも、東進柏校も、夢に向かって努力する高校生を応援します。

 私には夢があります。君は?