私の最大の失敗【織原あすか編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 9月 3日 私の最大の失敗【織原あすか編】

 

こんにちは!おひさしぶりです。

いい加減車の免許を取りたい織原です。

 

 

車の免許取りたい教習所通わなきゃ!!(一年夏)

いやめんどくさいな、もう少し後でいいや。

友達が運転してる!ドライブいいなぁ免許!!(一年秋)

これから混みだす時期だから今じゃないな。

春休み長すぎ!免許取りに行こう!(一年春休み)

今通えるほどの財力ないや。

 

 

と、教習所通いたいとは言うくせに永遠に行動してこなかったのですが、

 

 

これ初めて人前で発表するんですけど

実はついに・・・

 

 

 

 

 

本気で通おうと思い始めました!(イエーイ)

 

 

 

 

今までは何かしら理由をつけて今じゃなくていいやーと思っていましたが、

今は、通いたい!と本気で思っているので気持ち的には成長しました。

 

なのでまずは、親に交渉することから始めます。(しっかり段階踏みます

 

次回のブログでは通い始めた報告ができるように頑張りますね!

 

 

 

 

さて、今回のテーマは

 

「私の最大の失敗」(じゃん!)

です。

 

うーん、あまりテンションの上がるような話題ではないですね・・・。

 

でも実はこれすっごく大事です。

 

担任助手の人たちの、実際に受験を体験したからこそわかる失敗談を

これから受験を経験する皆さんが知っておけば、

それに向けてあらかじめ構えておくことができます!!

 

予め構えておいて数々の失敗を乗り越えていければ

もう、みんな最強になれます!!!(やったね!)

 

ぜひぜひいろんな担任助手の話を聞いて参考にしてみてください。

 

では、私の失敗についてお話しさせていただきます。

 

私の最大の失敗は

「苦手科目(日本史)に手を付けるのが遅すぎたこと」

です。

 

ただのいい訳ですが、もともと記憶力に全く自信がないんですよね。

で、まだ日本史に興味があればよかったんですけど、全くなくて。

 

そんな感じでまあ日本史が全然できなかったんですね。

正直言うと12月までずーーっと模試の点数が6割とかでした。

本番は何とか8割に乗ってうまくいったのですが、自分的にはたまたまなのではと思っています。

 

まあそのくらい日本史がほんとに苦手で、

やりたくなさ過ぎて高3の4月くらいまで受講以外全く手を付けていませんでした。

自分に甘すぎました。

 

で夏休み前になって、そろそろ本気でやばいかもってなってからやっと、死ぬほど日本史を頑張りました。

色んな人に日本史の勉強法を聞いて一通り試してから自分なりの勉強法を確立して、

狂ったように日本史ばっかり勉強してました。

夏休みの勉強の8割は日本史ってくらい時間をかけてましたね。

 

で、この話を通して何が言いたいかというと、

苦手科目(私の場合は日本史)をそのままにしておくと絶対後で痛い目みる!!

ということです。

 

苦手科目って普通にやる気出ませんよね。

すごーーーーーーくわかります。

 

 

でも、やらなきゃいけないんです。

 

 

結局やらなきゃいけないのに後回しにしておくと、

共通テスト・二次私大の過去問演習に間に合わずその科目だけ全然進められなかったり、

夏休み後のタイムリミットが迫ってきてる時期、

もっと違う科目に時間使いたいのに苦手科目が間に合わな過ぎて時間とられてしまったりします。

 

受験期の中で、本当に一番後悔してます。本当に。

 

なので皆さんはぜひ、苦手科目を後回しにしないようにしてください。

早めに手を付けておけば心にも時間にも余裕ができます。

 

私みたいには絶対ならないでくださいね!!!!!

 

 

それでは、今回はここらへんで終わりにします。

また次回~!

 

△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△

 

明日のブロガーは・・・

 

話がとっても面白い!

黒マスクが似合う!

頼りになる一個上の先輩です!

 

わかるかな??

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼