頑張れ受験生!応援ブログ 【織原あすか編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 12月 23日 頑張れ受験生!応援ブログ 【織原あすか編】

 

こんにちは!織原です!

頑張れ受験生ブログということなので、

今回は前置きなく本題に入りたいと思います。

 

(少し現実的な話をします。嫌になっちゃった人がいたらすみません。)

 

私から伝えたいことは、

①一番自分が、自分を信じてあげてほしいということ

②切り替え大事!!

です。

 

①は、前のブログでも結構言われていて被ってしまうのですが(=それほど大事ということ!!)

簡単に言うと、

試験会場では自分が絶対に一番頭がいいと思ってほしい!

ということです。

 

試験会場では、緊張する人がほとんどだと思います。

ド緊張して自分の本来の力が出せないなんてことになったら勿体ないので、

緊張をほぐす方法として使ってほしいです。

 

たとえ周りに同じ学校で自分より頭がいい友達がいたとしても、

自分よりも偏差値の高い高校の人がいたとしても、

休み時間中に答え合わせをしている人がいて自分と答えが違ってたとしても、

そんなの関係ないしどうでもいいです!!!

 

試験では、自分のことと目の前の試験のことだけを考えてください。

もちろん友達にはいい結果を出してほしいですが、いったんそれは置いときましょう。

 

今まで頑張ってきたことは、

担任助手や担任の先生はもちろん知っていますが

一番わかっているのはほかの誰でもなく、自分です。

 

周りと比べて自信が無くなり、

自分なんて…という気持ちになってしまったら

自分のことを信じている人が試験会場に誰もいなくなってしまいます。

 

そんなんで全力出せないなんて本当にもったいない!!

事実としては一番頭良くないとかはどうでもいいんです!!!

 

思い込むだけできっと力になると思います。

自分のことを一番わかってる自分自身が、

自分の力を信じて一番だって思い込んであげてください。

実際私もセンター試験の会場内で、自分が一番最強だと思い込んでました。笑

それで緊張がほぐれて、冷静になって自分の実力を発揮できたと思ってます。

ぜひ実践してみてください。

 

②について

実際に試験を終えていくと、手ごたえによって

ここは受かったとかここは多分落ちたなー

とかを感じるようになると思います。

 

感じたとして、出来なかっただろう問題を復習したり解きなおすのは大事ですが、

あまり引きずりすぎないように気をつけてください。

 

終わった試験のことを考えて落ち込んでいても、結果は変わりません。

多分落ちた と思っても、悲しむだけじゃなく

それをバネにその悔しさを生かしてその後の試験に生かしてください。

 

私から伝えたいことは以上です。

 

柏校の皆さんのことを本当に、心から応援してます。

皆さんの全力が発揮できますように!!

 

おわり

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽▲▽

明日のブロガーは…

レアキャラ!

将来に向けて努力している尊敬する人の一人!

話に知性がある!

だーれだ!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼