担任助手になって成長したこと【宮垣深桜編】 | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 1月 24日 担任助手になって成長したこと【宮垣深桜編】

こんにちは!宮垣深桜です!

 

前回の上森透哉大先輩からの紹介文を読んでくれましたか?

まさか「頼もしくなった」と言ってもらえるとは思いませんでした、、

(少し照れますが、嬉しいですね)

実は今回のテーマは少しこれと関係しています!

 

今回のテーマは

担任助手になって成長したこと

です。

 

一年前まで高校生で受験勉強をしていた私が

今では高校生、受験生を見守る立場になりました。

 

この変化によって成長できたことはたくさんあるはずですが、

私は「相手目線に立って考える力」という点をあげます。

 

昨年度は自分の受験があり、周りのことも気にすることができていませんでした。

しかし、担任助手という立場になってみると

生徒が勉強する上で障害になっているものはないか、

自分のアドバイスは相手にとって分かりにくいものではないか、

といったように相手の目線から考えることが増えるようになりました。

 

「私から見て当たり前のことでも相手にとってはそうではない」

人と接する上で大切なことを学びました。

 

何かを伝えようとしたとき、ただ一方的に主観を述べているだけでは

相手には何も伝わりませんよね。

逆に反発されてしまうかもしれません。

この時に必要になってくるのが

相手の目線に立って考える力

だと私は思います。

 

まだ未熟なところもありますが、

担任助手という経験をしたことで

いろいろな面で成長できたました。

 

これからも自己研鑽を怠らないようにしたいと思います!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは

タフさとアウトドア精神という点で

私とは対極にいる同期のひとり

わかるかな??

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼