7月 | 2019 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 2019年07月の記事一覧

2019年 7月 30日 過去問の進め方(二次・私大ver)【海老名健太編】

みなさんこんにちは。

担任助手の海老名です。

サッカーを観るのが好きなんですが、

先日海外の強豪クラブが日本に来るというので観にいってきました。

もうかっこよすぎましたね。一生忘れられません。

いつかまた観にいけるといいなあ…

 

さて今回のテーマは、過去問の進め方(二次・私大ver)です。

過去問を解くにあたって大事なこと

①めげない

②作戦を立てる

の2つを話したいと思います。見ていってください

 

①めげない

二次・私大の過去問を始めるにあたって、「いつはじめればいいの?」という声をよく聞きます。

まず出来そうな科目から進めてみましょう!自信のある科目、得意な科目。とにかくやってみることが大切です。

そしてこう思うはずです。

 

全然解けない…おれダメかもしれない…

 

これだけは言いたい

 

絶対大丈夫!!

これから数ヶ月かけて問題を解けるレベルまでもっていくのです。最初から解ける人なんてほとんどいないでしょう。

過去問を上手く使えば、数ヶ月後の自分は相当解けるようになっているはず。

だから大事なのはめげないで挑戦することです。

 

②作戦を立てる

過去問を進めていくとき、作戦を立てましょう。

作戦ってなんだよ……と思うでしょう。

 

作戦というのは

志望校の教科ごとの配点、形式、時間配分、難易度

などのことを調べて、

自分に足りないものは何か、本番どういう時間配分でいくのか、これから何に重点を置いて勉強していけばよいか

などのことを知ることです!

 

この作業がとても大事。過去問をやってみれば、自分に足りないものが明確になって勉強しやすくなるのではないでしょうか?

 

 

この①めげない②作戦を立てる、という2つのことがなにより大事だと思います。

個人的に相談したいという人は、ぜひ校舎で話しましょう

なにかチカラになれるかもしれません。

おわり。


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼
明日のブロガーは?

あの面白い先輩。

理科大忙しそう!!

わかるだろ
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

2019年 7月 29日 過去問の進め方(二次・私大ver)

こんにちは!担任助手の井上です。

最近(7/18日現在)雨の日が多くて嫌になっちゃいますね。暑くないのはいいんですが…

今日のテーマは

「二次・私大の過去問の進め方」ですね~

今回は過去問演習講座の進め方を中心に話を進めたいと思います。

その前に、過去問演習はそもそも何のためにやるのでしょうか?やる前に目的をはっきりさせておきましょう。

これはあくまで私見なのですが、

過去問演習をやる理由は2つあると思っています。

一つめは、

志望校の傾向を知ること

ここまでは皆さんどこかで聞いたことある人が多いのではないでしょうか

しかし、それだけだとなぜそんなに早くやらなければならないのかという疑問が起こります。

ということで、二つ目は、

自分の勉強を志望校に合わせて軌道修正するため

大学入試は受ける大学・学部によって問題の傾向が異なります。ちゃんと範囲を終わらしていても、どうしても穴ができてしまいます。

自分は国立の文学部を志望していたのですが、受講が終わって過去問にはいって古文の和歌の知識が足りないことに気がつきました。授業でも和歌は一応触れますが、覚えておかなければならない枕詞が一覧にしてある程度です。僕の志望校にはもっと深い知識が要求されました。

このように、志望校に合格していくためには軌道修正が必要なのです。(お前は結局受かってないじゃないかという話は置いておいて下さい)

軌道修正する時間が多ければ多いほど有利になります。皆さん受講はお早めに…

では、早速本題に入りましょう!

過去問演習を進めるうえで一番大切なことは、

「計画性」だと思います。

過去問演習には想像以上に時間がかかります。

というのは、まず問題を解くのに一教科あたり90~120分かかり、復習するのに同じくらい、ないしはそれ以上の時間がかかります。それが3~5教科となると一年分こなすのに、少なくとも9時間かかります。これを計画を立てないでなんとなくやっていると、あっという間に一月です。

過去問演習は受講以上に計画性が求められます。残り時間から逆算して十年分が後何周できるかを考え、週・日単位の計画に落とし込んでいく。

しかも、志望校後違うから計画も人によりけりなのです。

計画をしっかり立てられるかは合格を大きく左右するのです。

東進では8月末までにセンター過去問十年分、二次・私大過去問十年分を終わらせる目標になっています。

もしこれ通りに進めることが出来れば、十二分に軌道修正の時間が取れます。

皆さん頑張りましょう!

2019年 7月 27日 過去問の進め方(センターver)【齋藤友優也編】

こんにちは!

齋藤友優也です!!

 

猪俣さんが言っていた通り、今日‼髪を切って、カッコよくなっています(予定です)!!

校舎で見かけたらほめてください!!カッコよくなっています!

(予定です!!!)

 

 

 

 

さて、今、真顔で読んでいる皆さん。(ばれてますよ。)

更新されている今日は台風が来るようですね。

皆さん生きていますか…‼

 

元気な姿を校舎に見せに来てください!!!

 

 

待ってます!!!

 

 

(なぜ左に寄っているか気になった方も校舎に来てください!!!)

 

最近蒸し暑いですね。水族館にを感じにいきたいです!!!

行きたいだけです!!

 

時間がなくていけません。僕の夏休みは八月からなので、だれか連れていきます!!!

 

 

 

 

 

(予定です!!!)

 

 

 

 

 

 

 

さて本題に入ります

 

センター過去問の進め方についてですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんやっていますか⁇

 

 

 

 

 

僕の担当のグループミーティングの生徒間でも差が出てきてしまっています

 

 

 

 

 

センター過去問の進捗がグループミーティングごとに掲示されているのはご存知ですか⁇

 

 

 

毎週毎週更新するのが楽しみなのですが、

うまく進められていない子

後回しにしてしまう子

がいるようです。

 

結論から言います、

 

 

 

 

 

 

今すぐやろう…。

 

 

 

 

 

 

 

今すぐやろう…!!

 

 

東進ハイスクールはほかの予備校より早くセンター過去問を始めさせています。

 

理由としては、センター過去問をやって分かった苦手範囲を復習する時間も計算してあります

 

そのツールとして単元ジャンル別演習が進化してやってきます!!

 

失敗談として、僕は過去問から逃げて、苦手つぶしの時間が無くなってしまいました

 

その結果、受験の年末年始ごろの記憶がありません

 

 

必死でやっていました

 

 

 

 

 

(詳しくは本人まで)

 

 

 

 

一回しかない受験生活、必要以上に自分を追い込む必要はありませんよね

 

なので、ためていた人も忘れていた人も逃げていた人も

 

 

 

 

 

今すぐやろう…

 

本当に…。

 

 

 

自分は逃げてしまった人なので

このくらいのことしか言えません

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の失敗から学んでください!!!

 

 

 

 

つらくなったら、受かった時の自分を想像してください!!!

 

 

 

 

この夏で、志望校に少しでも近づいてください!!!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼
明日のブロガーは?

先輩って呼んでしまう同期!!!

隠れ面白キャラ!

俺より背が高いの腹立つ!!!

 



わかるかな~
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

2019年 7月 27日 過去問の進め方(センターver.)【猪又英里花編】

こんにちは!担任助手の猪又です


最近ものすごく暑いですね!暑いとさらにアイスが美味しく感じます。
高2のときはMAXで1日アイス8こたべてましたがもうそんなことはしません
東進の下にファミマができたのでアイスいつでも買いに行けて嬉しいです

 

さて、今回のテーマは【過去問の進め方(センターver)⠀】です!
私は私立文系の世界史選択でした!


センター試験は、絶対解けないような難しい問題はなくて、基礎的な問題が集められているので、知らなくて解けなかった、、、って問題はなくしたいですよね

なので私は、進め方にはこだわりはなかったんですけど、過去問→復習→大問別っていう流れで、過去問の採点システムでわかった自分の苦手な分野を潰せるように復習を大切にしていました。

 

例えば、英語の過去問で、英文法のところが点数取れてなかったら、解説を読んで理解する→大問別の文法のところを何回か解く→それもできてなかったら英文法の勉強に戻るっていうサイクルを繰り返しました。

何回か演習を繰り返すと、知識も身につくので効果的だと思います。

過去問をたくさんとくことで形式や時間配分だけじゃなくて自分の苦手が浮き彫りにもなったりもします!

 

世界史日本史、過去問にでたやつはもうでないだろうなー。って思っていると危ない!(私はそうでした)

ちょっと姿を変えて意外と何回も出現するので、過去問に出たやつこそ気合をいれて完全に覚えたいですね🔥

あとは、個人的に良かったことは、朝1でリスニングの過去問をすることです。集中できるし、頭がシャキッとする感じがしてオススメです。

朝活でもリスニングやっているので早起きしてみんな出席しましょう!👊

以上です!


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼
明日のブロガーは?

今髪の毛長めで日曜日に髪の毛を切るらしいあの人!

生徒の時グループミーティング一緒だったあの人!

いつも元気でおもろいあの人!



わかるかな~
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

2019年 7月 26日 過去問の進め方(センターver.)【鈴木雷人編】

こんにちは!

柏校の担任助手の鈴木雷人です!

皆さん夏休みどうですか!僕は大学初めてのテスト期間で何というかやばいです!

目の前のテストのことばかり考えていると後半に控えてる手ごわい科目を忘れがちです!

みなさんは気を付けてくださいね(遺言)

夏休みも始まった皆さんたくさんの勉強時間を確保するチャンスです!応援しています!!

みんなの夏の頑張りに負けないように僕も頑張ります。

さて今回のテーマは「過去問の進め方(センターver.)」です!

僕は知っての通り私立理系なのでそっちを志望している人向けになってしまいますがよろしくお願いします。

僕が受験生時代にセンターで使った科目は英語、国語、数学、化学の4教科です。

センター試験を繰り返し解きなおすことの大切さはほかの人が言っての通りなのでぜひそちらを見てみてください!

僕は実際のところ第一志望の大学にセンターの得点が関係ありませんでした。なので2次試験などに向けてどのようにセンターの問題を活用したか紹介したいと思います。

まずセンターは基礎的な問題から構成されているので、自分の勉強の土台となる部分の確認をすることができると思います。

つぎにセンターの問題の中では2次で聞かれてもおかしくないような知識について聞かれることもあります。

例えば、化学の選択肢の中に2次で問われるほどの細かい知識が出てくることもあります。実際のセンター試験中に解く際には明らかに正解の選択肢があるのでその選択肢を吟味せずとも問題自体は解くことはできますが、2次で化学を使う人はあえてそのようなところまで拾い集めて自分の知識にすることで2次の知識問題にも対応できると思います。

またセンターの点数をある程度とることが可能であれば、センター試験利用入試も視野に入れることができると思います。僕が実際にセンター利用を使ってよかったなと思ったところは、わざわざその大学の2次対策をする必要はなくまた、体力的にもきつい受験期にその大学に行かずに済むからです。また僕の志望していた薬学部は入試日程が他大学同士近かったので連日入試も考えられたのですが、センター利用で抑えることでそれを回避することができました。

こんなところですかね。

 

△▽△△▽▽△▽▽△△▽△

明日のブロガーは?

ミス明治No.?

わかるーーー

 ▼△▽△△▽▽△▽▽△△▽△