11月 | 2018 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 2018年11月の記事一覧

2018年 11月 20日 私の成し遂げたいこと【菅谷瑞貴編】

 

こんにちは、菅谷です。

気が付けば2018年も残り少し。

寒くなっているので皆さん体調には気をつけて下さいね!

特に受験生!うがい!手洗い!

意識していきましょう。

本題に入ります。

 

今週のテーマは「私の成し遂げたいこと」ですが、

成し遂げるなど恐れ多いので(笑)、今後の目標について話してみたいと思います。

ずばり今後の目標は

 

「人々の生活に最適な保険を提供し、家族の一生をサポートする」です。

 

私は4月から生命保険関係に就職するのですが、そのきっかけの1つに現在の担任助手の経験があります。

 

人生の大きな分岐点になりうる大学受験をサポートさせて頂くことを通じて、人生の1地点のみではなく、より多くのターニングポイントに関わり、人生全体をサポートしたいと考えました。

 

そして生命保険というのは人生の多くのターニングポイント

 

(うれしいことで言うと例えば、家庭を持った時、家族が増えた時など。  悲しいことで言うと、重い病気やケガをしてしまったとき、大切な人が亡くなってしまったときなど。)

 

を支える存在であり、個人から家族にまでその範囲が及ぶということを知り、自分のやりたいことに最も近いことだと感じました。

 

以上が目標に至った経緯です。

 

すごーく簡単に書くとこんな感じです(笑)。

 

まだまだ書き切れないことはたくさんあるので、気になる人はいつでも聞いてくださいね!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて、明日のブロガーは~~~

 

USA

頼りになる後輩

俳優の田〇圭さんに似てるらしいよ(笑)

 

みんな明日のブログ絶対読んでね!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

 

 

 

2018年 11月 19日 私の成し遂げたいこと【内村恵実編】

 

こんにちは、担任助手の内村です。

 

もうそろそろ11月も終わりですね…

知っている子も多いと覆いますが、大学の春休みは2月頃から始まります!

私の大学は、夏休みが短い分、春休みが長く、1月後半から春休みが始まります。

 

今までは春休みがとても嬉しかったけれど、

春休みが始まるということは私の大学生活も終わりに近づくということです…

 

あっという間の4年間で

なんだか寂しいなあと少し感じています(笑)

 

それでは、今日のテーマについて書きたいと思います!

 

今日のテーマは、私の成し遂げたいこと

 

私の成し遂げたいことは、

行動のきっかけづくりに携わり、人々を楽しませることです!

 

私がこのように思ったのには、

担任助手の経験が大きく関わっています。

 

担任助手の仕事をしていると、

生徒の皆さんと話す機会がたくさんあります。

 

そのときに、自分の言葉がきっかけとなり

生徒の行動が変わったことがすごく嬉しかったです。

 

例えば、なかなか志望校について考え始めなかった子が

大学紹介のイベントを通して志望校を決めてくれたり、

 

勉強へのモチベーションが下がっている子が

面談を勉強を頑張り始めてくれたり…。

 

この経験から、

人の行動のきっかけづくりに携わりたいと思うようになりました。

 

 

そして、人々を楽しませることについて。

 

私は、何か楽しみを持っている人は

生活が生き生きとしているなと思います。

 

私は高校時代、チアリーダー部に所属しており、

全国大会に出場したことがあります。

 

朝練、昼練、放課後練に夜連。

土日も関係なく毎日部活の日々を送っていました。

 

朝は5時半に家を出て、夜は23時近くに帰宅する高校生活を送っていて

正直辛いなと思ったことは何度もありました。

 

でも、頑張ることができたのは

全国大会の舞台が楽しみだったから!

 

全国大会の舞台は幕張メッセ。

普段はテレビで見ていた会場で踊ることができて、

何千人もの人が応援してくれる非日常的な空間が楽しくてしょうがなかったです。

 

今までの人生で一番大変でしたが、

一番充実してた時間だったなとも思います。

 

だから、何かを頑張るには楽しみも大事だと私は考えています!

 

 

春から、私は広告関係のお仕事に就きます。

 

広告とは、人の行動のきっかけづくりになるものだと私は思います。

 

例えば、

カメラのCMが素敵だったからカメラを買ったら

週末景色が綺麗な場所に足を運ぶようになって楽しみができた

など。

 

何かを知ることや買うことのきっかけづくりに携わり、

頑張る人々に楽しみを与えたいなと思っています。

 

 

このブログでは、語り切れなかったことも多くあるので

気になる人は直接聞いてくださいね!

 

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて、明日のブロガーは~~~

 

ポルトガル語

背が高い

野球部だったのが意外

 

尊敬する大先輩です。わかるかな?

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

2018年 11月 18日 担任助手が高校時代に頑張っていたこと【吉川千晴編】

 

こんにちは、毛布を愛してやまない女、吉川です。

大好きだよ毛布、ずっと一緒にいようね。

 

 

そうそう、最近家の近くの公園での集会が開かれているんですね。

6匹ぐらいでじゃれあっていて結構うらやましいです。

肌が恋しいんですかね、絶対そう。

私も寒いので(?)その場に行ってと戯れています。

そうすると大体電車が私を置いていきますね。

なのでここ数日は学習して家を早く出るように心がけています。

でもそうすると毛布と一緒にいられる時間が減るんですね…

やっぱり一つのものを一途に思い続けるべきですね。

今日は毛布電車、どれにしようかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

なんの話

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあテーマにうつろうか!☆

今回のテーマは【高校時代に頑張っていたこと】ですねぇ。

 

今日までこのテーマなのですがきっと他の担任助手のみなさんは

だいたい部活って書いているでしょう。

ふっふっふ、聞き飽きたぜ。

私はというと、なんと

 

 

 

 

 

 

どーん!!!!!!

 

 

 

 

 

 

部活ですね!!涙

 

 

 

 

 

 

もう本当にすみません。

いろいろ考えたのですが、やっぱりこれにつきました。

だから書かせてください…

 

 

私は小金高校の吹奏楽部に所属していて、ホルンという楽器をやっていました。

 

 

 

 

こんな感じですね。

 

小学生の時からずっと何かしら楽器をやっていたので迷うことなく吹奏楽部でがんばろうって決めたのですが

この部活、思ったよりゆるかったんですね。

 

え?大丈夫?今回のテーマ高校時代頑張ったことだよ?

とお思いのみなさん、

 

 

おちついてぇぇぇぇぇぇぇ

 

 

中学の時の方が練習もきつくて、休みも思ったよりあるなぁみたいな。

そんな感じでした。

でも春休みに海外の学校と演奏会をするためにアメリカに行ったりできて、それはそれで充実していました。

 

そしてここからが大変、2年生になってなんと

顧問の先生が変わっちゃったんですねぇ。

 

前の先生とやり方が変わった、出るイベントやコンクールも変わった、求められる結果が変わった、引退時期も変わった、練習の雰囲気も変わった、今までは怒られなかったことを注意されるようになった、私達の中の部活に対する考え方もひとそれぞれになっちゃった。っていう状態です。

 

私達2年生が幹部の年だったのでかなり精神えぐられました(笑)

 

でもこれって経験ある人いるんじゃないかなって思います。

自分が生活してきた環境が意図せず変わってしまうこと。

たぶんこれからもあるだろうなぁとも思っています。

 

私はこの時、高校生なりに

臨機応変に対応する力」と「集団での意識統一の大切さ

を学びました。

具体的に何を頑張ったってわけではないんですけど、この経験はこれから活きるだろうなとすごく感じています。

 

 

あと、すごく大事な話をします

引退した後ですね、受験一本になった私は

 

誰よりも早く教室からでることに

全力をそそいでいました

(結構本気で)

 

小金高校の人、分かると思うのですが

下駄箱に一番近い教室だったので(当時の3C)

いっちばん最初に教室を出て、サ〇ランの横の道をガンダしてました。

一緒に東進通っている友達なんて関係ない、私は私だと思っていたので全員置いていきましたね。どうりで友達いないなぁ。

東進について登校チェックするときが一日の疲れのピークでした。

そうでもしないと5限に間に合わないんですよね。小金あるある

 

これも一応頑張っていたことなので書いておきます。

 

書いていたら高校生戻りたくなりました。

みんないいなぁって本当に思います。

楽しんでね高校生、本当にあっという間だよ。

 

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて、明日のブロガーは~~~

 

 

サ〇リオピュー〇ランド出身

ピンク

今年の紅白司会、頑張ってください!

 

 

本当に大好きな先輩です。

みんな明日のブログ絶対読んでね!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

 

2018年 11月 17日 担任助手が高校時代に頑張っていたこと【藤本理英編】

こんにちは

担任助手の藤本です

今からどうでもいい話をするので、どうでもいい部分を読みたくない方は青色の部分を読み飛ばしてください!いきますよ〜〜〜

ほんとにめちゃくちゃどうでもいいんですけど(3回目)、揚げ出し豆腐ってすごい美味しくないですか?

あんなに柔らかい豆腐を、崩れるかもしれないというリスクのなか揚げようと思った先人は天才でしかないですね…

私が通っている筑波大学にはいくつか食堂があって、個人的にいちばん美味しくて安いと思っている二学食堂というところがあるんですけど、そこではバイキング形式でメニューを選ぶことができるんですね。

なんとそこに、30%くらいの確率で揚げ出し豆腐があるんですよ。

もう、見たら絶対に選んじゃいますね~

前に、サバの味噌煮と揚げ出し豆腐と切り干し大根を選んでいたら、メニューの可愛げのなさに友達に引かれました。

でも茶色いものって大抵美味しいですよね!(たとえばモンブラン)

 

前置きがまとまらなくなって困っているんですけど、気にせず本題に行きましょう

 

 

今週のテーマは

「担任助手が高校時代に頑張っていたこと」

ごめんなさい

みんな部活なことは分かっているんですけど…

やっぱり私も部活ですね

私は中高で吹奏楽部に入っていて、基本的に学校がある曜日は毎日練習があったので週6で活動している感じでした(毎日ではない)

私が通っていた高校、まあ色々な規定が厳しめでして、完全下校時刻が厳密に決められていたんですね。

その影響で、夏は15:50~17:00、冬は15:50~16:40しか部活動の時間が確保されていなかったんです(え?)

 

え???

短すぎwwww

 

そんな声が聞こえてきますね!

その通りです!私もそう思います!

ここまで読んで気付かれた方も多いと思うんですけど、一般的な高校より部活への理解があまりない(というと怒られそう)、放課後の時間はお勉強がんばろうね!って感じの高校だったんです。

小学校の頃は中学受験をする関係で部活には入れなかったので、「中学からは毎日活動があって厳しめの部活にがっつり入りたい!」と思っていた私は少し拍子抜けでした。

それでも、学校の場所が柏からは結構遠くて、登校には1時間、下校はなんだかんだ2時間弱かかるし、放課後に練習できないぶん朝練があったので、部活の時間は短くても意外と勉強時間の確保は難しかった気がします

そして、色々な規定(2回目)によって定期演奏会を実施することができなかった私たちは、年に1回の文化祭が唯一の外部公演でした。

(文化祭と言っても、クラス発表がない部活発表だけのもので、みなさんが想像するような華やかなものではないんですけど…)

私は高2のとき、吹部の文化祭長的なものをやっていて、本番直前の1週間とかは勉強なんて1分もしない日が続きました…

やっぱり計画的にやらないとダメ。

でも逆に、それ以外の日は毎日ほんの少しでも勉強時間は確保していて、何にもやらないと寝る前にソワソワするような体にはなっていたので、学校の指導っていうのは怖いものですね…。

先生にたくさん怒られたし、同期とも何回も揉めたし、テスト前日なのに資料作り終わらないし、、、今思えば懐かしいけど、キャパ狭人間だった高校生の私にとってはめちゃくちゃしんどかったです。

それでも、終わってみればやっぱり楽しかったなあと思いますし、自分の高校時代の思い出を聞かれたら一番に部活が思い浮かびます。

前置きに引き続き本題もまとまらないんですけど、想像以上に長くなってしまったのでここらへんで終わりますね。

 

とりあえずみなさんに伝えたいことは…

楽しいことちょっと辛いけど未来の自分に必要なことのメリハリをつけて、計画性を持って高校生活を過ごしてほしいです!

これとっても難しいですけど、未来の自分を想像して、踏ん張ることを意識してみてください!

おわり

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて、明日のブロガーは~~~

 

 

かわいい

やさしい

いけめん

 

 

な私と同期のおんなのこ!

ちょっと褒めすぎちゃったね!

でも分かるはず!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

 

2018年 11月 16日 担任助手が高校時代に頑張っていたこと【一色凌編】

 

みなさん、

人はなぜ生きているのでしょうか?

 

……

 

いやそんなの知るかよという話ですね。

そうです。人は自分が生きている理由を知らないのです。

というか、生きている理由は多分、ないです。

 

生きている理由がないのだから、

人間には「絶対やるべきであること」は何もないとも言えるでしょう。

極論、「生きているべきである」ということもありません。

 

なぜこんな話をいきなり始めたかというと

 

「人生って結局楽しまないと意味なくね?」

 

と思うからです。

 

人生など本質的に無意味なのだから、

せめていい思いをしながら生きたいし

いい思いをしながら死にたいじゃないですか。

 

生きていても意味ないのに生に執着したり

楽しくないことややりたくないことに必死になったり

そんなのもったいない!

 

僕はそう思って今まで生きてきました。

 

 

確かに僕は受験勉強をそこそこ頑張ったし、

いかにも”社会に貢献する”って感じの将来の目標があるけど

全部自分がそうしたいからそうしただけであって

 

「受験勉強は頑張らなければならない」という

観念に縛られていたわけではないし(多分)

「社会に貢献するのは人間の義務だ」などとは思っていません。

 

ただ自分がそうしたいからするのであって、

やりたくないのに無理する意味はないじゃん!と思うわけです。

 

ただし、「やりたいことをやろう」とは

「行き当たりばったりに生きよう」ということではありません。

自分の将来像を描いてそこに向かって前進すること、それこそが

「やりたいことをやろう」

ということなのです。

 

「めんどくさいから勉強しない!」ではなく、

大学に入らなくても自分のやりたいことができるというイメージを

明確に描いてから受験勉強をやめる、ということなのです。

 

そういうわけで、僕はやりたいことは

できるだけ多くやろうとしてきましたし、

今もそうしています。

 

 

やっと本題に入りますが、僕は高校時代

 

サッカー部にいました。

 

生徒会の副会長を高1の春から2年間やりました。

 

3年間文化祭の運営をやりました。

高3のときは文化祭の幹部(まあ要するにえらい人)でした。

 

高3のハロウィンで学生運動の仮装をしました。

 

センター試験の後に2次試験の勉強をほったらかして

卒業式の出し物の準備をしました。

 

他にもあれこれやってました。

 

やりたいことは全部やる。中途半端にはしない。

高校時代に頑張ったことはこうまとめられるでしょう。

 

しかしながら僕にも当然後悔はあって、

高2の夏まで勉強をさぼりすぎて受験に間に合わない可能性が高くなり、

サッカー部をやめるという決断を下すこととなりました。

 

やりたいことを全部やり遂げる方法はあった。

自分のやりたいことと残された時間を整理して、

すぐに行動するべきだった。

しかしそれに気づくのは遅かった。

 

みなさんは自分のやりたいこと、やれてますか?

やりたいことを全部やるのは、おそらく無理です。

でも、いくつか選びとってそれをやり遂げる方法は必ずどこかにあります。

 

 

 

僕は大学生活で理想の将来像に向かって少しずつ進んでいるところです。

これを読んでいる皆さんにもぜひ、

「やりたいことをやる」

人生を送ってほしいと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!