1月 | 2020 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 20日 センター試験以降の過ごし方【齊藤豊馬編】

 

 

皆さんこんにちは。3年生はセンター試験お疲れ様です。

 

 

前回のブログで吉野さんからご紹介を受けました。

そうです。私が「センター試験で大事件を起こした」齊藤です。

何しちゃったの?と気になる方のためにその事件についてお教えしましょう。

 

 

えーまずはじめに、どれだけの大事件だったかが一目でわかるものをお見せします。こちらです。

 

フリー写真素材|人物|男性|見上げる|驚く|モノクロ写真|イギリス人|

 

 

こちらは、センター試験後に自己採点をやり終えた齊藤豊馬青年(イメージ図)でございます。

彼は今、思考が完全に停止しています。おそらく呼吸をすることも忘れているでしょう。

それが神から与えられた唯一の使命であるかの如く、なんの変哲もない部屋の天井をただ見つめていますね。

とてつもない大事件を起こしてしまったのがはっきりとわかります。

 

 

じゃあ、その大事件とは何だったのか。

 

 

もうお気づきの方も多いかと思いますが、

 

僕はセンター試験、大爆死しました。

 

ただの爆発ではありません、あれは超新星爆発でした。星が消滅するレベルです。

あまりの衝撃に、当時の東進柏校のスタッフの方々を激しく動揺させてしまいました。

自分としても、人生の最大の汚点過ぎてもう思い出したくもありませんねぇ…….

 

 

 

 

ただ!ここで言いたいのは、

一度はどん底に落とされた僕でも、無事に大学生になれたということです。

大変な絶望を味わった者が合格を勝ち取ることができた。

これはつまり、「どんな失敗をしてしまってもチャンスは必ずある」ということを身をもって証明しているのです!

 

 

だから、どんな結果であっても、受験生のみんなには諦めないでほしいのです。

 

 

そこで、どん底から這い上がった僕が、実際の経験から、

全受験生が諦めることなく最後まで走り抜けていけるように

自論ではありますが、いくつかアドバイスしていきたいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

【アドバイス① 開き直っちゃえ】

センターで精神的にやられてしまった僕が、立ち直れた要因の多くはこれにあります。

いきなり精神論かよ、とか思うかもしれませんが、これは結構重要。

勉強どうこう以前に内面が整理されないと成せるものも成せなくなってしまいます。

心を整えることを最優先にしましょう。これはセンターが上手くいった人にも言えます。

特におすすめなのが、自分の夢・志を再確認することです。

自分が目指すものは何だったかを改めて把握することで、センターが上手くいった人は、志望校合格に向けて意志をさらに確固たるものにできるし、だめだった人も、新たな道を模索し、自分を奮い立たせる動機を生み出すことができます。

センターの結果がどうした。くそくらえ。

センター後に気持ちが沈んでいた人は、そうやって上手く開き直ることが大事なんです。夢への道は1通りではないですからね。

 

 

 

【アドバイス② 最適解の学習を心がけろ】

走るべき道筋を把握できたなら、あとはその軌跡をどれだけ上手く描くかが大事です。

具体的に言えば、合格のために必要な勉強を常に考えて実行しよう、ということです。

センター試験後は本当に時間が限られてきます。

ですから、無駄をできるだけなくした学習が要求されます。

なので、常に今の自分が優先して取り組むべきタスクが何なのかを考えることが重要です。

実際に僕も、毎朝その日にやるべき勉強をリストアップして行動を明確にしたり、日々の終わりに今日はどんな学習ができたか自分自身にフィードバックをしたりして、効率よく勉強できるように努力してました。

上手く時間を使える人は本当に強いですよ。

 

 

 

【アドバイス③ いろんな人と話をすること】

どうしてもこの時期は勉強最優先になって、内に内に向く時間が増えると思います。

しかし、そういう時こそ人と適度に会話すべきだと僕は思います。

例えば、担任助手から、勉強の仕方を教わることで、今まで実践してこなかった学習を知れたりしますね。

友達と苦手教科の克服方法について話してみることで、苦手分野に対して新たな視点を得ることができるかもしれない。

例を挙げればきりがないですが、人との関わりから得られるものもたくさんあります。

座学ももちろん大切ですが、リフレッシュもかねて、誰かと会話するのもおすすめです。

しゃべりすぎはだめですけどね(笑)

 

 

 

 

 

ということで、以上僕からのアドバイスでした~

これらのアドバイスは最初にも言いましたが、僕の自論なので諸説ありです(笑)

ただ、少しでも皆さんを勇気づけられていたなら幸いですね。

 

 

さて、受験勉強もあと残りわずかです。

皆さんが最後までやり切れるように僕も精一杯サポートしますので、一緒に頑張りましょう!

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

みんなが志望する大学に

受かるように

雷人担任助手とお祈りしてた人!

 

縦読み!お楽しみに!
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

2020年 1月 19日 頑張れ受験生!応援メッセージ【吉野美咲編】

1年ぶりの登場、柏校担任の吉野です!

センター試験2日目ですね。

良くも悪くも想像していなかった結果が出た人がいたのではないでしょうか。

悪い方向に向かった人。
挽回のタイミングを考えましょう。
センター2日目なのか、私立大学の1発目の試験なのか。

落ち込むな…とは言えないので、美味しいご飯を食べてしっかり寝て自分を元気にして下さい。
そして、明日からまた頑張る。
もちろん、センター試験の復習も必ずしてくださいね。

そして

良い方向に向かった人。
敢えて厳しいことをいいます。
センター試験で大学合格はまだ決まりません。
センター利用入試でもまだ合格は出ていません。

ここで喜んでしまって勉強に身が入らなかった受験生が過去には沢山います。
その先輩たちの結果は、想像して下さい。
嬉しい結果は待っていませんよ。

 

受験直前(むしろ当日)にこんなに暗くて厳しい話をするのも気が引けますが。
敢えて言います。

ここから先が受験生の本質を問われます。

期待と不安に満ちた受験勉強期間ではなく。
他人に自分の努力を“合格”と“不合格”の2つに分けられてしまうシビアな時がやってきます。
この2ヶ月の中で、自分の努力に合否をつけられてしまうんです。

その中でどれだけ自分の芯を強く持てるか。
他人の価値付けに惑わされずに、自分の価値を信じて駆け抜けられるか。
それが皆さんをの成功を分ける鍵になります。

大学受験はただ勉強の成果を問うものではないです。
学力だけではなく、皆さんの人間力を問われます。
辛いことでもやる切る忍耐力、眠いときでも踏ん張って勉強する体力、迷ったときに自分で答えを出せる論理的思考力、しんどいときでも周りの人に感謝を伝えられる気持ちの余裕などなど
あらゆる場面で人間力を問われて、そして培っていく事ができます。

この2ヶ月間、毎年びっくりするくらいみんなが大人になっていきます。
この仕事をしていて、幸せを感じられる期間です。

今、このブログを読んでいる受験生。
是非、この受験勉強を通じて大きく成長して下さい。
そして、素敵な大人になって社会で活躍して下さい。

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

センター試験で大事件が起きた!

今は将来に向かって全力で頑張っている

素敵な人財!

お楽しみに!
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

 

 

2020年 1月 18日 頑張れ受験生!応援メッセージ【松田涼汰編】

 

こんにちは、柏校担任の松田です。

いよいよセンター試験1日目を迎えましたね。

急ですが、受験生の皆さんに私の好きな歌手Mr.childrenの「祈り~涙の軌道」という曲で届けたい歌詞があるので紹介します。

『忘れないで、君に宿った光。いつまでも消えぬよに見守りたい。 さようなら×3 夢に泥を塗りつける自分の醜さに』

理由は人それぞれだと思いますが、自分はこんなことしたい、大学に行ってこんな勉強をしたいといった想いがあったと思います。

 

まずはそれを今一度原点回帰して思い出してください。

 

何のためにこれまで頑張ってきたのか、センター試験当日ではありますが、原点回帰して頑張って欲しいです。

 

まだまだ紹介したい曲はありますが、この辺にしておきます。

 

私から受験生にメッセージを送るなんておこがましいくらい皆さんが頑張っている姿を校舎で見てきました。

今までやってきたことを自信を持って出し切ってきてください。

とはいっても、不安や緊張はあると思います。

 

私事にはなりますが、自分自身も緊張に強いほうではありません。

なんなら緊張しいなくらいです。

 

緊張しい歴が長い私だからこそお伝えできるおすすめの考え方を紹介します。

まずは自分は不安なんだ、緊張しているんだと俯瞰的に捉えることです。

 

不安だから、緊張しているからダメということはありません。

自分自身の心境を理解し、受け止めること。

 

あとは、緊張している、不安な自分を楽しむことです。

私は不安だから怖いと思わないようにしています。

 

「自分今不安やわー、やばくない? めっちゃ楽しいやん!」

 

相反する言葉が並んでるように思えますが、意外とこう思うだけでも自分自身を鼓舞できます。

 

何事も気持ち次第です。

 

今まで頑張ってきた皆さんなら大丈夫。

自分自身を信じて最後まで戦って来てください。

応援しています!

 

あと、結果がよかった、思うようにいかなかった関係なく校舎に来る。これも大切なことです。

慢心、極度のへこみは何よりも大敵です。

 

センター試験が終わって、校舎に来るのを柏校スタッフ一同待っています。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

柏校のみなさんなら知らない人はいない

柏校担任でものすごく頼りになるあの方です。

お楽しみに!
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 17日 頑張れ受験生!応援メッセージ【杉崎智哉編】

 

いつも通りの力を発揮するために必要な

受験をする前に知っておきたい3つのこと

 

 

おはよう、こんにちは、こんばんは、

センター試験前日が知らない人でごめんなさい。
どうも、杉崎です。

年が明けて東京オリンピックイヤーだ!と盛り上がっている日本国民。
年が明けても東京オリンピックではなく受験で頭がいっぱいな受験生諸君。
気持ちよくオリンピックイヤーを迎えられるように、今日は、
いつも通りの力を発揮するために必要な

受験をする前に知っておきたい3つのこと、
をつらつらと書いていきたいと思います。
参考になるかはわかりませんが、

二次試験でも使えると思うのでぜひ読んでみてください。

 

[①受験会場に着いたら最初にトイレを探す]


「一発目からふざけてるぞこの知らないやつ」

という声が聞こえてきそうですが、

大真面目の大真面目。
受験はとても緊張するものです。
ちゃんと解けるかなー?と不安になる人も多数いるでしょう。
緊張や不安からどうしても

お腹が痛くなってしまう人が出てくるかと思います。
僕もそのひとりでした。緊張するとすぐお腹が痛くなる。困ったものだ。
お腹が痛くなったらトイレに行けばよい話なのですが、
受験会場は普段通っている高校や予備校と違い知らない場所です。
そのため、トイレの場所を把握していないと、

トイレに向かうまでに時間がかかってしまいます。
案内が「あるからトイレに行きたくなったら探せばいいのでは?」

と言う人もいるかもしれませんが。
残念なことに休み時間のトイレはめちゃくちゃ混雑します。
ワンフロアに複数ある教室をすべて埋め尽くしている受験生に対して

トイレはいくつあると思いますか?
せいぜい2か所がいいところでしょう。

そこにたくさんのお腹痛いマンたちが集まるわけですから。
受験会場はトイレの争奪戦となります。
トイレに行きたくなってから探していては遅いことがわかるでしょう。
そこで、しっかりと試験が始まる前にトイレの位置を把握し、
休み時間になったらどのルートでトイレに向かえばいいのかを決めておくのは

精神的にも重要かと思います。
ぜひ受験会場についたらトイレをいち早く探してみてください。

安心するはずです。

ちなみに僕の通っている早稲田大学の、ある受験会場は

100人ほどの受験生に対して、

男女ともにトイレが1つしかありませんでした。
(教室の反対側まで行くと実は10個ほど便器があるので、

教室についてすぐにトイレを探した僕は勝ち組でした。)

 

[②試験直前のルーティン]


 受験会場に着いて、トイレを探して、一段落ついたら

教室で静かに待機してると思います。
このときみなさんは何をしているでしょう。
担任助手からのメッセージを読んだり

かわいい子やイケメンを探したり、

勉強したり

と色々あると思います。
まぁ直前なので普通は勉強していると思いますが、

その勉強って何をしているでしょうか。
試験直前、割と落ち着かないために

雑にテキスト読んでいても頭に全く入ってきません。
なぜか普段はやらないような勉強をしてしまったりします。
これだと、ただ、ただ時間を無駄に消費してしまいます。
最後の最後まで1点にこだわって点数を高めたいですよね。
そのために何をするかというと、

あらかじめ決めてるいつも通りのことをやる、
つまりルーティンを実行するわけです。
野球のイチロー選手やラグビーの五郎丸選手など、
極限のプレッシャー人と闘ってきた人たちには

必ずと言っていいほどルーティンがありましたね。
ルーティンをする理由の一つとしてはやはり、

「いつも通りの力を出し切る」ということがあるかと思われます。
僕の場合は

科目ごとにテキストの見返すページや項目などを予め決めていました。
よく忘れる英単語や、数学の公式、化学式などなど、
直前に見返しておきたい内容をひとまとめにしておくだけで

点数は大きく変わるかもしれません。
試験によって休み時間の長さが異なるので、

どれくらいの時間で見返せるかなども知っておいた方が良いかもしれません。

そおいえば、

試験直前は同じ曲を聞くという友達がいたようないなかったような。
なにはともあれ、いつも通りの力を出し切るには、

試験直前は勉強にせよ、そうでないにせよ
いつも通りの事をしたほうがいいと言えるでしょう。

[③試験を楽しむ]



 結局はこれに尽きると思ってます。
楽しむことができるという事はある意味緊張しすぎていない、

心の余裕がある証拠なのかなと思います。
友達と遊ぶ時の楽しむとはまた別の楽しむだと思うのですが、
受験における楽しむにはどんなことがあるんでしょうか。
僕の受験時代から振り返ってみます。
まずは、試験会場に着いた途端、トイレを探す自分に笑い、楽しめます。
慶應大学を受験する際に、

試験監督のおじいちゃんの鼻水噴射くしゃみが

問題用紙に吹き付けられた時に笑いました。
試験監督で言うと、

教室に早足で入ってくる人と、ゆっくり入ってくる人がいます。
ぼく個人がそれを見て毎回、
前者はM1グランプリの登場曲を、校舎はMusic Stationの登場曲を
頭の中で再生して見届けていました。
なぜか、ちょうどいいところで試験監督が教壇に着くんですよね。
不思議でした。
他にも、教室内で東進のテキストを持ってる人を数える

ととんでもない占拠率だなということに笑い、
担任助手からもらったチョコレートが

ドロドロに溶けていることに笑い、
と受験会場は楽しい事だらけです。
試験中も僕だけかもしれませんが、
「それ出題してくるんかーい」や

「ここでひっかけようとしているんだろう出題者よ」

といったように
問題に対してツッコんだり、問題が解けたときは、
「もしかしてこれは自分しか解けていないんじゃないか、俺すごくね」
と勝手にテンションを上げてみたりと、

試験中は妄想のしたい放題ですね。
この妄想でテンションをあげることで、

どんどん頭が活性化されて、問題が解けていた気がしています。

何はともあれ、しっかりと準備してきた皆さんなら、

楽しんで問題を解くことができると思います。
ぜひ、今日伝えた、くだらない3つのことを

少しだけ思い出しながら試験に臨んでもらえたらと思います。
きっと、努力してきたみなさんの大好きな問題が出題されると思いますよ。
そのときはぜひ心の中で問題の出題者にツッコんでやってください、
「私の勝ちだ!」と。
ではではみなさん、明日からの受験、

 


Let’s enjoy!

 

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

柏校の担任の先生

東進歴は僕のほうが長い

なぜだろう?

 

な、あの人です


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

2020年 1月 16日 頑張れ受験生!応援メッセージ【高橋優斗編】

 

 

あけましておめでとうございます!

大室さんに紹介されました大人の階段をひた走る髙橋優斗です。

最近22歳になり、と紹介に書いてありましたが

誕生日おめでとうのメッセージは大室からはありませんでした。

誕生日だったことは知ってるんかい!

さては彼ツンデレですね。

かわいいところもあるなあ。

僕と大室は同じ学年で、

同じ学年の担任助手は12人から始まり

ついに大室と僕の2人だけになりました。

正直、同期の大室がここまで担任助手をがんばってたからこそ

僕もがんばれたところはありました。

大室ありがとう。

大学院でもがんばってくれ。

社会人になったら奢るね。

気が向いたらだけど。

 

このまま大室への感謝を長々と書いてもいいのですが

「頑張れ受験生!応援メッセージ」

ではなく

「ありがとう大室!感謝のメッセージ」

になってしまうので

この気持ちは機会があったら伝えるとしましょう。

 

 

 

 

ということで「頑張れ受験生!応援メッセージ」です。

僕が伝えたいことは

最後の1秒まで信じ続ける

ということです。

めちゃめちゃ当たり前じゃん!

と思うかもしれないけど

その当たり前が大事なんです。

 

不安な時は自分のこれまでの努力を信じる。

試験開始の直前まで点数が伸びることを信じて勉強する。

自分でどうしようもない時は担当の担任・担任助手を信じて頼りにする。

 

自分にやれるだけのことをしたらもう最後は気持ちです。

部活や学校と両立して東進で頑張ってきた自分の努力を信じてください。

最後まで点数が上がることを信じて、参考書を開き続けてください。

不安な時は担任と担任助手を頼ってください。

僕たちはそのためにいます。

 

まず、気持ちで負けたら合格はつかみ取れません。

周りを、自分を信じて最後の1秒まで諦めないでください。

 

 

 

あとは、実際に僕が受験生の時に

試験直前と当日に気を付けていたことを伝えたいと思います。

 

①ルーティンを作る

試験の前日は夜の7時頃に早めに帰って

試験に備えるという人も多いと思います。

しかし、僕は自分の中のルーティンを大事にして

常に同じリズムで生活することで

実力を発揮しようとしていました。

具体的には、

試験の日に起きる時間と同じ時間に起きて、

東進の閉館まで必ず残っていました。

早く帰るとその分そわそわするタイプだったので

このルーティンを気を付けていました。

 

②試験の休み時間は勉強する

これは当たり前ですが、

試験の休み時間はぎりぎりまで勉強していました。

センター試験は特に周りは友達が多いから

試験の感想や出来について話したくなります。

しかし、大学受験は1点のなかに何十人といるような試験なので

休み時間もぎりぎりまで勉強していました。

 

③できることはやっておく

例えば、

試験の休み時間にはブドウ糖入りのアメをなめたり、

チョコを食べたりしてました。

仲の良かった担任助手の方が受験した時に使っていたシャーペンをくださり、

それを使ったりもしていました。

最後まで諦めないということで、

ゲン担ぎもわりと気にしてました。

ゲン担ぎで少しでも気持ちが楽になるなら

やれることはやっておこう、と思ってました。

 

主に意識していたのはこんな感じです。

やっぱり最後は精神面が大切ですね。

もうテクニックがどうこうではないです。

 

 

ということで、

ここまで読んでくれてありがとうございました!

自分にできることはやりきって、

僕たちにできることはどんどん頼って、

最後まで一緒に受験を走り切りましょう!

応援してます!

柏校の生徒がんばれ!

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

東進の先輩でもあり

大学の先輩でもある。

キャンパスは違うけどね。

入社の年は一緒だけど

学年は2つ違う。

 

 

あの人です


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼