ブログ | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 

2013年 4月 9日 【担任助手インタビュー】後藤隆太郎

こんにちは!東進ハイスクール柏校の石原です!

最近鳥インフルエンザが流行ってますよね・・・

わたしも今めっちゃお腹が痛いです。

あれ、鳥インフルってお腹関係なかったでしたっけ?(笑)

とにかく、鳥インフルは冬だけじゃなくて年中かかるらしいので、

手洗いうがいの習慣を今からつけておきましょう!

 

さて、今日の担任助手インタビューは後藤隆太郎先生です!

 

【Profile】
名前:後藤隆太郎
在学大学:上智大学理工学部機能創造理工学科
サークル:バスケットボールサークル
出身校:県立柏
高校のときの部活:バスケットボール部男子

【大学ではなにを学んでいるの?】

1年次は数学・物理の基礎を学び、2年次以降は物理学領域・機械工学領域・電気電子工学領域のなかから自分で進みたいと ころの授業を選択していきます。自分はモノづくりをしたいので機械か電気を専門的に学んでいきたい思っています。

【今一番力を入れていることは?】

英語が喋れるようになりたいので今は英語の勉強に力を入れていきます。

【どんな高校生だった?】

勉強とか部活は頑張ってなかった気が…(笑)
そのかわり映画をみたり海外ドラマを結構な量みた記憶があります。
決して友達がいなかったわけではありませんのでそこんところよろしくお願いしますm(_ _)m

※高校生3年間は悔いのない生活を送ってください

【東進にはいつ入学した?】

友人に誘われ公開授業に参加した後、高2の12月に入学しました。
渡辺先生が授業中言っていた“英語は高2の3月までにケリをつけろ”という言葉で相当焦った覚えがあります。

【大学在学中にやりたいことは?】

自分の発想力を高めたいので色んな所に行ってたくさんの人と話をしたいです。
また読書も習慣化したいと思ってます。

【上智大学に入りたい人にアドバイス!】

上智大学に限りませんが、まずは将来やりたいこと(夢)を見つけてください。
大学に入ることだけを目標にするだけでなく、大学に入ってからどういう勉強をしたいのか・大学卒業後何をしたいのかと いうことを考えていたほうが勉強のモチベーションは高くなります。

2013年 4月 8日 学問の王様

こんにちは!東進ハイスクール柏校担任助手の石井です!

 

ときに、自分は筑波大学の心理学類というところで勉強しているのですが、心理学はどちらかといえば文系の学問なんですね。

ということで大学に入ってしばらくは英語や心理学などの勉強が中心でした。そこで油断した訳です。

 

「もう苦手な数学をやらないでいいんだ!!(*^^)v」と……

 

そうしてきたる2学期、文系の学類に入って油断しきっていたところに入ってきた理系の授業……それがなんと『統計』でした。

 

ガーン( ̄□ ̄;)……!!なんてことだ……文系の学類でも数学が必修だというのか……。

 

(´・ω・`)はい。以上、回想でした。

 

……と、いうわけで統計を勉強しだしたわけなんですが、実は統計というのはすごい学問らしいんです!

東進生のみなさんは校舎でこんな雑誌を見かけたことありませんか?

 

 

統計というのはデータを集めてそこからものごとがどのように変化するのかなどを分析する学問のことです。 

皆さんも学校で様々なアンケートに答える機会があると思います。あれは実はデータを取る作業で、あれらのデータから今年の高校生は例年と比較してどのような傾向にあるか、などを分析しているわけです。 

さて、上の雑誌を見てもらうと、統計は最強らしいです。何を以てそう断言するのかといえば、それは統計がほかのあらゆる学問の中で効果を発揮できるということでしょう。

経済学、教育学、数学、生物学、工学、医学、そしてもちろん心理学も、さまざまな分野でデータを分析するために用いられています。

統計のすごいところは、正しく使うことができればどのような法則が働いているのか分からなくても、有効な行為を見つけ出せるということでしょう。

どうしてそうなるのかが分からなくても、たとえば、「今でしょ!!」で有名な林先生の授業を受けた生徒と受けていない生徒で、東大の合格率に差はあるのか?ということが統計を使えばわかります。

 

いろいろなことを分析できる可能性を秘めた学問が統計です。難しそうに見えるかもしれませんが、実際はコンピュータを使って計算を行えるので文系の人にも扱うことができます。

 

どんな道に進むにせよ機会があったら深く勉強してみるのもいいのではないでしょうか!自分も勉強するつもりです。

さしあたっては上の雑誌を一読してみてください!

それではまた来週!

2013年 4月 7日 グループ面談紹介Part7!

こんにちは!柏校担任助手の杉村です!

連日ニュースで騒がれている「台風並みの暴風雨」ですが、今日の昼までにピークは過ぎるそうですね。

とりあえずよかったですε-(;-ω-`A) フゥ…

いやーそれにしてもこれもまた異常気象なのでしょうか?

地球を取り巻く環境は私たちが思ってるよりも速いスピードで変わっているのかもしれませんね。

中国の大気汚染問題もそうですし…。

環境問題にしっかり向き合っていかなければなりませんね!(`・ω・´)

 

さて、今回は久しぶりに柏校のグループ面談を紹介したいと思います!

今週紹介するグループは…

 

ウリャー! ヽ( ゚Д゚)、――――====二二二二*~●

 

杉村④!

このグループは名門校に通う女子生徒3人で編成されたグループです。

志望校も高く、ものすごく勉強しています!

毎週のグループ面談でどのくらい勉強したのかを見るのが楽しみなくらいです(笑)

そしてこの3人、時間の使い方がとにかくうまいんです!

部活の午前練と午後練の間に授業をうけたり、学校の補習が終わった後、1,2時間だけでも東進で勉強したり。

自己管理がしっかりできているので、僕も安心しています!

 

高3生の皆さん。学校が始まると受験勉強に費やせる時間は春休みより短くなります。

部活に行事、学校の宿題やテスト勉強。

特に部活や行事は最後になるので、思い切り楽しみたいという人もいるでしょう。

今までよりも忙しくなる中で、皆さんは受験勉強をしなければならないわけです。

でも、条件は皆同じです。

「1分1秒を大切にしましょう」

時間の使い方が合否を分けるといっても過言ではありません!

まずは、簡単なことからでもいいです。(通学時間に勉強するとか)

時間を大切にする意識を持ちましょう!!

それではまた来週!!

 

 

 

 

2013年 4月 6日 ダーウィンの自然選択説

こんにちは!担任助手の清治です。

突然ですが、みんなダーウィンと言う人物を知ってますか?
NHKのダーウィンが来たっていう番組とかで知ってる人もいるかなと思います

ダーウィン然選択説を唱えた人です。


自然選択説とは自然環境が、生物に突然変異を選別し、進化に方向性を与えるという説のことを言います。

例をあげると、キリンがあげられます。
今では首が長いキリンですが昔はそんなに長くなかったみたいです。
そんななか突然変異により首の長いキリンがでてきて、そのほうが餌がとれ有利だったから結果どんどん首が長いキリンが生き残っていった例があげられます。

この自然選択説が生物の進化を考える一つの根本となった説なのです。
他にも進化を説明する説がありますが、それらを合わせることにより現在の進化論ができました。
だからダーウィンは歴史上の人物として今でも有名なんですね!!

将来研究者になりたい人はぜひノーベル賞をとるぐらいの意気込みで頑張っていきましょう

2013年 4月 5日 放浪記…ではありませんが

こんにちは、柏校担任助手の本間です。

今日は本紹介からちょっと離れて、自分の体験談を話そうと思います。 😛

先週オーストラリアのシドニーまで行く機会があったのですが、そこで感じたことをちょこっと。

1,2年後に留学をしたい私。その前段階としての旅行ということで行ったのですが、自分の中での目的は「英語にふれる旅」。

ということで、観光は観光でも、英語ツアーに参加してみました。

オペラハウスの解説ツアーだったのですが、確かにある程度は理解できました。ある程度は。でも、笑いどころが分からない…。詳細が理解できない…。あぁぁ…。ネイティヴの方とのギャップを感じました。

でも!

ネイティヴじゃないんだから、しっかりコミュニケーションさえできればいい!とも思ったんですね。はい。 😎

ネイティヴ並みの英語でなくても、最低限発音や文法が合っていれば意思疎通はできるということを実感しました。ツアー予約だってできたし、食事の注文も、…etc.

ということで、これからのグローバル社会を担う皆へのメッセージ。

英語に限らず、普遍的なコミュニケーション能力を身につけよう!

あとは…うーん、そうですね。

英語を学ぶのはいいのですが、英語を学ぶことを目的にはしてほしくないですね。英語を手段として、自分の夢を追ってほしいです

英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ、英語で何かをするというような…。

私たち東進のスタッフは、そんな皆をサポートします! 😉

また来週からは、本紹介!

どんな本が現れるのでしょう?