ブログ | 東進ハイスクール 柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県 - Part 4

ブログ 2022年01月の記事一覧

2022年 1月 15日 受験生応援メッセージ 【須藤みのり編】

こんにちは!担任助手の須藤です。

吉野さんから紹介してもらえて光栄です。

紹介の通り受験生の時はしっかり勉強していました!

今歯の矯正をし始めているので硬いものがなかなか食べれません!

下の歯も矯正が始まったのでますます食べれません!早く終わらないかな…。

 

ということで今回のテーマに行きましょう!

テーマは「受験生への応援メッセージ

なんと今日は共通テスト本番の日なんです!

会場までの行き方は大丈夫ですか?

受験票は持ちましたか?

カイロは持ちましたか?

受験生の皆さんは緊張していますでしょうか?私自身も本番の時は緊張していました。

実は今も皆さんのことを考えると緊張と心配が入り混じっています。

 

皆さんは受験勉強を始めたころの気持ちを覚えていますか?

これから1年間勉強しないといけないのか。受験嫌だな。などたくさんの気持ちがあったと思います。

それと同時に受験勉強頑張って、大学に行きたいという気持ちも持っていたはずです。

今もう一度その気持ちを思い出してください。

その気持ちを胸に本番に挑んでほしいと思います。

 

当日になると途端に自分に自信がなくなることもあると思います。

本番はいい意味でも悪い意味でも持っている力しか発揮することはできません。

これまで解けなかった問題が急に解けるようになることはないです。

厳しいことを言っているように聞こえるかもしれませんが事実です。

逆に今持っている力を存分に発揮できれば、十分たたえる力を持っているはずです。

問題を解いているときに、

あの時しっかり復習していれば…。

もっと早くから勉強していれば…。

などの後悔が出てくるかもしれません。

でも本番中はとりあえずそんな後悔はどうでもいいです。

後悔や反省は終わった後!

本番中はいかにして点数を取りに行くのか

これだけを考えてください!

最後の最後まであきらめずに戦い抜いてきてください。

もがいてもがいてもがきまくって点数を狙ってください。

応援しています。

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

部活も頑張ってて

とてもよく食べる人

笑った顔がキュートだね!

誰かわかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

2022年 1月 14日 受験生応援メッセージ【吉野美咲編】

東進ハイスクール柏校担任の吉野です。
藤本さんとは彼女がピチピチJKの時からの付き合いですね。
コツコツ頑張っていました。
今は何でもできる素敵なお姉さんですね。頼りにしてます。

 

そして、また今年もブログを書く季節がやってきましたね
明日は共通テスト本番です。

受験生のみなさんはどんな気持ちでしょうか。

不安な人、緊張している人、わくわくしている人。
中には「もっとやっておけばよかった…」とまだ始まっていないけど懺悔している人。

いろんな感情が渦巻いているのでないでしょうか。

さて、そんな受験に向けての一言ですが。

「何があっても逃げるな、1点でも多く点数を取るために目の前の問題に立ち向かえ」

です。

試験会場に行くのは自分ひとりです。
学校の先生、お父さんお母さん、担任助手の先生、担任の先生。
今まで何かあったら励ましてくれて、助けてくれたりする人がいたはずです。
でも、試験会場に入れるのは自分ひとり。

自分が逃げてしまったら、そこでゲームオーバーなんです。

逆に言い換えれば、自分が逃げさえしなければ戦えるんです。

みなさんの学年は、コロナ渦でいろいろなことを我慢してきたと思います。
修学旅行が中止になったり、文化祭やその他学校行事に制約があったり。
部活も思いっきりできなかったり。

でも、ちょっと意地悪なことを言うと、我慢しているが故に「仕方がない」をいろいろな場面で使えたかもしれません。
できないことがあっても「こんな状況下だから仕方がない」と考えてしまったことないですか?

誰のせいにもできないから「仕方がない」
こんな言い訳を使ってしまった経験はありませんか。

私はあります。

そして、案の定後悔しました。

だからこそ、みなさんには譲れない事には「仕方がない」を使わずに立ち向かって欲しいです。
まずは、今は目の前の大学合格ですね。

そして、合格を勝ち取って「仕方がないと自分に言い聞かせる」ではなく「与えられた環境で全力で戦う」スキルを身につけて欲しいと思っています。このスキルは社会で大いに使えるものです。

人間七分学力三分

こんな言葉があります。
大学受験を通して、学力以外でも身につけたスキルは社会で大きな武器になります。
是非、合格も、人間力も全部手に入れて大人への第一歩を踏み出しましょう。

頑張れ、受験生。

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

受験生時代はわっしわっしと勉強していました。

柏校の元気印!

硬いものは食べられるようになりましたか?

さて、誰でしょう

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

2022年 1月 13日 受験生応援メッセージ【藤本編】

こんにちは、担任助手の藤本です。

大人っぽくて落ち着きがあるなんて紹介をしてもらいました、とっても嬉しいです。

割と騒々しいタイプだと思っているのですが、うまく隠せていたのでしょうか(^.^)

私は西中村さんのバイタリティが欲しいです!

 

 

今回のテーマに入りましょう。

 

受験本番というのは、誰しも緊張すると思います。

この緊張は、受験が完全に終了するまで消えないかもしれません。

もう5年前のことになりますが、少なくとも私はそうでした。

特に共通テスト本番が迫っているこの時期、精神的な不安に襲われながら勉強をしている人は多いと思います。

もしかすると、勉強に集中できている時間よりも、考え事をしてしまう時間が長いという人もいるかもしれませんね。

分かります分かります、数学を解いていると思っていたのに、気づいたら最悪の結果を想像し始めてしまい、軽く20分くらい過ぎている… なんてこともありました。

 

これをやったら絶対大丈夫だよ!というものは勝負の世界において存在しませんが、今のみなさんが持っている力を試験会場で十分に発揮することが、「成功」と言われる結果を導く一番の鍵だと思っています。

緊張や不安と隣り合わせで精神的に不安定な今の期間を少しでも有意義に過ごす、ということを意識して、最後の詰めをしていってください。

とはいっても、完璧な状態で受験に挑める人なんてほとんどいないので、完璧なんて目指さなくてオッケーです。

時間があったらここも復習したい、あれも確認したい、という完成度でも、限られた時間のなかで最善の努力をできたと実感できれば、試験による緊張は悪い方向に働かないはずです。

 

 

みなさんの健闘を、心より願っています。

 

受験票、筆記用具、時計、諦めない気持ちを忘れずに!

あたたかくして会場に向かってくださいね。

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

お世話になって8年目

柏校を一番よくご存知の、あの方です!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2022年 1月 12日 受験生応援メッセージ【西中村陸希編】

どうも皆さんおはこんばんにちは、担任助手の西中村です。

先日、成人式が無事執り行われ、オトナ帝国の一員となりました。無敵です。

私は成人式実行委員を務め、本番まで約半年、予測が困難な情勢の中式を成功させるために沢山話し合いを重ねてきました。

本番では、「本日は令和4年度〇〇市成人式にご参加いただきまして~」なんていうアナウンスも経験できちゃいました。

同じ市の別の学校の人たちと力を合わせてひとつのものを作り上げる、という貴重な体験ができたので、これを見ている皆さんも少し先の話し手にはなるかもしれませんが、興味があったら立候補してみるといいかもしれません。

 

さて、本日のテーマは「受験生応援メッセージ」です。

いよいよ勝負の刻が近づいてきましたね。皆さん、準備はできていますか?

思えば、皆さんの代は高校生活の大半を行動に制限がある中で過ごしてきましたね。

やりたいように部活動ができない、楽しみにしていた行事ができない、やりたいと思っていたことがとにかく制限されている…

それでも勉強はしなければいけない、受験は待ってくれないから。

 

そんなもどかしい現実を受け入れて皆はここまで頑張ってきた。緊張しているのも、まだまだ時間が欲しいと思うのも、皆が頑張っていた証拠。まだ布団から出たくない朝、ほんとは遊びたかった夏休み、浮かれ気分の世間を尻目に1日中校舎に居続けた年末年始、いろんなものを犠牲にして、ここまでがむしゃらにやってきたからこそ。相応の努力、我慢、犠牲の上で皆はこの場に立っています。

なかなか簡単に決断できることじゃないと思います。本当にすごいことだと自信を持ってください。

僕が愛読している漫画のセリフを借りて言うなれば、

みんな最後まで逃げずにやり切りやがった、マヌケなほど大真面目で、バカがつくほど負けず嫌いで、クソがつくほどかっこいい

そんな皆を陰ながらサポートすることができてとても誇らしいです。

 

僕がこのブログを通して伝えたいことは2つあります。

 

1つめは、誰のためでもなく自分のために最後まで戦ってくること。これは昨年の受験生にも送った言葉です。皆さん1人ひとり、大学受験に思いを懸けているのではと思います。たくさん応援してくれた友達や先生のため、学費の支援や身の回りの世話をしてくれ最大限のサポートをしてくれた親のため、などなど。もちろん、自分1人で戦ってきた道のりではありません。実際私もたくさんの人の支えがあってこそ、受験期を乗り切り今に至っていると考えています。日々感謝の気持ちを持つことは大事ですが、試験本番問題を解くのは君たち、大学に行くのも君たち、その後の人生を切り拓いていくのも結局は君たちです。

人生は素晴らしい物語であり、その主役は君たち一人ひとりです。一生に一度の大学受験、主役である皆さんが誰よりも気持ちを強く持って、目立って、結果を出してきてください。最後まで戦い抜きましょう。

試験がすべて終わってからでも感謝を伝えるには遅くありません。最高の結果を手土産にして感謝を伝えられるように、残り1~2ヶ月は、自分のために毎日最大限の惜しみない努力をしよう。

 

2つめは、常に何か起こるかもしれない、と思って準備をしておくこと。何事もなく済むに越したことはないですが、なにぶん大学受験の経験のない人がほとんどだと思います。経験がないからこそのミス、緊張や焦りからくる普段なら絶対にしないミス、あるかもしれません。また、自分たちでは避けようのない事態もないとは言い切れません。私がセンター試験を受けた日は朝から雪が降っていました。電車が止まるかもしれないから時間に余裕をもって家を出よう、寒いだろうから防寒をしっかりしよう、雪道を歩いて靴下が濡れると冷えるしいやな気持ちになるから替えの靴下をもっていこう、と私はありとあらゆることに対する準備をしました。これくらい大げさでいいと思います。結果何もなかったらそれでいいと思います。そういうの苦手だなという人は自覚をもって過ごしてください!

 

話は少し変わりますが、私は今年担任助手2年目になります。昨年から校舎にいた人、何なら私が受験生のときから校舎で努力していた人も中にはいますよね。接する機会が多かった人もいるかとは思いますが、所詮は皆さんが過ごしてしてきた18年間のうちの直近1~2年しか関われていません。そんな少しの期間しか関われていない私ですが、その分関われた濃く有意義な期間にしたいという思いがとても強いです。

 

人生のターニングポイントになりうるこの大学受験を戦うみんなの伴走者として、私にできることは、

 

なるべくたくさん校舎に足を運んで、全力で頑張るみんなを同じかそれ以上の熱量で全力でサポートすること

 

だと考えています。

 

校舎に行けば、いつも頑張っている姿を見ることができて、受付ではいつも通りのあいさつや時には世間話やら積もり積もった話もできて、努力を積み重ねる姿から私自身パワーをもらえています。おかげでいろいろなことを頑張れています。

だから、みんなのためなら多少の時間は惜しくありません。

 

こう思っている担任助手は私だけではないと思います。

担任助手は全員、みんなが大好きで、成功を願っています。

最後の最後までみんなのことを応援し続けています。

今は校舎に来るのが難しいですが、私たちは校舎からエールを送っています。伝わっていると嬉しいです。

 

何はともあれ、開幕戦である共通テストが近づいています。あくまで開幕です。気持ちを切らすことなく最後まで全力で。

 

君たちの今までは、この一瞬のために。

 

掴もう、すべてが報われるために。

 

一生残る、一瞬のために。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

 

偉大な先輩であります

この方の大人っぽさと落ち着きが欲しいので

僕の何かと交換してください

 

わかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2022年 1月 11日 受験生応援メッセージ【金澤怜生編】


こんにちは、北陸代表のカナザワです。

漢字が違うんですけど、慶吾くんなので許してあげましょう。

石川県の金沢は本当にいいところなのでおすすめです。

ご飯も美味しいし、観光名所も沢山あるし、新幹線ですぐ行けるし。

1泊2日の旅行をおすすめします。

 

さて、今回のテーマが「受験生応援メッセージ」ということで、

今週末に共通テスト本番を迎える受験生に向け、メッセージを送りたいと思います。

私は浪人をしているため、大学受験は2度経験しました。

当時のことを思い出し、伝えたいことは

 

「これからが大事」

 

ということです。

 

受験生のみんなはこれまで本当によく勉強してくれたと思います。

そんな頑張ってきた自分を信じて、共通テストに全力で挑んてほしいと思います。

しかし、大事なのはそのあとです。

共通テストがどんな結果になろうとも、そのあとが結局一番大事です。

私は浪人生のころ共通テスト(当時はセンター試験)でよい結果を得られて満足してしまいました。

あと2か月弱が頑張り切れなかったです。

みなさんはそうならないように、頑張ってください!!

共通テストで終わりじゃないです!!

 

また、たとえ共通テストの結果が悪くてもそれで落ち込んでいる暇はありません。

最後の試験を終えるまで、最大限の努力をし続けてください。

あと、合格発表とかで結果に一喜一憂しがちですが、

自分の目標はブラさずに最後までしっかり取り組んでほしいです。

 

あと浪人についても少し伝えたいと思いますが、

浪人はやる気があるなら、全然していいと思います。

私は浪人してよかったです。

自分を見つめ直すいい期間になったので。

ただし、現役生のころに頑張れた人だけが浪人で成功すると思います。

ここから試験が終わるまでのあと数か月でも頑張れるなら1年なんて余裕です。

浪人とか考えている人は、まず目の前のことを一心不乱に頑張ってください。

浪人の話はそこからです。

 

今は自宅で勉強して大変なことが多いと思います。

我々担任助手はいつでも校舎にいるので、困ったことがあればいつでも頼ってください。

お互い最後までしっかりと頑張っていきましょう!!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは・・・

 

ご成人おめでとうございます。

心からお祝い申し上げます。

今後の益々の飛躍を願っています。

 

わかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼