校舎からのお知らせ | 東進ハイスクール柏校|千葉県

校舎からのお知らせ 

2012年 12月 1日 冬期特別招待講習から合格した先輩の体験記公開中!

君も伏見先輩に続け!冬期特別招待講習についての詳しい内容や合格体験記の続きはこちらからどうぞ!

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

2012年 11月 30日 11月30日 今日は何の日?

北里の伝染病研究所からは、赤痢菌を発見した志賀潔、梅毒の特効薬を発見した秦佐八郎、さらに野口英世ら優秀な人材を次々と輩出します。北里自身も、1894年、ペストが流行している香港に内務省から派遣され、到着2日後にはペスト菌を発見してイギリスの雑誌に発表、コッホの追試によって間違いなくペスト菌と確認されました。北里のペスト菌発見という業績を、世界各国は絶賛します。しかし日本の研究者たちは北里の発見したのはペスト菌ではないと非難する論文が科学的証拠も無しに次々と発表。森鵬外もその一人でした。こうして北里が日本で散々叩かれている最中の1901年、第一回ノーベル賞授賞式が。欧米では国を挙げての獲得運動に走り、コッホの弟子であるベーリングが第一回のノーベル医学生理学賞を獲得します。ベーリングの研究は北里の破傷風研究の二番煎じに過ぎません。しかし、ベーリングにはドイツの国を挙げての応援があったのに対し、北里は国を挙げて足を引っ張られていたという決定的な違いがありました。日本はこうして、ノーベル賞の最初のページに日本人の名前を残すという栄誉を自らの手で逃してしまったのです。1914年、北里の伝染病研究所は突然東大に乗っ取られ、北里以下、所員全員は辞表を叩きつけて伝染病研究所を去ることになります。しかし、北里は北里大学の創立、慶應大学医学部初代学部長就任と活躍を続け、1931年に78歳で亡くなりました。北里が取れなかったノーベル医学生理学賞を日本人がようやく受賞するのは、北里の死後56年経った1987年でした。

君も先人の偉業に続け!夢を叶える授業を体験してみないか!!お申し込みフォームはこちら

https://www.toshin.com/form/shotai_es/form_hs.php?url_name=kashiwa&form_action=

 

2012年 11月 27日 あなたはどのタイプ!?

みなさんこんにちは!

いよいよ12月から東進では新学年がスタートします。

「そろそろ予備校を考えている」

「何からやればよいのか、わからない」

そんなあなたにはぜひ、来てほしい。

今の課題やこれからの目標を一緒に考えましょう。

↓↓↓申し込みはこちらまで!!

⇒⇒⇒http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

 

 

 

2012年 11月 20日 冬期特別招待講習!大好評受付中!!

お申し込みはフリーダイヤルか、インターネットでどうぞ!

⇒⇒⇒http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

 

2012年 11月 19日 星出宇宙飛行士、夢を叶えて無事帰還!

日本人宇宙飛行士の星出さんが、無事に地球に帰ってきました!星出さんは茗渓学園に通っていたんですよ!身近に感じる人も多いのではないですか?

国際宇宙ステーション(ISS)の滞在中に3回の船外活動を実施したほか、日米の物資補給機をドッキングさせるなど多くの重要任務をやり遂げました。 特筆されるのは記録ずくめとなった船外活動です。自身初の挑戦でしたが、実施時間は予定を大幅に超える計21時間23分。先輩の野口聡一さん(47)の計20時間5分を抜いて日本人最長を記録し、日本人の累計時間は米露に次ぐ世界3位に浮上しました!

4歳のころに訪れたスミソニアン博物館で、将来宇宙飛行士になるという夢を抱いてから、夢の実現に向けて弛まぬ努力を続けてきました。今、日本人飛行士の長期滞在が定着するなかで、その存在感を大いに高める活躍をしてくれました。『本物との出会い』が、幼い少年の胸に夢の発芽のきっかけをつくり、一生をかけた志に変わるのです。皆も、若いうちに、たくさんの経験・本物との出会いを通じて、自分の未来を考え、夢を叶える第一歩を踏み出してください。

東進で、本物の授業を体験してみませんか?学力を伸ばすだけじゃない、知の世界の入口が覗けます。きっと、あなたの夢を叶えるような授業に出会えますよ。

冬期特別招待講習 大・大絶賛受付中!お申し込みはお早めに!!

↓↓↓お申し込み・お問い合わせはフリーダイヤルかHPから

東進ハイスクール柏校 フリーダイヤル 0120-104-353

 http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/