この1年間を振り返って【島田竜汰編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 2月 10日 この1年間を振り返って【島田竜汰編】

こんにちは。

いや、おはようか。

まあどっちでもいいや、島田です。

 

学校のテストも終わり、僕にも春が来ました。

春到来、ビバ春休み。

 

まあ、就活なんですけどねぇ~~!

(大蛇〇様ボイス)

 

はあ、やるしかない。

 

 

今回もだらだらと前置きを書いていたんですが、全部消しました。

最後に今受験真っ只中の3年生に向けて、改めてメッセージを送るので。

それがちょっと長くなりそうだし。

こういう場所じゃないと書けんし。

受験生はちゃんと読んで。

 

今回のテーマは「1年間を振り返って」ですね。

 

はあ、むずい。むずい。

 

まず前提ですが、1年間の抱負とかを年始に宣言しても、

1ヶ月経てば500%忘れてます。

そんなものです。でしょ?

 

目標があったりしたら、それに対してどれぐらい出来たか書けばいいんでしょうけど、

そもそも目標覚えてないし。

 

 

じゃあどうしましょうか。

書けねえ。

 

終わりにしましょうか☆

 

 

ご愛読ありがとうございました!

島田先生の次回作にご期待ください!

 

 

とも言ってられないので、頑張ります。

 

よくよく考えると、

今年1年間は、「悩んだ年」でした。

 

 

人生においてのビッグイベント!

『就活』

ですねえ。まだ終わってないけど。

 

まーあ、これが大変なんだ。

自分と本気で向き合わなければ到底職業を決めるなんてできやしない。

かといってこれやりたい、感覚!で決めるわけにもいかない。

そもそも大学受験より遥かに受かるの難しい。

 

色々悩むわけですよ、本当に。

 

まあ、答えは未だ出てないんですけどねぇ~!

(大蛇〇様ボイス)

 

これから激化する就活戦線、

もっと自分に向き合って、頭捻らなければなりません。

 

頑張らないとね。

 

でも就活って何してんの?

っていう声が聞こえてきます。

わかる、何してんだろうね。

まず、自分を知らないといけないので自己分析をするんですよね。

 

自己分析ってこんな感じよっていう例えですが、

ぼくの性格に『最上志向』があります。

自分の強みに自信を持っていたり、

他人の強みを引き出そうとする人間性です。

だからこそ、弱い部分や苦手をなくすというより、

強さを尖らせることに注力します。

 

他人に対して常に批判的な人いません?

勝負の世界になると多いです。ぼく嫌い。

でもぼくは「他人の強み」にフォーカスして生きることが出来る性格です。

「コイツこの分野では雑魚だけどあの分野だったらマジで誰よりもすげえからな」

って考えて、他人の良い所に惹かれます。

だからこそ、多少仕事が出来なくても、人間性が悪くても、

その人のことが嫌いになったりしません。

 

逆に、自分の中の『最上志向』、

つまり、

「自分の大切な価値観や人間性、思考に難癖を付けられること」

を極端に嫌います。

自身の行動に対して何かしらの制約だったり、

注意をされるとイライラする性格です。

島田氏、これは良くないですね。

まあ、直す気はないですけどねぇ~!

(大蛇〇様ボイス)

 

 

じゃあ、この『最上志向』という人間性を、

企業で働いていく上でどう活かすか、それを面接やESでどう言語化するか。

これが難しく、頭を悩ませる要因なわけですよ。

まあこれはESで書きづらいんで他の使ってますけど。

 

何の話だって感じですよね。

ぼくも書いててわけわからん。

 

ただ、今年1年悩み続けて、これからも悩み続けるってことですよ。

 

以上、1年間の振り返りは終わり!

(雑かな…いや割と有益な情報だよね…?)

 

 

さあ、終わりに受験生へ改めてメッセージを。

 

センター終わりましたね。もう私大ですね。

さあ、センターや最初の方の私大どうでした?

 

失敗した人、いるよね。

 

安心してください、「敗北」は必ず起こるただの現象です。

勝負の世界ですもん。

勝者の数だけ敗者が存在します。

 

受験を通して、皆さんはおそらく初めて

自分の人生が真っ暗になる瞬間、

夢が砕ける瞬間を一度は目の当たりにするでしょう。

 

しかし、それこそが本当に経験すべきことだと僕は考えています。

あくまで持論ですが。

 

大切なのは、「敗北に何を学ぶか」ですよ。

 

出来なかったことを大して受け止めもせず、

「切り替え」という都合のいい言葉で現実逃避をする。

 

あなたと夢との距離が曖昧になって、

 

「叶える」ためにあったはずの“夢”が、

「追いかける」ものにすり替わる瞬間です。

 

「夢は見るものではなく、叶えるもの」、なんでしょ?

 

 

だからこそ、「敗北」は夢の岐路です。

諦めない、次に切り替える、ではなく、

 

全てを賭けて戦ったにも関わらず「負けた」瞬間に、

自分の非力さを痛感して、『絶望』出来るかどうか。

そして「敗北」の地獄から糧を得て、なお戦おうとする人だけに、

 

『勝利』

 

が手に入るんですねえ。

 

さあ、あなたは「敗北」を正しく受け止めているでしょうか。

 

あと1か月もありません。

あなたの健闘は勿論祈っています。

しかし、人の成長はいつだって失敗からです。

失敗した人、ここからが勝負。

 

 

この受験で、

『人財』になりましょうぜ。

 

 

大丈夫、僕もセンター全落ち、

私大の最終試験日まで合格1個もなし。

 

 

 

頑張れ、応援してる。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

ごめんね、テーマとずれてるね。

 

じゃ。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

サ〇ケ

キ〇ア

ピカ〇ュウ

 

みんな奴の属性を使うぞ

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼