ブログ | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 

2019年 8月 24日 過去問の復習法【笠見采可編】

 

 

こんにちは!

宇野さんの半分の大きさの太陽君の半分の大きさの笠見です

 

もう宇野さんがとんでもないくらい大きいことになりますね

 

 

 

皆さんそろそろ夏休みが終わるころだと思いますがどうでしょうか!

私は先日はじめてボランティアスタッフとして活動をしてきました!

子どもたちが主体的になってキャンプを作り上げる補助員的な役割でした。

小学生から中学生学年関係なくグループを作り自分たちで色々行います。

 

例えば

ご飯のメニューを自分たちで考えて火おこしからおこなったりとか、

きもだめし、

キャンプファイヤーの企画

とかぜーーーーんぶ自分たちでやります。

 

大変なこともありましたが子どもたちの創造性の豊かさにおどろきっぱなしでした

星をみんなで見ながら寝たことは一生忘れられない思い出になりました。

 

ずっと興味のあったボランティア活動。

想像以上に得るものが大きかったです。

子供たちの素直さとか、

無限な体力とか

座学だけでは見えてこなかった世界がひろがっていました。

 

活動を通してもっと深く自分が学んでみたいこともわかりました。

大学生になると自分のやってみたかったことになんでもチャレンジする時間を作ることもできます。

あいてるときとかに是非是非大学に入ってやってみたいことをかんがえてみてください~

 

 

 

 

 

 

さてさて本題!!!!!!!

「過去問の復習法」

ですね!

私は夏休みが明けてから国立志望から私立志望となったので

最初から私立志望で勉強してきた人たちと比べて、大きく遅れていました。

 

だから真面目に最初から細かく復習していくと時間が足りないことは目に見えてました。

 

そのため効率よく復習して次に進むこと

を大切にしていました。

過去問はセンターよりも文字数が長くなりますしね!

 

 

 

 

私は英語国語に関しては間違えたところに関わっている本文のところに戻り回答と照らし合わせていました

そのため問題を解くときは

自分が回答の根拠にしていた文章をしっかり読み取る

ようにしました。

この癖づけは緊張で頭が真っ白になっても役に立ったなあと今振り返ってみて思います。

そして英語は最後に頭の中で日本語がすらすらでてくるまで音読していました。

 

 

 

 

日本史に関してはきちんとまちがえたところの流れを再確認するために教科書・資料集・電子辞書をフル活用しました。

そして書くことを大切にしてました。

この書くことはじわじわと点数に結び付いていく気がするのでやっている人は忍耐強くいきましょう。

 

自分に合った復習法で進めていくのが一番です!色々試行錯誤してみてください~

 

 

 

最後に復習をしていくうえで一番伝えたいのは

他人と比べない

ことです

焦りが募るだけです。

自分の今やってることを信じてこつこつがんばっていきましょう!

 

 

 

 

 

明日の模試で全員がこの夏一番のベストを尽くせることを祈ってます!

 

 

 

 

 

今日も読んでくれてありがとうございました!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼
明日のブロガーは?

 

 

チェックシャツ

 

×

 

青スーツ

 

歌うまなあの方です!


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2019年 8月 23日 過去問の復習法【長嶋太陽編】

どうも!宇野担任助手の半分の身長しかない長嶋です。

なんなら足元にも及びません。

 

先日、自分の大学のオープンキャンパスがありそのスタッフとして参加しました。

大宮と豊洲で各二日、計4日間あり約13,000人が来場しました。

中には中学三年生の子もいて、意識が高くて素晴らしいなと思いました

受験は情報戦です。

早いうちからオープンキャンパスに参加して知識をたくさん集めると

受験を有利に戦えるかなと思います。

他にも大学のホームページ等を調べて知識をたくさん蓄えましょう。

 

さて、今日のブログのテーマは「過去問の復習法」です。

 

皆さんは難しくて解けなかった問題をどうやって復習してますか?

解説を読んで

「あ~これ知ってたのにでてこなかったな~」

で終わりにしてませんか?

それ、一番だめです。

復習というのは次同じ問題(もしくは似た形式の問題)が出てきたときに、

つっかかることなくすらすら全部解ける

というレベルまで行って初めて復習終了です。

早く次の問題を解きたいからと言って適当に解答を見て、

手を動かすことなく終わりにしているようでは、それは復習とは言えません。

ただ時間を浪費しているだけでなんの力も身についていません。

 

私がやっていた復習法は解けなかった問題があったら一度正しい解法をノートにすべて書き、

二日たったら同じ問題をやるというものです。

二日たっても忘れないように復習は丁寧に丁寧にやりましょう。

この一回の復習で覚えきるという覚悟を持つことが大事です。

 

受験まで約半年。これを長いと思うか短いと思うかはみなさんが受験に挑む覚悟次第です。

今一度、自分の一日の勉強を思い出し、

無駄がないか、毎日100%出し切れているか、

自分を見つめなおしてみましょう。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは?

身長が自分の半分!

元気は柏校1!

わかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

2019年 8月 22日 【過去問の復習法】宇野泰規編

こんにちは!

いつも前の日に紹介されるときの紹介が雑で悲しいです。

宇野です。

 

久しぶりなので前置きが思い付きません。

とりあえず最近の話でも。

 

朝起きるのに困らなくなりました。

毎朝アラーム無しで5:30起きです。

寝起きもいいです。なぜでしょう。

ということで本題の「過去問の復習法」にいきます。

しかし、前の人たちが復習法をいっぱい言ってくれているので、私は勉強法全般を話したいと思います。

過去問とひとくくりに言えどいろいろあるので、今回は皆さんお困りであろう「センター過去問」について書いていこうと思います。

センター過去問、皆さん解いていると思いますが…

意外と簡単だな。と思っていませんか?

もし、そう思っていない方そうなれるように頑張りましょう。

そう思っている方、

 

 

正解です。

 

 

ではなぜそう思うのか?それは

 

模試が難しいからです。

 

だから、本番は別に簡単ではありません。しかも本番は緊張も桁違い。点数はそこまで思ったようにとれないことがざらにあります。

 

なので皆さん。簡潔にまとめると、過去問を解くときは「時間内に」「目標点を越えて」「凡ミス無く」解くようにしましょう。

 

それがセンター試験の過去問を本番の練習として解く意味だと私は思います。

 

10年分はやる価値があります。なぜならそこから出てくる可能性もあるから。

皆さん頑張りましょう。今が頑張り時です!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは?

自分と比べて

身長が半分くらい

元気は30000倍くらい

ちょっとアバウトかなー?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

2019年 8月 21日 過去問の復習法【海老名健太】

みなさんこんにちは。担任助手の海老名です。

 

今回のテーマは

「過去問の復習法」

ここでは、二次私大の過去問について話していきます!

 

過去問の復習法っていうのは人それぞれ合った方法があるだろうし、自分でやってみて探していくのがいいと思います。

探していくにあたって自分の話が少しでも参考になればいいなーと思います。

 

まず、受験校の過去問の進捗状況がわかるように、大学ごとに科目・年度をまとめたみたいなものを作っていました。

一目見て状況を把握できるようになるのでみなさん作っておいた方がいいですよ!!

 

 

僕が過去問をやるにあたって気を付けていたのは

できなかった問題はできるようになるまで何度も”

よくわからなかったところは掘り下げてノートに”

の2点です。詳しく説明します。

 

 

できなかった問題はできるようになるまで何度も”

これは主に数学・物理・化学の3科目のことです。

 

初見では解けなかった問題がある人がほとんどのはずです。

解けなかったのは自分に解くにあたって必要な視点が足りなかったから。あるいはただの知識不足。

 

それらを手に入れるためには、自力で解けるようになるまで何度も解きなおすことが重要だと思います。

もちろん何日か時間をおいてやるのも必要です。

もし苦手な範囲がわかってきたら問題集などで補うのもいいと思います!

 

 

“よくわからなかったところは掘り下げてノートに”

これは主に物理・化学の2科目のことです。

 

問題を解いていくとわかると思うのですが、

例えば化学だと、沈殿・糖・アミノ酸・反応式、などのことが過去問を解いててよくわからないなぁと思ったので

大学が出題してくること以外にも掘り下げて自分で調べてノートにまとめていました。

 

ノートにまとめているので自分がよくわからなかったことがいつでも見直すことができて実に有効でした。

 

 

さていかがだったでしょうか。。

8月のセンター本番レベル模試までもう少しです。

夏の成果がだせるよう最後まで頑張りましょう。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼
明日のブロガーは?

うなうにうぬうねう〇


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2019年 8月 20日 過去問の復習法【織原あすか】

 

こんにちはー。

 

 

最近スナックルームにブログのQRコードが貼られ始めて、

校舎にいる東進生がブログを読むことが増えるな~と考えて緊張しながら文字打ってます。

 

 

 

 

 

画面の前の初めましての東進生のみなさんこんにちは。

が大好き織原です。

 

 

 

 

 

 

夏が大好き

 

 

織原です!!!!!

 

 

 

 

ちなみに今日午前中校舎にいます。

見つけられるかな?

 

 

 

今回のテーマ

 

「過去問の復習法」

 

過去問の復習法、、、うーーーん難しい!

とりあえずどの教科も共通して言えることは、間違えたら解説を読んで理解したつもりになって終わりにするだけじゃなくて、

次回間違えないように何か工夫をした方がいいかな!ってことです。

 

 

 

ブログで何度もなんども言っちゃって、ネタ切れかよ〜て思われてしまうかもしれませんが、

間違えたところを参考書やテキストの同じ単元に当たる所に書いておくことをやっぱりオススメします。


で、間違えたのがわかるように付箋を貼る。


例えば、”2019年 立教過去問” っていう付箋を間違えた所に貼って、参考書やテキストの単元の説明文に、

新しく理解したことを自分なりに文にして書き写してました。


付箋を大学やセンター過去問別に分けておくと

その大学で間違えたところをそれぞれの大学の試験前に確認できて自分的にはよかったです!

 

 

あとは、過去問を解いて、知らなかった英単語や熟語・漢字・古文単語などが出てきたら、

ノートに単元別にまとめてリストを作っておいて、試験前に確認してました。

 

 

あとあと、その大学に通っている担任助手の人に、どの順番で解いたらいいかとか大学の問題の特徴とかを聞いてました。

 

 

 

色々私が受験生の時にやっていた方法を話しましたが、もちろん復習の仕方には人それぞれ合う合わないがあると思うので、

私に限らず、聞いた話を全部真似する必要はないと思います。

色んな人に話を聞いてみて、すこしずついい所を取ってって自分なりの方法を見つけてみてください。

 

 

 

夏休みもそろそろ終わりに近づいてきましたね。

 

 

みなさん納得のいく夏休みにできそうですか?
あんまりうまく時間使えなかったな、とか

あっという間だったなって思ってる人が多いかもしれません。
残念ながらそういうものです。たぶん。


うまく使えた人の方が少ないんじゃないかなぁ。たぶん。


この反省を生かして9月から学校との時間の両立を考えて勉強していきましょう。

 

 

 

センター本番レベル模試まであと日!

夏の成果が出ることを祈ってます。

 

あと少しの夏休み、最後まで有効に使ってください!

 

頑張れーーーー!!!

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼
明日のブロガーは?

 

前前前回くらいに私が紹介した頭の回転が速いあの人

わからない人は過去のブログをさかのぼってください

パワープレー!

ふぁい!


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼