ブログ | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 

2020年 7月 15日 科目別夏休みに頑張ったこと【数学ver】

おはよう!ございます!芝田です!

 

前回の投稿から早1ヶ月。あの時毎日塩焼きそば作って食べ続けてますって書いていましたが….

絶賛継続中!(笑)

こんなに続くとは思っていませんでしたが…着実に○チローに近づいてます!

 

そしてもう一つ新たな日課が加わりました。それは

筋トレ

大学4年生、時間が有り余ってしまったので、自己研鑽の一つとしてジムに通うことを決めました。来年の春、高校3年生が受験を終えた頃にはきっとこんな姿になっていることでしょう…

 

ということで、本日のテーマは数学勉強法です!

 

あらかじめ言っておくと、自分は数学が苦手教科でした。高校2年生の夏休み時点で数IA30点高2のセンター同日体験で数ⅡB19点と、今でも覚えているくらいなかなか渋い点数を取ってきました。

だがしかし!そんな自分も数学を1年半かけて鍛え上げ、国立大学の試験を突破することができたので、数学が嫌いになりかけている人たちの希望になれればと思います!

 

まずは2年生の夏休みにやったこと(やるべきこと)

教科書の復習と基礎問題を1周やりきる

これまでは学校のテスト前に授業でやった範囲の問題集を課題として出され、とりあえず目の前のテストという壁に向かって頭を使わず勉強してきてしまいました。ただそれでは数学の力をつけられたとは言えません。どうしても時間がないと、解答の導き方を覚えようとしてしまうから。大事なのは、じっくり時間をかけて、なぜこの問題に対してこういう考え方をして答えを導くのか、しっかり理解をして定着させること。そしてそれは学校がある時期にはなかなかできない、むしろまとまった時間がとれる長期休みだからできることです!自分は一橋に合格した部活の先輩に、とにかく基礎の反復が大事だと散々言われ続け、夏休みには数IA、春休みには数ⅡBの教科書、学校で使っている問題集を、考え方から理解し完璧にしました。ただ闇雲に問題を解くとか、難しい問題をやることよりも、じっくり時間をかけて数学の考え方を身につけると、今後にも繋がってくると思います!

あとおまけ程度に書きますが、計算力は確実につけておきましょう!共通テストの模試を受験している人はわかると思いますが、時間が足りないと耳にタコができるくらい言われます。じゃあどうしたらいいか。それは速く正確に計算できるように特訓すること。数学の考え方、ひらめきみたいなものは鍛えるまでに時間がかかるし、なかなか試験の中で時間の短縮が図れないもの。でも計算に関してはやった分だけ大きく伸ばすことはできると思います。そしてこれは3年生になってから課題としているようでは遅いです!ぜひ高速基礎マスターの数学計算演習を活用してください!

 

続いて3年生の夏休みにやったこと(やるべきこと)

過去問とその復習、類題演習にかぎる!

ただこれもちゃんと理解してほしいのは、自分が基礎を確実にし、一通りの演習を積んだ上で土台をしっかり作れていることを前提にです。怪しいところがあるとしたら、それは過去問演習の中でもわかると思います。解答見ても自分で導けない、もしくはどうしたらこの考えに行き着くか理解できないなどなど。そのような時は必ず前に戻ること!それをそのまま放置していたら一生その問題、もしくは類題は解けるようになりませんからね!演習を通してわかった、”自分がわかっていないところ”を、演習と復習のサイクルの中でどんどん潰していきましょう!

そして過去問演習を進めていく中で、これまで当たったことのない難問に当たることがほとんどだと思います。こんな風に考えるなんて、全然わからん…みたいな。全て基礎を完璧にしても、国立や私立の問題はそう簡単に答えを導けません。そこまでいったらまた、なんでこのように解答を導くのかまず理解をし、反復してそれを自分で導出できるように練習する、また類題にあたってみて自力でできるか確認する。この繰り返しです。できなくて正直萎えることの方が多いかもしれませんが、間違っても、答えを覚えるということに終始しないように勉強しましょう!かの志田先生もそんなことを授業で言っていたと思います。

 

長くなりましたが今日はこの辺で!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日ブログを書くのは〜

巨人ファンなら鉄也、いや俊もおる

芸能人なら智充

もうわかったよね!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2020年 7月 14日 科目別夏休みに頑張ったこと 国語ver.

 

一色です。

最近、東進生が受付に物理や化学の質問をしにくるたびに自分が文系であることを申し訳なく思います。その代わりといってはなんですが数学1A2Bの質問は大歓迎なのでお気軽にお声がけください。数3も多少はできます。

あと物理のおすすめの参考書教えてください。易しめのやつで。

 

さて、夏休みの国語の勉強について話したいと思います。

受験生は、腰を据えて国立2次・私大の過去問に取り組むのがよいでしょう。やはりまとまった時間が取れる日というのは貴重ですからね。

僕は夏休み開始直後あたりに東大型の問題を扱う講座を集中的に受けていて、いくつもの問題を解いては復習し、を繰り返し、毎日へとへとになっていました。学校があったらまず学校で疲れてしまいますが、学校がなければ「勉強し続けて疲れる」という時間を過ごすことができます。これは貴重なことです。

ここからは若干「夏休み」の話からはそれますが、過去問を解くときの注意点を。間違えた後に解説を読むとなんだかわかったような気がしてきますが、たいていの受験生は解説に書いてあるようなことを入試本番で頭の中に再現することはできません。つまり、分かったような気がしてくるだけでは無駄です。国語、特に現代文は「文章の読み方」とか「頭の使い方」といった、抽象的でぼんやりしたものを取り扱いますが、だからといって復習までぼんやりさせていては本末転倒です。「なぜ間違えたか」を考えるのは当たり前ですが、「なぜ解説が言っているようなことを自分では考えられなかったのか」を突き詰めて考えてみるのも大事なことです。

 

さて、受験生ではない場合はどうでしょう。受験生ではないみなさんは、まだあまり国語の学習が進んでいないという人も多いのではないでしょうか。

学校があるうちは「学校が終わってから、優先順位の高い英語の勉強をしていたらそれだけで一日が終わってしまった」みたいなこともあるかもしれませんが、夏休みはいろいろな科目を腰を据えて新しい勉強に取り組むためのまとまった時間があります。今まで国語を敬遠していた人も、国語の勉強を始めてみるとよいです。突然難しい読解問題を解かなくても、まずは古文の単語帳を開いてみるとか、そういうものでもいいのです。

国語に限らず、今まで後回しになっていた科目に腰を据えて取り組めるのは夏休みくらいのものです。学校が始まればまた、忙しい中でいつの間にか優先順位の低い科目のことは忘れてしまいますからね。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

次回は僕が東進生だったころ担当だったあの人です。

さぞかし楽しいブログになるのでしょうね!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2020年 7月 13日 科目別夏休みに頑張ったこと英語ver.【岡本菫編】

 

こんにちは!

 

最近雨が続いていますが、先日晴れた日に日傘を使いました。高校生の時は自分が日傘をさすことに少し抵抗があったのですが、もう日差しに耐えられなくて使わずにはいられませんでした。一年で変わるんですね、、、大人になったと言っておきます。

 

 

 

 

 

さて、みなさん夏休みどうやって勉強しようか計画立ててますか?

 

今回は、

「科目別夏休みに頑張ったこと 英語ver.」

ということで、一年前の私がやっていたことをお話しします。

(一年前のことなのですが、記憶が薄れていて必死に思い返して書きました。暖かい目で見守ってください)

 

 

 

夏休みは主に過去問演習と基礎の強化をしていました。(過去問演習の進め方はこのブログの前に参考になるブログがたくさんあるので読んでください!過去問演習以外でやっていたことを紹介します!)

 

私は受けたい学部が国際系なのにも関わらず、一番苦手な科目が英語だったので、夏休みは英語に費やす時間を多く取りたいと考えていました。そして夏休みに入る時点で、単語・文法・熟語が完璧ではなく、基礎を強化しないといけないと感じていました。

 

 

 

朝東進に着いてたら初めに必ず高速基礎マスターをやる、寝る前にも必ず高速基礎マスターをやると決めていました。私は人より多く繰り返さないと単語などを覚えられなかったので、嫌になってやりたくないなと思うこともありましたが、続けていくうちに習慣化していって、生活の一部みたいになっていました。

 

夏休みの勉強自体に言えることですが、長時間勉強し続ければ、その分体力がつきます。夏休みの過ごし方によって、夏休みが終わって学校が始まったとしても、うまく勉強時間を確保できるんじゃないかなと思います。

 

夏休みで長時間勉強の習慣をつけましょう!

 

 

 

 

 

ここから、リスニングの話をします!

私は筆記とリスニングどちらかと言えばリスニングの方が得意なのですが、リスニングが得意になったのが、受験生の夏休みでした。

私は校舎でやっていたリスニング対策の朝活に毎日参加するようにしていました。これがリスニングが得意になったきっかけだと思っています。朝活では、リスニングの問題を解いた後に音声と同じスピードで問題のスクリプトを読む、シャドーウィングを行っていました。毎朝15分程度ですが、約1ヶ月続けると、以前より音声が耳に入ってくるようになっていました。

 

リスニングはその時の調子によるでしょ!

と思っている人がいるかもしれませんが、毎日少しずつでもリスニング対策をすると安定して点数が取れるようになります。

 

 

朝活、参加してほしいです。

 

それ以前に!当たり前だけど!

開館時間に校舎に来れるように朝起きてください!!!

これも習慣化

 

 

 

 

 

 

夏休みは時間があります。

でも、毎日何となく過ごして気付いたら夏休みが終わってたってこと、あるかもしれません

あ〜〜結局夏休み何もできなかったなっ

ならないために今から計画立てて頑張りましょう!

 

 

 

 

応援してます!

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは

One color さん(そのまま)

簡単だね!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△

 


2020年 7月 11日 過去問演習の進め方 共通テストver. 【宇野泰規編】

こんにちはー!
ブログで登場するのは久しぶりの宇野です。

やまだくんの紹介で
手札が一枚!
〇〇!
って言われてましたが、
僕は自分の名前を叫ぶことになるので恥ずかしいので絶対に最後は2枚出しで勝てるようにします。

ちなみにこの方法普通に強いので大体勝てます。ぜひやってみてください。


 

さて本題の「過去問演習の進め方」ですね。

実は僕は「過去問」に関して現役のときに校舎No.1の記録を持っています!

それは「センター過去問実施率100%の達成者第一号」
(国立理系受験者の中で)です!

僕は国立理系の志望だったので5教科7科目を10年分解きまくりました。
始めた頃は全く点数が出ずにイライラしたときも多くありました。
さらに夏終わりには苦手な国語、地理、物理、リスニングだけが残ってしまい
毎日これらをこなすだけの日々が襲いかかってきました。

と振り返ると散々な過去問演習の夏でしたが
皆さんも同じような経験をしている人がいるのではないでしょうか?

しかし、現役のこなしていただけの僕から学んだことがいくつかありました。
これをするだけで、今やっている過去問演習は
より一層、質の高く、楽しい演習になること間違いなし!
そんなテクニックを(さも自分で発見したように)語っていきたいと思います!

(これは独学によるものなので、きちんと成功したい人は前の人のブログを見てください。)


①絶対に過去問演習には点数をつけましょう
過去問演習はいわば「本番でどこでどのように点数を取るかのシュミレーション」だと思っています。
そんな中で点数を付けないということは、どこの問題が配転が高くて、落としたらいけないのかを無視するということになるので、点数はつけましょう。

②絶対に過去問は採点したあとミスしたところ以外も答えを確認しましょう
過去問では正解したところにも実はたまたま当たった部分などがあったりします。
そういうところも本番では点数を下げる原因になるので完璧に消しておきましょう。

③過去問でミスしたところの分野を一通り参考書で演習するのはやめましょう(時と場合による)
過去問演習でわからなかったところを一通り戻って学習する。
一見いい方法のように思われますが、参考書よりも実践で慣れるスタイルの僕からしたら、
「過去問で本番に似たような形の問題をいっぱい解くほうがよくない?」
「参考書って共通テスト本当に対応してるかな?」
などなどと思ってしまうので、
時間がない人ほど過去問演習にひたすら尽力してほしいと思います。



これを守ればあとは演習しながら復習→分析→解き直しと当たり前のループをしていけば間違いなく成績は伸びます。

過去問演習の進め方は自分次第ではありますが、夏までに確立して置かなければ成績が伸びるチャンスを失ってしまいます。

皆さんもこの夏に校舎で一番努力してみませんか?


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは

校舎に住んでるといえば?
お顔の小さい4年生

わかりやすいなぁ

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

2020年 7月 10日 過去問演習の進め方 共通テストver【山田雄大】

 

みなさんこんにちは
担任助手のやまだです

 

最近ばかりですね〜


そんななかでも
みなさんの学校はどんどん通常日課に戻っていって、

友達と話せるってやっぱりいいなあと思いますよね


自粛期間使ってなんか変わろう!とか思った人いますかね、

 

僕の大学の友達は久しぶりに会ったら

どえらい筋肉がついてました。

 


そんな2〜3ヶ月じゃ変わんないよ〜ってひとへ

大丈夫です。


人の体は新陳代謝という仕組みで毎日生まれ変わっていきます。

 

例えば脳は1ヶ月で40%は入れ替わり、

2ヶ月で肝臓はほとんど全て入れ替わり、

血液は100日〜120日で全て入れ替わるといわれています。

常に人は更新されているのです。

 

ですから、マダムたちが久しぶりに会うと
「あら〜奥様全然お変わりないですね〜」
を必ず言い合う法律になってると思いますが、

 

実際の体はそんなことはなく、

全然お変わりありまくるんです。

 

 

みなさん体をつくる毎日の食事を気にかけましょう。

 

 

早く本題いけってね
すみません

 

 

今日の本題は共通テストの過去問の進め方
ですね


みなさんは過去問進んでいますか?

 

東進生の人は特に
10年分やりましょうって言われていると思いますが、

 

自分が使う科目数×10ってことですよ〜
やばい!終わらない!ってひと、

計画立て直してください

 

これからますます時間を有効に使う、

つまり勉強の中身が大事な時期になります。

 


いつかやるつもりって思ってませんか?

 

その後には二次の過去問も待ってますよ
しかも受ける大学も1つではないですよね、

 

そして二次の問題を解くために

さらに発展した勉強もしなければなりません

 

この前6月が終わったばっかと思えば

もう7月の3分の1は終わりました。

 

しかし、

どうしよう、全然何もやれてない

と自信を無くすのも良くないです!

 


あれもこれも全部をやろうとして

できなかったものができると

自信を無くしていきます。

 

もう高3の人は特に自分に合った勉強法などは

分かっている時期と思います。

なので自分で目標や期限から逆算して

計画を立てていきましょう。

 

やるべきことをしっかり考えて見極めて、

もし計画から遅れてしまっても

きちんと自分で立て直せる、

そういうことができる人が勝ちます。

 

担当の人が過去問やれって言うから

ただやるというのはやめましょう


過去問を終わらすことが

目的になってしまうのは

せっかくの貴重なデータがもったいないです。


また、過去問を解いて点数に一喜一憂

しすぎないようにしましょう。

本番で点数を取るための過去問です。

 

大切なのは間違ったところをすぐに復習し、

次同じものが出てきても

二度と間違えないようにすることです。

 

そうしなければ時間ももったいないです。

 

 

しかし過去問は早く終わらすことに悪いことはありません
遅れている人は、少し無理するくらいどんどん進めましょう。

 

少しごちゃついてしまいましたが、

この時期に過去問を解くことは

今後の勉強にとってもかなり重要なことです。

先を見据えて目の前のものに取りかかりましょう

 

先が見えずつらい時期かと思いますが、

一緒に戦い抜きましょう!

 

みなさんを応援しています!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは

あ!カードがあと1枚だけ!
◯◯!

です

大ヒントですね

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼