この1年間を振り返って【菅谷瑞貴編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2019年 2月 12日 この1年間を振り返って【菅谷瑞貴編】

こんにちは、菅谷です。

どうやら自分は早川君からただ背の高い人だと思われているみたいですね(笑)。
精進します。

 

そんな身長に関して、、、
先日4月から入社する会社の健康診断に行ってきたのですが、
なんとそこで大事件

 

 

ほんの少し身長伸びてた↑
(もういらない)

 

身長があると
「ちょっと分けてよ」
「うらやましい」
とか
言われますが、
嫌なことも結構あるんです。
それではいきます。

 

辛いことあるある(身長高い人ver)

 

①よく頭ぶつける
(電車のつり革の硬さ知ってる?)

②人込みで目立ってしまう
(理想は電柱くらいの存在感)

③見た目で怖がられる
(威圧感が出てしまうらしい)

④車、バスの席が窮屈
(足を横に曲げることによって、セクシーポーズをかましてしまう)

こんな感じですかね。

共感してくれる人急募!

 

それでは今週のテーマにいきます。

「この1年間を振り返って」。

まず今年は就職活動があり、自分の人生に大きな影響を与える1年でした。
就職先が決まったことによって、これから進む道がかなり明確になったことに加えて、
就職活動を通じて、今まで自分が知らなかった事を多く吸収できた1年だったと思います。

 

そして何と言ってもこの担任助手としての生活が集大成を迎えようとしています。

この最後の1年間で改めて感じたこととしては
「周りの人が何を思い、どのような考えを持っているのかを知ること」の大切さです。
前までは自分のことに精一杯で周りに目を向ける余裕がありませんでしたが、
5年目にもなり、生徒の皆さんや担任助手の方々と関わりながら視野が少しは広がったと思います。

「相手のために何が出来るのか」これを追求することの魅力や楽しさも再確認出来ました。

この周りに目を向ける力は人が集団で行動する上でとても重要なものだと思うので、

ここで学んだことを4月以降も活かしていきます!

今まで関わってくださったすべての方々に感謝しかありません!
ありがとうございました!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼


明日のブロガーは??

我孫子中の後輩

名字珍しいよね?

理系

わかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼