センター試験以降の過ごし方【岡田直也編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 1月 22日 センター試験以降の過ごし方【岡田直也編】

 

 

こんにちは!担任助手の岡田です

 

昨日の三浦君と同様絶賛テスト期間中です!

法学部の三浦君よりはきつくないと思いますが僕にとっては暗記するものが多すぎてしんどいです、、

カレンダー見るたびにまだこんなにテストあるのか、あーーーーーーーーーーってなります(笑)

そんなときはテスト終わってからの楽しみなことを考えると気が紛れるので皆さんも精神的にきつくなったら楽しいことを想像してみてください!

「あーーーーーーーーーー(しんどい)」から「おーーーーーーーーーーー(頑張ろ)」に変わるかもです!(笑)

 

 

さて、今回は「センター試験以降の過ごし方」についてです

 

センター試験が終わって結果がよかった人もいれば悪かった人もいると思います

僕はセンターを2回受けていて(受験生のみなさんは共通テストも受けるようなことにならないように頑張ってください!)、

結果がよかった時と悪かった時を経験したことがあるので自分の話をしながらアドバイスしていきたいと思います!

 

まずは悪かった時の話からですが

率直に言うと現役の時のセンターの点数は悲惨なものでした

振り返ってみるとシンプルに勉強量が少なすぎたましたね

でもなぜか自信だけはあって二次でどうにかなるとか自分はどっかしら受かると思ってたしワンチャン法政とかならいけるかもと思ってました

いざ受験が始まると今回はダメだったなー、この大学もダメだったなーでも次の試験は自分ができる問題が来るはず!

と思っているうちに受験が終わっていました

厳しい話になりますが受験をなめてたら痛い目見ることになります

センター決起会で吉野さんが言ってた通りワンチャンはないのです

なので自分ができる問題が来るはず!とかそういう考えではなく自分から死ぬ気で点数をもぎ取りに行ってください!

どこができないか、自分の弱点はどこかなどは自分が一番わかっているはずです

1点にこだわって今からでも一つ一つできないをできるに変えていきましょう!

 

 

次はセンターがうまくいった場合の話にうつりますが

こちらも率直に言うと、浪人の時のセンターはなかなか高かったです

正直センターが終わって調子にのってたし気が抜けていて集中力がなくなってだんだんと勉強する時間が減っていってしまいました

あの時なんで勉強以外のことをやってしまったのか後悔です、、

1年前の自分にばかか君はと言いたいです

センターが終わって浮ついている人がいると思いますが、みなさんはひたすら勉強を続けてください!

勉強以外のことは受験が終わればいくらでもできます!

気分転換に友達とおしゃべりとかをするのは全然いいと思いますが時間を意識してください

試験までに残された時間は限られています

気を抜かずに最後まで後悔しないように勉強し続けてほしいです!

 

 

みなさんが合格することを全力で祈ってます!最後まで頑張りましょう!

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

えっとー、

んー、、

どうしよう何も思いつかん、、、

運転の練習頑張っている人!

 

tateniyomuyatuyattemitakatta

2日前のさいとうほうまくん真似してごめんなさい許してください

 

明日も楽しみにまっとってな~^^
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼