出願校決定について【笠見采可編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2019年 10月 27日 出願校決定について【笠見采可編】

こんにちは!

 

約2か月ぶりの登場な気がします。笠見です!

 

このあいだ友達とイ〇スピアリにいきました。

なんとなくプリクラをとるところに入りました。

あふれんばかりの制服JKがいました。

私たちをみました。

秒で退散しました。

いやJKおそるべしです、おそるべしでした。

みんなかわいくてきらっきらしてました

本当に半年前まで自分も制服着てたのか疑わしく思えちゃいました

JDおそるべしってJKにおもわれる時代を切望してなりません

 

 

 

 

さてさて、

今日は全国統一高校生テストですね!

東進での模試も残すところ2回です!

本番と同じ緊張感をもって取り組んでください!

受験する人たち全員が自分の今の実力を発揮できることをねがっています!

復習きちんとしてくださいね!

 

 

 

 

 

さあさあ長くなってしまいましたが本題に入りましょう入りましょう。

今日は「出願校決定について」ですね

 

 

私が主に出願校決定の際、考えてほしいなと思うことは

「通学時間」

「本当にやりたいことができる大学なのか」

です!

 

一つずつ見ていきましょう

 

まず

「通学時間」これ、なかなか大切!

声を大にして伝えたい!

私や友優也さんみたいに都心からより離れた地域に住んでいる方、

本当に要注意です!

私の通っている青山学院大学ですが毎日片道2時間かけていっています。

(友優也さんは2時間半らしいです)

朝の混雑に巻き込まれると平気でもっとかかります

大学入って最初のほうはきつかったです、最近は読書やら音楽やら課題やら景色を楽しむことやらに使えるようになりました。

 

 

でも4年間通うという視点からみると近いにこしたことはありません。

隙間時間で受験する各大学までの時間を調べてみるのはおすすめです!

実際行ってみて初めて通学時間が分かったということがないように準備をしてほしいです!

 

 

 

 

次に

本当にやりたいことができる大学なのか」

です!

これは今年の3年生は特にそうだと思うんですけど

来年度の入試形態が変わるということは容易に浪人を選ぶ選択肢がないということになります。

 

適当にレベルだけ、過去問の点数が取れやすいからなどの判断で大学を受験するのではなく、

もし本当にそこに通うとなったとき、自分のやりたいことができる大学なのかはとても大切です!

入ったときにどこの大学に入ったとしても後悔しない出願校を決定してほしいです

 

 

もし困ったことがあったら何でも近くにいる担任助手に相談してみてくださいね

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは

 

今も乃〇坂好きなのでしょうか

気になります

生物といえば!

なあの方です!

 

 

お楽しみに~

 


▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼