千題テストの活用法【井上昌編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2019年 11月 26日 千題テストの活用法【井上昌編】

 

こんにちは!

担任助手の井上です(あきらのほう)

最近急に寒くなってきましたねぇ~

行き帰りの自転車が辛くなってきました。

さて、今回のテーマは

「千題テストの活用法」

です!

実は、僕は去年千題テストを受けていません。

そのときは人と競ってやるの嫌だなぁー

とか

何で今さらそんな基礎やらなきゃならないんだ!

とか生意気なことを思っていたからです。

これは入試終わってからわりと後悔しました。

千題テストを受けなかったボクは、大晦日全然集中できずに年を明けてしまいました。

受験生にとって、クリスマス、お正月の冬の二大行事は大敵です!

甘く見てはいけません!

こんな僕が活用法を書くのもなんですが、

一応受験を経験した者として

「こういう風にやればいいんじゃない?」

とアドバイスさせていただきます。

千題テストはセンター試験前に基礎知識の総復習する場です。

本番は知識を瞬間的に取り出せることを確認するため、迷わずに即答しましょう。

時間もないので…

それから復習ですが、

間違えたとこをざあっと見ていって、

特に気になるとこ、これは痛かったというとこを何か持ち歩けて、すぐに取り出せる紙に書いておきましょう。

その髪を電車や学校の集会(ばれないようにしよう)などで何度も見るのです。

暗記物でどうしても覚えにくいものは

みる回数を増やすしかないと思います。

また、社会科目で特定の単元が抜け落ちている場合、

教科書、テキストを使って復習しましょう。

その単元の体系が理解できていない可能性があります。

では、千題テスト気合い入れて頑張って下さい!