受験期に友達がいてよかったと思うこと【山本彩夏編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 6月 26日 受験期に友達がいてよかったと思うこと【山本彩夏編】

みなさんこんにちは。担任助手の山本です。

毎日見てくれている人がいれば、あ、奢った人だってなってますかね?

そうです、でもお肉おいしかったのでいいです。

今週のテーマは「受験期に友達がいてよかったと思うこと」です。

私にとって友達の存在は受験期を乗り越えるうえでとても大きなものでした。

まず、東進ハイスクールに入った理由も、仲のいい友達がいたからです。

わざわざ一番近い東進ハイスクールではない柏校に通っていました。

よく驚かれます。なんで柏校なの?って言われます(笑)

でもそれは友達の存在があったから、一択です。

勉強は一人でやるものだから友達の存在なんてそんなに関係はないのではないか?

むしろ、だべってしまったりしたら、時間がもったいないのではないか?

なんて思う人もいると思います。

だけど、それは、自分の状況に合わせて

自分がしっかりすることで選択できることです。

今日のお昼は友達としゃべったほうが後でメリハリをつけて勉強ができるな

とか

今日はすごい集中ができているから絶対一人で過ごしてたほうが勉強が進むな

とか、しゃべる相手がいない一択で黙々と過ごすよりはこうやって

自分の気持ちに合わせて選択できるほうがよくないですか?

私は気分屋だったので、周りにやりにくさを感じさせていたかもしれません。

今担任助手を一緒にやっている吉川さんと、受験期を振り返って

吉川「正直話しかけられない時期があった(笑)」

山本「え・・・ほんと?!ごめん」

(笑)

そのモードになったらまあそれはそれでいいんです。

逆に、受験期に全く娯楽がない中で、そこに娯楽を求めて

お昼から何時間もしゃべってしまっている人もいました。

私の仲間はそうではなくお互いを高めあってメリハリがあって、

励ましあって、たまに怒ってくれて

笑いながら本当に楽しく過ごせる人たちでした。

仲間に上手に甘えて、みんなでダラダラ過ごすなんてことはしない仲間で

ほんとにみんなしっかりしていたなと

しみじみ受験期を振り返っています・・・。

仲間って本当に大事です。

この子と一緒に頑張りたいって思ったら

絶対呼んできたほうがいいです!!

のちにほんとによかったって思う時が来ます。

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

さて、明日のブロガーは…

 

難関私立大の名前

とうかつ

てんねん?

 

の3ヒントです!

分かるかな?えへへ

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

下のバナーより資料請求・お問い合わせができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-353)