受験期に友達がいて良かったと思うこと【吉井直己編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 6月 25日 受験期に友達がいて良かったと思うこと【吉井直己編】

こんにちは!担任助手の吉井です。

最近また風邪をひいてしまいました。

非常に不快というか、

先週ひいたばかりなのになぜ僕がと言う感じですね(どういうこと?)

どうやら葛根湯は僕の体には効かないようです。

 

サッカーが盛り上がっていますね。

僕は一ミリもわからないので別に見ようとは思わないのですが、

どうしてもサッカー人口は多いもので、

割と複雑です。

 

前置きがちょっっと長くなりましたが、

本題に入りたいと思います。

今回のテーマは

受験期に友達がいてよかったと思うこと

ですね。

みなさん、友達はいますか?笑

一人ぐらいいますよね。

もうちょっといるか。

受験期において、友達という存在は普段の学校生活以上に

大切なものになってくると思います。

一日塾に缶詰めになることのある日だって、昼休みに友達とバカ話があるおかげで

乗り切れることもあるし、

別に東進に友達がいなくたって

学校の友達がいることで落ち着いたり、いい刺激になったりすることも

あると思います。

 

自分の場合だと

まさに東進のスナックルームで夕方に友達とお菓子とかカップ麺を食べるのが

かなりいい発散になってた気がします。

よろしくないですね?

あと自分はもう学校は完全に受験モードオフの人間だったので、

学校は完全に友達と喋るだけ()のところになってました。

 

受験期は辛いし、正直自分だけで乗り切るってのも

無理な話かなと思います。

友達は、利用しましょう!ホントに。

基本いい効果しか生みません。

競い合えるのも友達だし、

モチベーションを挙げてくれるのも友達だし、

慰めてくれるのも友達です。

利用し、利用されてあげてください。

助け合いですよ。これからは。

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さて明日のブロガーは?

肉寿司

立教

小金

の3つです!

わかる?

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

下のバナーより資料請求・お問い合わせができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-353)

全国統一高校生テスト(受験生部門)を受けたみなさんへ