受験期に友達がいて良かったと思うこと【和田直己編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 6月 29日 受験期に友達がいて良かったと思うこと【和田直己編】

いやぁ久しぶりのブログです。和田です。

最近MUSICTOSHIN盛り上がってますぇ。

僕はイマドキの曲はあまり知らないというか興味がなくて、

少し前のアニメの歌(イナズ◯イレブンとかポケ◯ンとか)がめちゃ好きです。

なのでどの曲を投票したらいいのかわかんない人は是非ちょいと昔のアニソンを入れてください。

和田が喜びます。

てことで今日のテーマは

「受験期に友達がいて良かったと思うこと」

なんですけど、

受験期に友達がいることは

良い点悪い点もあると思います。

集中力が切れてついスナックルームに集まって長々と話してしまう、

これは友達の例としては悪い例ですね。

受験期の友達というのは

仲間でありライバルでなくてはならない

と僕は思うんですね。

長々と話すことはなくてもお互いの成績を気にしながら切磋琢磨していく

こんな仲間、皆さんにはいるでしょうか。

僕は幸い受験期の友達は、ライバルと呼べる友達が多く

センター模試のランキングでバトるのが僕の一番のモチベでした。

そして友達が合格した時は皆で喜んだものです。

いやぁ青春でした。

もし皆さんの友達が、ただ馬鹿話をするだけの友達なら見直した方がいいかもしれないです。

それは縁を切れということではなく、友達と一緒に意識を変えていこうということです。

みんなで一緒に受験を乗り越えた後に、馬鹿話する方が100倍楽しいですよ。

勉強だって青春だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

よっしゃ決まった…

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

さて、明日のブロガーは…

 

クレオパトラ

唯一野田キャンパスから逃れた男

ハナタカ

 

の3ヒントです!

分かるかな?俺はわかるよ?

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

下のバナーより資料請求・お問い合わせができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-353)